文化・芸術

茶の湯(侘び茶)は室町に始まり戦国で開花~そして江戸の茶道へ

更新日:

室町・戦国時代は、現代に繋がる日本文化が数多く生まれました。

その代表格が和風建築だったり歌舞伎だったり、今回のテーマ【茶の湯(侘び茶)】でだったり。
外国の方がイメージする「日本らしさ」でも、だいたい「フジヤマ・ゲイシャ・テンプラ」の次くらいに出てきますかね。

この茶の湯が江戸時代に茶道となって今へと続くワケで、今回は起源となる【茶の湯】がどのような経緯で日本で広まったか?確認してみたいと思います。

実は日本史受験でも得点源になるところだったりして、意外と大事なんですよね。
知識の羅列にならぬよう、今回は中国の起源から流れを把握しておきましょう!

 

唐で生まれ、8世紀には専門書「茶経」も登場

お茶を味わう「喫茶」の習慣は、中国の唐王朝(618~907年)で広まりました。

8世紀頃には、最古となるお茶の専門書「茶経」も記されているほど。
唐以前の時代には、お茶の持つ苦味を緩和させるため、生姜や紫蘇(しそ)など香りのあるものを入れて飲むのが主流だったそうです。

しかし「茶経」で
「それじゃあ、お茶の葉そのものの美味しさが薄れてしまうじゃないか!」
と主張され、それがだんだん広まり、茶葉だけのお茶が主流になりました。

この時期には既に
「眠気を覚ます作用がある」
ということも知られており、禅寺などで修行中の眠気覚ましに使われていたといいます。

カフェインの作用が、千年以上前から経験則で知られていたんですね。

 

日本での最古の史料は嵯峨天皇

喫茶は、唐の習慣の一つとして、遣唐使を通じて日本へ伝わりました。

上海万博で復元された遣唐使船/photo by ぱちょぴ Wikipediaより引用

遣唐使は何が目的で始まり、なぜ廃止されたのか【全20回リスト付き】

古 ...

続きを見る

最古の史料では、弘仁六年(815年)に嵯峨天皇が近江へ行幸した際、お寺でお茶を出されて「なんだこれうめえ!」(超訳)と大喜びしたことが記録されています。
そのノリで近畿圏に茶の栽培を始めさせたとか。

近畿でお茶というとやはり京都府宇治市の印象が強いですが、宇治のお茶は鎌倉時代からということですので、もうちょっと後のことです。

実はお茶の習慣は、遣唐使が廃止されて国風文化に切り替わっていった際、徐々に廃れてしまっています。

現代風にざっくりいうと
「お茶って中国の風習でしょ? まだ唐で消耗しているの?」
みたいな感じでしょうか。

この時代のお茶は今のような煎茶や抹茶ではなく、団茶でした。
団茶とは、一度粉状にした茶葉を整形し、麹を植え付けて発酵させたものだったので、作るのに手間と時間がかかることも衰退した理由の一つだったでしょう。

日本の気候では湿度が高すぎて、管理が難しかったというのもありそうです。

 

「お茶は五臓の調和を保つ薬である」

一方、中国では、唐の後に宋王朝が来て、その時代にもお茶が飲まれ続けます。
そして、従来の団茶に加え、抹茶が飲まれるようになっていきました。

さらに南宋の時代になると、都が良茶の産地である臨安(杭州)に移ったことや、その近辺に禅寺が多かったことから、喫茶の風尚は禅僧社会に再度流行します。

やはり眠気覚ましとしての目的が強かったようですが、この頃になると
「お茶は五臓の調和を保つ薬である」
という考え方も出てきています。

「五臓六腑」の五臓であり、肝・心・脾・肺・腎を指しますが、西洋医学とは少々異なるものを指しているので、詳しく知りたい方はググる先生へお尋ねください。

現代の漢方医学の世界でも、似たような意味合いでお茶を勧めることがあるようです。
厳密に言えば、日本の漢方医学は「中国の考えを元にして、日本人の体質に合わせた医学」なんですけども。
※中国伝統の医学は「中国医学」、または「中医学」

 

源実朝の病気を治し「お茶ってスゲー!」

こういった新たな喫茶の習慣と考えは、臨済宗の祖・栄西によって日本へ伝えられました。

まずは平戸・博多・栂尾・鎌倉などで茶の栽培がスタート。
特に、栄西の献じた茶が、鎌倉幕府三代将軍・源実朝の病気を治したことで「お茶ってスゲー!」という世論となり、禅寺だけでなく公家や武家にも健康的な習慣として広まっていきます。

実朝は深く感謝していたようで、栄西が最晩年に病になったとき、大江親広(源頼朝の側近・大江広元の息子)を見舞いに行かせています。

栄西は「喫茶養生記」という本も実朝に贈っていますから、おそらく実朝は、ただ単にお茶を飲むだけではなくて、この本に書かれていることを実践して健康になったのでしょう。

特に武家における喫茶ブームは長く続き、一時の熱狂に留まらず、日々の習慣の中に入り込んでいきました。

栄西/wikipediaより引用

「闘茶」と呼ばれる茶の飲み比べ大会といいますか、利き酒ならぬ利き茶みたいなことも流行っていたようです。
しかし、次第にお茶そのものを楽しむより、豪華な飾り付けを競い合うようになったり、お茶の後に大宴会をおっぱじめるという会が主流になったそうで……。

純粋にお茶を楽しみたい層からはさぞ不快だったでしょうが、これをきっかけにして茶の栽培・生産量と喫茶を楽しむ人数が増えていったという面もあります。
なんでも下世話な方がストレートに突き刺さって、人々の間で流行しがちなのは、いつの時代も同じですね。

また、寺社の前などに、参拝客向けの茶店ができたのもこの頃です。
この時代に庶民が遠出するというと、行き先はだいたいお寺か神社への参拝ですから、これは現代で「お茶する」のと似たような感覚だったと思われます。

 

銀閣寺の将軍・義政も味わっていた

もちろん、お上品にお茶を楽しんでいる層もいました。

お茶と共に静かに芸術鑑賞を行うという習慣は、室町幕府の六代将軍・足利義教の頃からはじまったといわれています。
キレてばっかり(超訳)なイメージがある義教に、お茶のような静かな趣味があったというのは意外な気もしますが、実はもともと彼も僧侶ですもんね……。

最近の研究では、「一日に緑茶10杯程度まではメリットのほうが大きい」そうですが、当時のお茶は現代のものほど鮮度が良くなかったでしょうし、義教のキレっぷりはお茶の飲み過ぎが原因だった……なんて可能性があったりなかったり!?

次にお茶が進歩を遂げるのは、八代将軍・足利義政の代です。

足利義政/Wikipediaより引用

「心静かに茶を味わいつつ、芸術品を鑑賞する」という、現代の茶席に近い傾向になったのが彼の頃だと考えられています。

まぁ、義政がお茶飲んで落ち着いてる頃、大多数の京都市民は上から下まで、応仁の乱やら何やらで大騒ぎだったわけですが。そして15世紀後半に入って……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-文化・芸術
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.