明智家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ53話 明智の娘・たまは信長のススメで結婚!そして出産

戦国大名にとって何より大切なのが「血縁」。

今日の味方は明日の敵――コロコロと情勢が変わる仲で信じられそうな仲間と言えば自分の血を分けた子や孫でした。

ゆえに武田信玄は娘を北条氏政に、北条氏康は娘を今川氏真に、今川義元は娘を武田義信に嫁がせ、強固な【甲相駿三国同盟】を構築しておりましたね(後に崩壊するけど)。

武田信玄53年の生涯をスッキリ解説【家系図付】戦国最強甲斐の虎 そのリアル

続きを見る

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

では、織田家の場合はどうだったか?

もちろん織田信長も、自身の血縁を主に国衆に嫁がせるだけでなく、家臣同士の結びつきを強化するため家内での婚姻も積極的に推し進めております。

それは信長自身を滅ぼした明智光秀も例外ではなく……戦国ブギウギ53話、スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

初孫

◆こちらのお孫さんは「三法師」で知られる織田秀信さんですね。

三法師(信長の孫)こと織田秀信は「清須会議」の後どう生きたのか?

続きを見る

【清州会議】で豊臣秀吉に担がれ、織田家の跡取りとされた人物ですね。

父は、信長の正式な後継者・織田信忠さんでした。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

なお、その母は信忠の正室ではありません。

一説には武田信玄の娘・松姫との婚約(後に破棄)から、純愛を突き通した――なんて見方もされたりしますね。

信長嫡男と信玄娘の切ない『恋文物語』信忠から松姫へ~信長公記118話

続きを見る

 

千世

◆伊達の久保姫は伊達晴宗との間に11人(六男五女)に恵まれました。政宗の祖母です。

伊達家は非常に多産で、曾祖父にあたる伊達稙宗も「14男7女」という大所帯。ほとんど子宝に恵まれなかった豊臣秀吉あたりからすれば非常に羨ましい状況ですが、伊達家は伊達家で東北中が親戚となり、その中で政宗がトンガリ過ぎて色々と大変なことになります。

伊達稙宗(政宗の曾祖父)がカオス過ぎ!天文の乱を機に東北も戦国大混乱へ

続きを見る

なお、前田利家の妻まつも12歳(しかも数え)で結婚して11人の子を産んでます。
利家の「野望」かなって戦国多産レコードタイですね。

ただし、性別で見ると男子は2人だけで、あとはなぜか女ばかり。そのうちの一人が秀吉の養女となり、イケメン代表・宇喜多秀家さんに嫁いでいった豪姫ですね。

豪姫(利家の娘で秀吉の養女)イケメン武将・秀家に嫁ぎドラマな人生を送る

続きを見る

ちなみに利家は、側室との間にも男児を残しております。

例えば加賀藩二代藩主となった前田利常の母は側室・福寿院。まつの侍女という中々のシチュエーションです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明智家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.