細川忠利

細川忠利/wikipediaより引用

細川家

光秀と藤孝の孫・細川忠利が名門細川家を継ぐ~54万石大藩の責任感

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
細川忠利
をクリックお願いします。

 


生来の病弱さは克服できず

忠利は、由緒正しい武家の生まれですから、武働きもきちんとしています。

島原の乱】では一番槍をつけ、武功もきっちり挙げました。

忠興いわく「ウチはただでさえ領地が多くてやっかまれやすいんだから、あまり手柄を吹聴しないように」(意訳)とたしなめられてもいますが。

島原の乱
最後の戦国「島原の乱」を制した知恵伊豆がエグい~板倉重昌は自爆

続きを見る

忠利は平和になりつつある時代の人にしては武芸にも熱心で、柳生宗矩に剣を習い、秘伝書を伝えられています。

病弱だからこそ、体を鍛えたかったのかもしれませんね。

今で言えば、ぜんそくの方が水泳を習うような感じでしょうか。ちょっと違うか。

宮本武蔵を客分として招いているのも、自分が優れた剣の使い手だったからでしょう。

しかし、忠利の病弱さは生涯治りきることはありませんでした。

あるとき、忠興の隠居先へ出かけた帰りに具合が悪くなり、そのまま息を引き取ってしまいました。

享年55。

父の死から五年先のことです。

 


孫の綱利は赤穂浪士を厚遇して

ちなみに、忠利の息子・細川光尚(みつなお)も、忠利が亡くなってから八年後にこの世を去りました。

光尚の子・細川綱利(つなとし)はまだ六歳だったため、実はこの段階で細川家は改易の危機に……。

光尚が今際の際に「息子はまだ幼いし、藩主の器かどうかもわからないから、幕府に領地をお返しします」という遺言をしていた&家臣たちが頑張ったおかげで、改易はされなかったのですが。

なお、細川綱利は赤穂浪士切腹するまでの期間、手厚くもてなしたことでも知られます。

細川綱利
さすが名門!細川綱利はあの藤孝の玄孫~三代目熊本藩主の功績とは

続きを見る

ここまで来るともう戦国ではなく江戸時代の序盤~中盤という時期で、大藩としてキッチリ役割を果たしていたことが見てとれますね。

綱利が忠利の孫ということは、細川ガラシャから見てひ孫の世代。

あっという間ですね。

光秀の血がこうしたカタチで残っているのも、あまり注目はされないけれど歴史の流れを感じるところであります。


あわせて読みたい関連記事

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友~しかし本能寺後は

続きを見る

明智光秀
史実の明智光秀は本当にドラマのような生涯を駆け抜けたのか?

続きを見る

細川忠興
明智の妻を偏愛した細川忠興~名門武家 狂気の御曹司83年の生涯とは

続きを見る

細川ガラシャ(明智たま)
業火に包まれ死んだ細川ガラシャは父が光秀で夫が忠興 38年の生涯

続きを見る

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

結城秀康
家康の次男・結城秀康が不運にも将軍になれなかった理由とその生涯

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考】
国史大辞典
峰岸純夫/片桐昭彦『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
歴史群像編集部『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
細川忠利/wikipedia

TOPページへ


 



-細川家
-

×