絵・小久ヒロ

明智家

光秀の父・明智光綱は本当に父親か――浮かび上がる詐称疑惑【美濃戦国譚】

武田信玄ならば武田信虎

織田信長ならば織田信秀

著名な戦国大名にも当然「父親」がいるわけで、仮に大河ドラマともなれば、必ずと言っていいほどその存在もクローズアップされます。

信玄なら父親を追放するし、信長なら葬儀で抹香をぶちまける――もはやお約束のシーンですね。

では、明智光秀はどうか?

大河ドラマ『麒麟がくる』において、主役を張る光秀。
その周囲に、明智光安(みつやす)という「叔父」は登場します。

麒麟がくるキャスト出演者の最新一覧!武将伝や合戦イベントの解説付き

本 ...

続きを見る

演じるのは『真田丸』でも好演が話題を呼んだ西村まさ彦さん。
今回も主人公に近い重要な役どころですが、あくまで叔父であり、未だキャストの中に光秀の父親はおりません。

そしてそれは、そのまま進められる可能性も高いでしょう。

というのも、光秀の場合、出自や前半生についてあまりにナゾが多く、一応、
明智光綱(みつつな)が父親ではないか?」
と推測されてはいるものの、何ら確証を得られないばかりか、そこを突っ込むと
「光秀が明智氏を詐称したのではないか?」
という問題にまで突き進んでしまうリスクがあるのです。

一体どういうことなのか?

父とされる明智光綱の存在を問いながら、混沌の光秀出自についても考察してみたいと思います。

 

美濃斎藤氏に仕え早死した明智光綱

明智光綱に関する記録は、一次史料の類に残されていません。

明智軍記』や系図類から推測できる程度。
それによると光綱は、明智頼典または明智光継という人物の子供として生まれました。

明智氏は、美濃守護・土岐氏から分岐して生まれた名門一族の庶家であり、室町幕府の奉公衆も務めた家格です。

しかし彼らの本流だった土岐氏は戦国時代に入って衰退。
その隙をついて斎藤道三が台頭してきました。

近年、斎藤道三の国盗りは「親子二代によるもの」という見方が強くなりましたが、本稿ではすべての事績を道三が成し遂げたものとします。

この道三の台頭に対し、土岐明智氏は、美濃の地で生き残るため味方するようになったと伝わります。
明智光綱の時代に成し遂げられたことでした。

光綱は、彼の父と同様、美濃明智城主となり、おそらくや一定の勢力を維持していたのでしょう。

ところが光綱は元来病弱であり、天文7年(1538年)にはあえなく死亡してしまいます。
残された明智光秀はまだ幼く、後見人として叔父の明智光安・明智光久・明智光廉がつけられました。

この通り後世の軍記物(小説)ですら、父の明智光綱については、天文7年(1538年)に早逝したこと「だけ」しかわかりません。

逆に、それ以上のことは特定しがたい。
非常に厳しい状況です。

 

明智光綱は本当に光秀の父親なのか?

ここまでに俗説の光綱を追ってきました。

俗説ですらほとんど情報がなく、もはや言い伝えのレベルです。
今後、決定的な史料でも出ない限り、明智光綱の実像を語るのは不可能にすら思えてきます。

それでも「光綱が光秀の父である」という言説が根強いのはなぜか。

例えば、光秀のWikipediaでは、異説ありと注釈しながらも「明智光綱」を父と記しており、広く浸透しつつあるように感じます。

果たして本当に「明智光綱」を父親としてしまってもよいものか――最新の研究を踏まえながら、この部分を考えていたら自分でも恐ろしい結論がアタマから離れなくなっておりました。

それは明智光秀が「土岐明智氏」を自称(つまり詐称)していたという可能性です。

一つずつ見ていきたいと思います。

まず、光秀の出自を記している系図類について。
非常に多くのものが現存し、内容はてんでバラバラ、どこかしらの部分で誤りや疑問点を含むものばかりです。

しばしば参照されるのは『明智系図』や『土岐文書』といった史料でしょう。

『明智系図』といっても、確実性は保証されておりません。
なんせ、江戸時代末期に編纂された『系図纂要』という系譜集と、『続群書類従』(塙保己一編纂『群書類従』の続編)に収録されている『明智系図』では異なる記載が存在するほど。
いずれも全幅の信頼は置けません。

 

実父を【山岸信周】だとする見解も

明智光秀の父とされる人物の名前が、史料ごとに異なる部分にも注目しなければならないでしょう。

例えば、先に見た『系図纂要』の『明智系図』では明智光綱が父親でありながら、『続群書類従』の『明智系図』では明智光隆が父親だったり、さらに同書に収録されている「土岐系図」では明智光国が父と記載されているのです。

史料ごとに、あまりに父の名前が違う――これについては「すべて光綱の別名であり、同一人物である」という説明もなされますが、それを断定できるだけの一次史料が無いのが痛いところです。

仮に上記の三名がそれぞれ別人であるならば、光綱が父親でない可能性も同時に存在してしまいます。

それだけではありません。
ショッキングなことに
「そもそも、光秀が本当に土岐明智氏の出身であったかも疑わしい」
という異説も提唱されており、実父を【山岸信周】だとする見解もみられます。

つまり、結論は
「光綱が本当に光秀の父親かどうかは、全くわからない」
というのが答えなのです。

実際、光秀関係の研究書でも、この部分は「やっぱり特定できない」という締めで終わっていることが大半であり、歴戦の研究者たちでさえ匙を投げる難問となっています。

クイズ番組であれば「わからない」が正解になってしまう、非常にモヤモヤする結論……。

 

「土岐明智氏ではない可能性が極めて高い」という研究者も

光綱が光秀の父であるという言説は非常に疑わしい。
となると問題点はこれだけにとどまりません。

先ほどから「光綱の生涯を語ることができる一次史料がない」という指摘をしてきましたが、これはすなわち「光綱の実在を証明する手段がない」ということも明示しております。

明智光秀は、前半生こそ不確かながら、後半生の動静は一次史料に記録が残されています。
実在したのは間違いないでしょう。

「父の実在が不確かで、子の実在は証明されている」

なぜこのような事態が生じてしまうのか。
私としてはある疑問を指摘せざるを得ません。

「果たして光秀は、本当に土岐明智氏出身の人物だったのか?」

彼が、将軍・足利義昭や織田信長のもとで大きく出世するため、かつて名門だった明智家を自称(詐称)した可能性は否定しきれないのではありませんか。

実際、彼の出自について
「土岐明智氏ではない可能性が極めて高い」
と言い切ってしまう研究者もいます。

なお、土岐明智氏そのものは、確かに実在しております。
光秀からみて曽祖父の明智頼典までは確かに存在しており、土岐明智氏はある程度の裏付けが存在します。

それなのに……光秀の祖父にあたるとされる明智光継から、その実在を証明することができないなんて……やっぱり不自然です。

加えて、頼典以前の当主は「頼」の字を名に継承してきたにも関わらず、光継以降は「光」の字が継承されるなど、不審な点は他にもあります。

明智光綱が存在しない――同時に、光秀が土岐明智氏の末裔を自称した可能性も否定しきれない――。

果たして、光綱は本当に実在したのか。

仮にその存在が確認できれば、光秀の出自に関する研究も大きく進展するのですが、ナゾ多き生涯を「ナゾのままにしておきたい」のは他ならぬ光秀だったのかもしれません。

文:とーじん

【参考文献】
『明智光秀:浪人出身の外様大名の実像(洋泉社)』谷口研語
『明智光秀・秀満(ミネルヴァ書房)』小和田哲男
『明智光秀と本能寺の変(筑摩書房)』渡邊大門
Wikipedia

 



-明智家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.