絵・小久ヒロ

浅井・朝倉家

義景を見限り信長に走った朝倉景鏡~越前の名門一族はこうして滅亡した

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
朝倉景鏡
をクリックお願いします。

 

義景を自害へ追い込み信長のもとへ

いよいよ朝倉氏の敗戦が濃厚になった元亀4年(1573年)。

織田軍が浅井軍を急襲したとの報を受け、義景は景鏡に救援を命じました。

景鏡は、ここで思わぬ返事をします。

「ちょっと兵が疲れていましてね。その命令には従えませんわ」

もしも浅井家が滅びれば、朝倉家の滅亡も必至であり、ここはどうしても助けに行かなければならない場面。

そんな命令を拒否したこと自体、景鏡が『朝倉と運命を共にしてたまるか!』という心境を表しているようなものです。

結局、義景は自身で兵を率いて出陣し、信長の攻撃を受け潰滅してしまいました。

義景は、越前へ帰国して、庇護下にあった平泉寺と景鏡の力を借りて最後の一戦に臨もうとします。

ところが、です。

景鏡は、ここで容赦なく義景を裏切り、自害へ追い込むのです。

刀根坂の戦いで信長に追い詰められた朝倉は……超わかる信長公記98話

続きを見る

信長の越前侵攻で朝倉氏が滅亡!引導を渡したのは?超わかる信長公記99話

続きを見る

その後景鏡は、朝倉の縁者を次々と捕縛し、それを手土産に信長のもとへ馳せ参じると、旧領の大野郡を安堵され、名を「土橋信鏡」と改めます。

しかし、彼の命運もそう長くは続きません。

朝倉旧臣である前波吉継(まえば よしつぐ)が新たな越前守護に任命されるも、同じく朝倉旧臣だった富田長繁が待遇の差に不満を抱き、越前一向一揆を扇動。

吉継は殺され、その後、一揆衆は「朝倉旧臣を根絶やしにする!」といきり立っていきます。

当然ながら、景鏡はその筆頭ターゲット。

一揆勢に狙われ、朝倉滅亡からわずか1年後の天正2年(1574年)、一揆勢との敗戦の末、自害へ追い込まれました。

この戦では、同じく義景を裏切った平泉寺も滅ぼされ、何か因果めいたものも感じてしまいます。

越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛 信長公記125話

続きを見る

 

朝倉氏滅亡の「戦犯」として糾弾され続ける

読者の皆さんは、景鏡の行動に嫌悪感を抱いたかもしれません。

実際、後世でも景鏡は「越前朝倉氏滅亡の戦犯」として糾弾され続けています。

例えば、天正5年(1577年)ごろに朝倉の旧臣が成立させたと言われる『朝倉始末記』では、景鏡の評価は散々なもの。

本編に挙げた彼の陰湿エピソードは、この史料で書き残されているものが多く、当時から評価が低かったことが分かります。

越前に伝わる狂歌でも皮肉たっぷりに詠まれました。

「日の本に 隠れぬその名 改めて 果ては大野の 土橋となる」

おそらくや地元でもボロボロな扱いなのでしょう。

もはや現代に伝わる史料から、景鏡を再評価するのは難しいところかもしれません。

しかし私個人としましては、『朝倉始末記』に描かれている景鏡の姿は、必ずしも正確ではない可能性もあるのでは?とも考えております。

同史料は、たしかに朝倉滅亡からそう日を経ずに書かれており、内容も比較的正確なため「良質な史料」であると言われます。

それでも朝倉滅亡の責任をすべて景鏡に背負わせるような書き方には、何らかの意図を感じざるを得ません。

父・景高の恨み――という観点から、景鏡を戦犯としておいた方が話はスッキリしますが、ならばなぜ、そんな景鏡を重用したのか?という問題もありますし、仮にリスクを承知で重臣としたならば、朝倉家自体が深刻な人材不足に陥っていた可能性も否めません。

そう考えると、滅亡の原因は朝倉家全体に関わるものであり、ある意味必然だったのか、とも思えてくるのです。

あわせて読みたい関連記事

朝倉義景
信長を二度も包囲した朝倉義景!しかし逆に滅ぼされた41年の生涯とは

続きを見る

加賀一向一揆(北陸の戦国騒乱)は織田家の鬼柴田が平定!なぜ100年も続いた?

続きを見る

朝倉宗滴
戦国越前の最強武将・朝倉宗滴が存在感ありすぎて後の滅亡に繋がる?

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

信長最大のピンチ【金ヶ崎の退き口】とは?生還できたのは久秀のお陰?

続きを見る

姉川の戦い(信長vs浅井朝倉)をスッキリ解説! 実質引き分けだった?

続きを見る

本多忠勝
本多忠勝(徳川四天王)63年の生涯と5つの最強エピソード!年表付

続きを見る

比叡山焼き討ち~なぜ信長は攻め込んだ? 数千人の虐殺&大炎上は誇張あり?

続きを見る

越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛 信長公記125話

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

文:とーじん

【参考文献】
『朝日 日本歴史人物事典』朝倉景鏡→amazon
『日本大百科全書(ニッポニカ)』朝倉始末記(→amazon
水藤真『朝倉義景(吉川弘文館)』(→amazon
松原信之『朝倉氏と戦国村一乗谷(吉川弘文館)』(→amazon

TOPページへ

 



-浅井・朝倉家
-