伊勢貞興/wikipediaより引用

明智家

伊勢貞興が信長や光秀に重宝されたのは名門だったから?【戦国幕臣譚】

伊勢貞興(いせさだおき)いう武将をご存知でしょうか?

戦国武将というより室町幕府のエリート幕臣であり、知名度は低いため、多くの方が『誰それ?』というリアクションになってしまうかもしれません。

ところがこの伊勢貞興も、当時、間違いなく時代を動かした一人と言えます。

明智光秀のもとで働き、天正10年(1582年)には、あの【本能寺の変】にも参加。
秀吉とぶつかった【山崎の戦い】でも、明智軍の一部隊を担い、結果、光秀と共に滅びてしまいます。

いったい伊勢貞興とは何者だったのか?

その生涯を振り返ってみましょう。

 

伊勢貞興は室町幕府の政所出身

伊勢貞興は永禄5年(1562年)、名門・伊勢氏の家系に生まれました。

伊勢氏は代々、室町幕府で政所頭人まんどころとうにんの職に就いていた一族。
父は伊勢貞良さだよしで、兄・伊勢貞為も貞興の人生に関わってきます。

かように幕臣としては最高クラスの出身だった貞興は、世が世であれば政所頭人としてセレブな生活を謳歌していたでしょう。
先祖が山城国の守護に任じられていたことから、もっと大きな権力を手にしていたかもしれません。

しかし……貞興の生年に注目してください。

彼が生まれた永禄5年(1562年)は戦国時代真っただ中です。
桶狭間の戦い】が1560年ですので、まさに戦乱の最盛期へ突入したころであり、権威が失墜した幕府のもとでは名門・伊勢氏もその立場は保証されておりませんでした。

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

それでも貞興の祖父である伊勢貞孝は、巧みにその情勢を乗り切ろうとします。
なんと将軍・足利義輝を追放した三好長慶の政治顧問となったのです。

 

追放された義輝が京都に戻ってきた!?

主君である室町幕府の将軍。
その義輝と対立していた三好長慶に臣従した貞孝は、幕府を裏切ってでも自身が生き残る道を選びました。

三好長慶が戦国畿内を制す! 足利や細川に勝利した隠れ天下人43年の生涯

続きを見る

実は、貞孝のように三好家臣として活動した幕臣は少なくありません。長慶が義輝に味方する勢力を冷遇していたこともあり、幕府を裏切る者も続出したのです。

しかし、貞隆が見限った義輝は、想像以上に粘り強かった。

近江六角氏らの庇護を受けながら戦い続け、ついに長慶との間に和睦を結んだ上で京都へ舞い戻るのです。

足利義輝(13代将軍)の壮絶過ぎる散り際! 麒麟がくるで注目されるその生涯

続きを見る

当然ながら、義輝と貞孝の関係性は悪化しております。そんな状態でふたたび貞孝が政所頭人の職に就いたところで、二人の仲が元に戻るわけもなく……。

永禄5年(1562年)、貞孝は謀反の疑いをかけられ討伐され、その子であり貞興の父でもある貞良も一緒に討たれました。

残された貞興の兄・貞為はわずか4歳。
貞興は生後間もない幼さです。

政所執事の職どころか、命さえ危ぶまれた伊勢兄弟は一体どう生き延びたのか。

 

将軍のそばに仕え、やがて信長の家臣となる

生後間もなく祖父と父を失った兄弟は、若狭小浜おばまに逃れました。
伊勢家の家臣らに養育されたといいます。

父と祖父の「罪」も、子供にまでは及ばず、貞興はわずか8歳で「幕府御供衆」に列せられ、足利義昭に仕えているのです。

兄の貞為については「幕臣に列せられた」というハッキリした記録は残されていません。

しかし弟の立場や「伊勢伊勢守貞隆」なる人物が義昭に仕えていたことが判明していることなどから、兄弟で義昭に仕えていたものと推測されております。

また、貞興は元亀2年(1571年)時点で政所のトップに任じられていることが確認されており、元亀年間に上洛した織田信長の後援によって復権を得たと考えられています。

ただし、政所で実権を握っていたことはありえないでしょう。

元亀2年の伊勢貞興はまだ10歳であり、兄もまだ10代前半。
おそらく信長やその家臣らの補佐を得て形式的に政所頭人とされていただけではないかと考えます。

京都の政治をすすめるうえで利用されたとも見てとれますが、不思議なこともあります。

なぜ兄である伊勢貞為ではなく、伊勢貞興が政所の職を継いだのか?

 

義昭と信長が真正面から激突 ついに追い出され

兄ではなく弟の貞興が職に就いた理由――史料によれば「兄が病弱なため」ということになっています。

他にも、足利義昭によって「兄の貞為は将軍職を争った足利義栄派である」とみなされ、追放されたという見解もあります。

ともかく信長と義昭の関係が悪化していく中、彼ら兄弟はあくまで幕臣として義昭の味方であり続けました。

そのため、元亀4年(1573年)に義昭が挙兵し、
【義昭vs信長】
という争いが頂点に達したときも義昭サイドで参加し、二条城に籠ります。

敵対するのは天下の信長軍。
伊勢兄弟を含む公家衆は、戦う前から大軍に気圧されてしまい、ほとんど争うことなく城を明け渡してしまいます。

将軍・義昭も【槇島城の戦い】で信長に制圧され、京都を追い出されます。

槇島城の戦いで室町幕府滅亡! 意外と緻密だった将軍の戦略【信長vs義昭】

続きを見る

信長にはもはや勝てない――と悟ったか。
あるいは周囲の家臣にそう諭されたのか。伊勢兄弟は完全に信長の家臣となります。

なお、この時点で兄の貞為は病気のため、貞興が実質的な当主になっていたと考えられています。

当時の貞興は11歳。
権力はあくまで形式上のものであり、やはり補佐役は別にいたと考えるべきでしょう。

 

教養の高さは折り紙付きだった貞興

信長の家臣となった貞興は、やがて明智光秀の支配下に置かれました。

貞興は新参者ながら光秀には可愛がられていたようで、天正7年(1579年)には光秀のそばで活動している貞興の様子が史料で確認できます。
当時、光秀はすでに老齢に差し掛かっていたはずで、貞興は、小姓に近い形で傍仕えをしていたのではないでしょうか。

貞興が光秀に気に入られた理由は「出自」や「教養」でしょう。

実は貞興は、伊勢氏に伝わる武具や装束の故実をまとめた『伊勢貞興返答書』の著者としても知られており、教養の高さは折り紙付き。

一方、光秀も旧幕臣であり、同時に教養人としても有名で、細川藤孝吉田兼見といった稀代の教養人とも厚く交流しておりましたから、貞興のそうした一面に惹かれて厚遇するのは自然なことでしょう。

また、貞興の厚遇ぶりを象徴する証拠として、光秀の娘を妻としたという記録も残されています。

光秀関係の系図類は多数存在し、信ぴょう性も低いので断言はできませんが、光秀が家臣団との結びつきを強めるために重臣たちを娘婿としていたことは確かなこと。
貞興が光秀の信任を得ていれば十分にあり得る話だと思います。

病弱だった兄の貞為は伊勢家の家督を貞興に譲ると、京都で養生生活を送りました。
家督の継承は天正9年(1581年)の2月以降に行われたと考えられており、貞興は20歳になると、正式に伊勢家の当主に就任したことになります。

 

光秀の配下となり厚遇されるも、本能寺……

貞興の軍事的功績はハッキリとは残されていません。

ただしこのころ、主君の光秀が丹波攻略に成功し、領土を拡張しつつ信長配下でも屈指の存在に成長しており、貞興も共に活躍していたことは想像できます。
織田政権のもとではありながら、室町幕府の名門が生き残る道は見えておりました。

しかし、です。
天正10年(1582年)――。

皆さんもご存じのように、【本能寺の変】が勃発。
伊勢貞興も参加したとされ、軍記物などによれば彼も戦果を挙げていたと伝わります。

ひとまずクーデターを成功させた光秀は、自身の政権を盤石にするべく来るべき羽柴秀吉ら織田遺臣との対決に備えます。
ところが、細川藤孝や筒井順慶といった盟友たちから援軍の誘いを断られてしまい、開戦前から不利な状況で【山崎の戦い】に挑みました。

山崎の戦い(明智vs羽柴)はなぜ秀吉が完勝した? 敗者の光秀はドコへ?

続きを見る

戦に際して、貞興は光秀軍の右備えとして部隊の大将に任じられます。果敢な攻撃を見せたとされますが、やがて戦局は秀吉軍優勢に傾いていきました。

乱戦の中でも気を吐いたと伝わりますが、最終的に陣中で討死。
まだ21歳という若さでした。

なお、兄の貞為は本能寺の変や山崎の戦いに参加しなかったため、戦後も生き残ります。

彼は一時秀吉にも仕えたと伝わりますが、やはり病のためこれを辞退。
晩年は伊勢氏に伝わる有職故実に関する執筆に専念する静かな余生を送ったと考えられ、慶長14年(1609年)に51歳で亡くなりました。

文:とーじん

【参考文献】
『朝日日本歴史人物辞典』
『織田信長家臣人名事典(吉川弘文館)』
『信長と将軍義昭(中央公論新社)』
『明智光秀:浪人出身の外様大名の実像(洋泉社)』
『明智光秀と本能寺の変(筑摩書房)』
『ここまでわかった 本能寺の変と明智光秀(洋泉社)』
wikipedia

 



-明智家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.