織田家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ68話 アフター本能寺! 籠もる信忠と逃げた家康の差

敵は本能寺にあり――。
明智光秀の突然の謀反により、京都の本能寺に滞在していた織田信長は業火に包まれながら49年の人生に終止符を打った。

本能寺の変 真相に迫る有力諸説を検証――黒幕はいたのか ただの偶然か

続きを見る

燃え盛る炎の影響で、一向に出てこない信長の遺体
そして、それを懸命に探す光秀。

時は、とどまることなく進み、その余波は近隣の妙覚寺に宿泊していた織田信忠へ及び、さらには徳川家康にも一報が届けられた。

織田信忠は、この時点で織田家の当主。実権は信長にあったとしても名目上は信忠であった。

そして家康もまた、織田の麾下にありながら、一国一城の主。逃げるなら一刻でも早く安全な道を進まねばならない。両者の運命やいかに――。

今、アフター本能寺が始まる。

 

お好きな項目に飛べる目次

仇討ち

◆父・織田信長が明智光秀に襲われたと聞いた織田信忠は、宿泊先の妙覚寺を飛び出し、本能寺へ向かおうとしたと伝わっております。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

しかし、すでに討ち死にしたと聞くや、自身は二条新御所(二条城)に籠もり、最終的には自害。父同様、その首は見つかりませんでした。

信長が建てた二条新御所~誠仁親王へ献上した理由とは? 信長公記135話

続きを見る

なぜ、一も二もなく畿内を抜けだして、再起を図ろうと思わなかったのか。

当然、本人も考えたのでしょうけど、相手が明智光秀と知って諦念したのでしょうかねぇ。

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

ちなみに「ヤスケ」とは、黒人武士「弥助」のことです。

日本史上初の黒人武士・弥助~信長に仕え本能寺で巻き込まれた、その後は?

続きを見る

 

夢幻の如くなり

◆最期の最期でダジャレを言っちゃう信長さんが、何か悲しい……。

織田信長49年の生涯まとめ!生誕から本能寺の謎まで史実解説【年表付】

続きを見る

一向宗とは色々ありました。

有名なのが長島一向一揆と本拠地・石山本願寺とのバトルですね。

長島一向一揆で2万人を虐殺! 信長が宗徒を徹底的に潰した理由とは

続きを見る

あるいは柴田勝家に鎮圧させた加賀一向一揆

加賀一向一揆は勝家が平定!なぜ100年間も続いたのか【北陸戦国譚】

続きを見る

注目度が低いところでは越前朝倉の討伐後に起きた

越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛 信長公記125話

続きを見る

越前一向一揆なんかもあります。

そもそも戦いの根源は、一向一揆側から仕掛けたもので、どちらが「悪」とも言い難いとは思いますが……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.