細川忠利/wikipediaより引用

細川家

細川忠利【光秀&藤孝の孫】が律儀だったから名門細川家は生き残れた?

投稿日:

天正十四年(1586年)11月11日は、後に熊本藩主となる細川忠利(ただとし)が誕生した日です。

父は細川忠興。
つまり忠利は、忠興の父である細川藤孝細川幽斎)の孫になりますが、それだけではなく母が細川ガラシャ=明智玉ですので、明智光秀の孫にもなるんですね。

父:忠興(藤孝の息子)
母:ガラシャ(光秀の娘)

もしかしたら2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では赤ん坊ぐらいでの出演があるかも……と言いたいところですが、忠利は長男ではなく三男。

普通なら部屋住み(だいたい穀潰しと同義)の身になりそうな生まれ順なのに、忠興の跡をついで藩主になりました。

そこにはやっぱり、忠興のいろんな意向が影響しており……忠利が生まれた時の話から振り返ってみましょう。

 

嫁が逃げたから、オマエは廃嫡&カンドーな!

忠利が生まれたのは、本能寺の変(1582年)から四年後の天正14年(1586年)ことでした。

あんな事件があった後も父ちゃんと母ちゃんは……というのはさておき、このころ豊臣秀吉はまだ全国を統一しておらず、これもまた忠利の成長に影響を与えるきっかけとなります。

忠利は生まれつき体が弱く、母である玉子(細川ガラシャ)を大変心配させていました。

細川ガラシャ(明智光秀の娘・玉子)の壮絶生涯38年~最期は炎に包まれて

自 ...

続きを見る

そして忠興が秀吉に従い、九州征伐のため留守にすると、玉子はキリスト教の修道士のもとへ説法を聞きに行き、以後強く影響を受けていきます。

古今東西、病気に立ち向かうために信仰にすがる人の例は数知れません。

玉子もまた、健康のために忠利へキリスト教の洗礼を受けさせたともいわれています。
はっきりとはわかりませんが、少なくとも他の大名の子息よりキリスト教に関する知識はあったことでしょう。

忠利の運命が大きく変わるのは、長兄・細川忠隆と次兄・細川興秋(おきあき)が関が原の戦い以降に立場を悪くしてからです。

忠隆自身は忠興とともに東軍に属し、戦功も挙げていたのですが、玉子と共に大坂の屋敷にいた忠隆の妻・千世が、玉子の自害に際して一人だけ逃げたことを、忠興から咎められたのです。

玉子自身がそうするように指示をしたといわれているので、むしろ姑の命に従った嫁ということで正しいことのはずなのですが……いかんせん、相手がエクストリーム愛妻家ですから理論は通じません。

忠隆は廃嫡・勘当されて、細川家から追い出されてしまいます。どんだけ……。

 

次兄は「養子になったからアウト!」そして忠利へ……

次兄の興秋は「前に興元(忠興の弟)の養子だったから」という理由で、跡継ぎの順番を弟にすっ飛ばされました。

彼もガラシャの子供であります。
が、忠興があっさり「忠隆を廃嫡したから、俺の跡継ぎは忠利な!!」(※イメージです)と決めてしまったのです。

徳川家康の息子・結城秀康だって、別に無能ではなかったのに「秀吉の養子だったから」という理由で二代将軍になれなかったという見方があります。

一方、当時の忠利は江戸で人質になっておりました。

そこから世継ぎになるということが決まり、代わりに興秋と交代。
しかし、納得出来ない興秋は、江戸に向かう途中、自ら細川家から出ていき、頭を丸めて仏門に入ってしまいます。

忠隆・興秋ともに祖父の細川藤孝(細川幽斎)を頼っているので、結局「細川家」からは出て行っていないような気もするんですけどね。

 

秀吉の時代を知らないほうが徳川の治世に合うのでは

そんな感じで突如、世継ぎになってしまった忠利も随分困ったようです。

ただし、名門・細川家の子息ですから、いざとなればうろたえるようなこともありません。

密かに祖父や兄の元に手紙を送り、何かと気遣いを見せ、兄たちと直接ケンカをすることもなかった様子。
こうなると、なんで忠興だけサイコパスな一面を見せるのか不思議になってきますが、まあそこは妻への偏愛のなせる業なんでしょう……よくわかりませんが。

真面目な話をしますと、「秀吉の時代」を覚えている長男・次男より、ほとんど知らない三男のほうが「徳川の時代」にふさわしいと判断した可能性もあります。
実際、人質だった頃に旗本たちと知り合い、その後のやり取りにも役立ったそうですので。

また、忠利は人並み外れて律儀な人でもあったので、そのほうが家康に目をつけられず、家を残せるという判断があったのかもしれません。

忠隆も興秋もアホではなかったので、たぶんこの辺が理由だと思われます。
本能寺の変の時だって、先々を考えて縁戚である光秀に加担しなかった忠興ですし、本当にただのえこひいきだったら、さすがに藤孝も止めているでしょう。

 

清正の息子が改易され、熊本へ異動

そういった経緯で突如細川家を担うことになった忠利は、真面目さでもって、家と藩を支えていきます。

体が弱い人がこのような立場になったら、一気に体調が悪くなる気もしますので、おそらく神経は細くなかったんでしょうね。

22歳のときに秀忠の養女・千代姫と結婚して子供にも恵まれ、34歳で忠興から小倉藩を譲られて、二代藩主に就任。
その後、熊本藩の加藤忠広(加藤清正の息子)が改易されたため、熊本へ国替えします。

加藤家が、イチャモンに見えなくもない改易を徳川幕府から告げられたので、次の忠利はかなり気を使っていたようです。
清正の位牌を掲げて熊本城に入り、清正の菩提寺に向かって手を合わせたとか。

熊本城修繕の際にも、加藤家の桔梗紋が入った瓦をそのまま残しています。

また、忠利は本丸には住まず、すぐ近くの花畑屋敷というところを国元での住まいにしています。

清正が熊本城を建てるときに使っていた屋敷で、仮住まいとは思えないくらい庭を作りこんでいたのだとか。
忠利は、清正に対する遠慮と尊敬、そして庭を好んでここに住んだのでしょう。

熊本城を築き、最期はナゾの死を遂げた加藤清正 秀吉子飼いで人気No.1の理由

生 ...

続きを見る

この辺がどれだけ効果があったかはわかりませんが、忠利の律儀さが伺えますね。

 

「この前送ってきた鮎の焼き加減は何だ!」

幕府や将軍に対する態度も真面目そのものでした。

あまりに幕府に信頼されるがゆえに、他の外様大名からは煙たがられるというビミョーな感じになったりもしています。
ただ、誰も事を荒立てなかったのは、やはり石高と本人の人柄によるものなのでしょう。

こうして54万石という大大名になった忠利は、父親の意見や教えもきちんと守っておりました。

忠興・忠利親子は他の家と比べて異様なほど手紙のやり取りをしており、それだけに日常のちょっとしたことまで伝わっているのが笑え……もとい人間らしさが見えて、親近感が湧いてきます。

まあ、忠興もやたら細かいことまで手紙を書きすぎてるんですけどね。

「この前送ってきた鮎の焼き加減は何だ! 教えただろ!!」(意訳)とか。姑か、アンタは。

ちなみに、忠利はこの困ったトーチャンのことを「子供のように純粋な人」と評しています。
本当に実の親子なのか疑わしいくらいの純粋ぶりです。

 

武芸で身体を鍛えるも、生来の病弱さは克服できず

忠利は、由緒正しい武家の生まれですから、武働きもきちんとしています。

島原の乱では一番槍をつけ、武功もきっちり挙げました。

忠興いわく「ウチはただでさえ領地が多くてやっかまれやすいんだから、あまり手柄を吹聴しないように」(意訳)とたしなめられてもいますが。

島原の乱を鎮圧した知恵伊豆がエグい! 板倉重昌は悲しい自爆【最後の戦国】

日 ...

続きを見る

忠利は平和になりつつある時代の人にしては武芸にも熱心で、柳生宗矩に剣を習い、秘伝書を伝えられています。

病弱だからこそ、体を鍛えたかったのかもしれませんね。
今で言えば、ぜんそくの方が水泳を習うような感じでしょうか。ちょっと違うか。

宮本武蔵を客分として招いているのも、自分が優れた剣の使い手だったからでしょう。

しかし、忠利の病弱さは生涯治りきることはありませんでした。

あるとき、忠興の隠居先へ出かけた帰りに具合が悪くなり、そのまま息を引き取ってしまいました。
享年55。
父の死から五年先のことです。

 

孫の綱利は赤穂浪士を厚遇して

ちなみに、忠利の息子・細川光尚(みつなお)も、忠利が亡くなってから八年後にこの世を去りました。
光尚の子・細川綱利(つなとし)はまだ六歳だったため、実はこの段階で細川家は改易の危機に……。

光尚が今際の際に「息子はまだ幼いし、藩主の器かどうかもわからないから、幕府に領地をお返しします」という遺言をしていた&家臣たちが頑張ったおかげで、改易はされなかったのですが。

なお、細川綱利さんは赤穂浪士切腹するまでの期間、手厚くもてなしたことでも知られます。

細川綱利 切腹までの赤穂浪士を厚遇した熊本藩主の過酷な幼少期

寛 ...

続きを見る

ここまで来るともう戦国ではなく江戸時代の序盤~中盤という時期で、大藩としてキッチリ役割を果たしていたことが見てとれますね。

綱利が忠利の孫ということは、細川ガラシャから見てひ孫の世代。
あっという間ですね。

細川ガラシャ(明智光秀の娘・玉子)の壮絶生涯38年~最期は炎に包まれて

自 ...

続きを見る

光秀の血がこうしたカタチで残っているのも、あまり注目はされないけれど歴史の流れを感じるところであります。

明智光秀の生涯55年をスッキリ解説!なぜ織田家No.1の出世頭が本能寺へ?

明 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
細川忠利/wikipedia
季刊旅ムック.com

 



-細川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.