浅井・朝倉家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ17話 織田vs浅井朝倉 決戦の場に当主が不在とは

裏切りの代償はお家滅亡へ――。

1570年、朝倉義景を討つべく越前へと侵攻した織田信長は、妹・お市の夫である浅井長政の裏切りにより挟みうちに遭った。
豊臣秀吉明智光秀など、殿部隊の働きで命からがら京都へ逃げ帰ると、軍備を整えた信長は、すぐさま浅井へ侵攻。

長政は、盟友・朝倉に後詰を要請し、越前から軍勢が派遣される。
しかし、当主・義景の姿はそこにない……。

世に言う『姉川の合戦』が始まろうとしていた。

姉川の戦いが雌雄を決する大戦にならなかった意外な理由【戦国野戦譚】

戦 ...

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

三河の意地

◆姉川の合戦には徳川家も参戦し、朝倉と対峙することになりました。
徳川家からは、東の無双こと本多忠勝も当然ながら参戦。その武器・蜻蛉切り(蜻蛉斬)は「刃先に止まったトンボが斬れてしまう」ほどの切れ味とされます。
槍の又左と戦ったら、どっちが強かったのか。たしかにそれも気になりますね。

天下三名槍の一つ「蜻蛉切」戦国最強武将・忠勝に愛された切れ味とは

戦 ...

続きを見る

本多忠勝の生涯と5つの最強エピソード・年表付!兜や城下町の秘話も熱い

─ ...

続きを見る

 

総大将

◆浅井の一大事に朝倉義景が出した軍は、本人率いる……ではなくは朝倉景健に任せた1万の兵でした。
越前を守るため浅井長政は信長を裏切ったのに、この危機感のなさ。
たしかに真鍋直隆という怪力の豪傑は有名ですが、一人で戦況を変えられる時代でもなく……。

朝倉義景が2度に渡って信長包囲網を失敗したのはなぜだ?【戦国朝倉記】

織 ...

続きを見る

 

真柄直隆

◆戦国武将の一騎打ちは、まさしく戦場の華!とはいえ、そんなノンキなことやってないでしょ……思ったら、本多忠勝と真鍋直隆がやりあったという記録が残っております。
どうせ後世の作り話でしょ――とか野暮なことは言わず、ここは忠勝を見守ってあげたい。

真柄直隆と光秀の意外な繋がり!? 超わかる明智軍記 第2話後編【戦国怪力武将譚】

明 ...

続きを見る

忠勝と直隆が姉川で一騎打ち!~超わかる信長公記72話

越 ...

続きを見る

 

壊滅!

◆姉川の合戦当初、浅井軍は織田家相手に優勢だったと伝わります。
一説には磯野員昌の凄まじい突撃があり、信長の馬廻衆まで戦場に駆り出されたというから、ヘタをすれば「第二の桶狭間」が起きていたかもしれません。

磯野員昌とは~織田vs浅井のキーマンだった猛将の生涯【戦国浅井家臣譚】

信 ...

続きを見る

しかし!
それを阻止したのが徳川軍。弱腰だった朝倉軍を攻め立て、ついにはこれを追い返して織田家の助勢に向かい、勝利を決定づけたという見方もございます(徳川サイドの作り話との指摘も……)。

書籍版『戦国ブギウギ』です!

 



-浅井・朝倉家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.