前田家 まんが戦国ブギウギ

仏の顔も三度まで 前田慶次は二度現れる~まんが戦国ブギウギ107話

25万の大軍を率いて九州を制圧した秀吉が、後に肥後国の統治を任せたのは佐々成政だった。

そもそも佐々は、秀吉と対立し、小牧・長久手の戦いでは合戦を長引かせるよう命を賭して徳川家康に直訴したほど。

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

【さらさら越え】冬の北アルプスを越えてまで成政が訴えたことは?

続きを見る

しかし、嘆願かなわず遂に秀吉に屈服すると、その後は首を斬られることはなく御伽衆として秀吉の側に仕え、ほどなくして始まった九州討伐で活躍し、肥後国を与えられたのだった。

そして、まもなく起きた肥後国の国人一揆。

これを鎮圧するため羽柴政権は立花宗茂や毛利輝元、鍋島直茂など、錚々たる西日本のエリート軍団を送り込み、ようやく落ち着かせる。

結果、追い込まれた佐々は、どうなるか……。

肥後国人一揆で成政が切腹となったのは秀吉の政治的策略だった?【九州戦国譚】

続きを見る

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

交渉

◆いつからだったのでしょう。

「人たらし」と知られた人心掌握の神様みたいな秀吉が、残虐な一面を見せ始めたのは。

権力にとりつかれた者の定めなのか。低き身分から成り上がった者の限界なのか。

そりゃ身近にいる石田三成まで一緒に周囲から嫌われますわな。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

石田三成~日本一の嫌われ者を再評価! 豊臣を背負った忠臣41年の生涯

続きを見る

 

仏の顔も……

◆佐々成政の切腹は、すなわち秀吉の冷酷な性格が表沙汰になった最初の事件かもしれません。

その前に鳥取城や三木城で極悪すぎる所業を重ねてるじゃん!

鳥取の渇え殺し&三木の干し殺し人肉の恐怖~極度の空腹でメシ食うと死ぬ?

続きを見る

というツッコミも最もですが、それでも身内には優しかったのが秀吉の特長。

例えば、同じく九州遠征で大ゴケした仙石秀久は改易に処されながらも、その後の小田原遠征で復活を認められております。

仙石秀久が秀吉の下で大出世&大失態! 漫画センゴク主人公64年の生涯とは?

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

まぁ、思いっ切り敵に回り、自身のことを小馬鹿にしている佐々のことは許せなかったのでしょう。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-前田家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.