伊達輝宗/wikipediaより引用

信長公記 伊達家

信長から輝宗への手紙「関東を攻めるときは連携だ!」信長公記146話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
信長から輝宗への手紙
をクリックお願いします。

 

「関東を攻めるときは連携しよう」

各国さまざまな事情や思惑が蠢いていたせいか。

『信長公記』には記載がありませんが、天正二年(1574年)には信長から輝宗へ、手紙や贈り物をしたことがありました。

1年後の天正三年(1575年)【長篠の戦い】頃には、信長から輝宗へ

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

「関東を攻めるときは連携しよう」なんて手紙まで記されています。

信長のちょっと意外な一面かもしれませんね。

もちろん荒唐無稽な話でもありません。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

というのも伊達氏は後北条氏と結び、常陸の佐竹氏に対抗しようとしていましたので、もしかしたらその辺の情報を知っていたのかもしれません。

 

最初は同盟者 そして家臣へと誘導

また、信長は出羽の大名・安東愛季(あんどうちかすえ)とも連絡をとっていました。

こちらは北陸周りで海路を使えるため、もともと上方との交易をしており、信長としても連絡しやすかったと思われます。

こうした状況から、信長が東北攻略に乗り出す際は、伊達氏と安東氏を足がかりとして、事を進めるつもりだったのかもしれません。

最初は同盟という形を取り、後で家臣扱いにする流れですね。

もっとも、輝宗の息子・伊達政宗の性格からすると、大反発して一悶着起きた可能性もありそうです。

秀吉には受け入れられた政宗の芝居は、信長相手でも成功したかどうか。

本能寺の変がなければ【信長vs政宗】の対面もあったのかと思うと、少しばかりワクワクしてしまいます。

あわせて読みたい関連記事

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

片倉景綱(片倉小十郎)59年の生涯をスッキリ解説!政宗の参謀はコワモテ兄さん

続きを見る

北条早雲(伊勢宗瑞)64年の生涯をスッキリ解説!幕府のエリートが大名になる

続きを見る

北条氏綱55年の生涯をスッキリ解説!関東へ躍進だ【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗したか? その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏直30年の生涯 秀吉と対峙した関東覇者の最期とは【戦国北条五代記】

続きを見る

武田勝頼37年の生涯をスッキリ解説!風林火山を使えぬ悲劇が武田家崩壊を招く

続きを見る

信長はプレゼント外交がお好き 武田、上杉、遠くは伊達とも~信長公記126話

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

永享の乱とは?鎌倉公方・足利持氏が1438~39年に切腹へと追い込まれ

続きを見る

享徳の乱で関東は超カオス! 足利と上杉のドンパチ28年間って長過ぎるだろ

続きを見る

伊達稙宗(政宗の曾祖父)がカオス過ぎ!天文の乱を機に東北も戦国大混乱へ

続きを見る

会津は絶対俺のもん!政宗の望みは天下よりも会津だった?【東北戦国譚】

続きを見る

人取橋の戦いで政宗が絶体絶命のピンチ!敵は3万5千の連合軍だ【東北戦国譚】

続きを見る

鷹狩りの歴史―仁徳天皇に始まり信長・家康も愛した至高の瞬間

続きを見る

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
黒嶋 敏『秀吉の武威、信長の武威:天下人はいかに服属を迫るのか (中世から近世へ)』(→amazon
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.