絵・富永商太

北条家

【戦国滅亡譚・名胡桃城事件】たった一つの小城が北条氏を滅ぼした

更新日:

槍一本で大名にまでなれた下剋上の戦国時代。

しかし、家名を残すとなると非常に状況は厳しく、信長、秀吉、家康の時代を通じ、多くの一族が表舞台から消え去っていきました。

中でも浮沈の激しかったのが

北条家(後北条家)

ではないでしょうか。

初代・北条早雲(伊勢宗瑞)に始まり、
二代・北条氏綱
三代・北条氏康
四代・北条氏政
五代・北条氏直
と順調に領地を拡大しておきながら、結局、豊臣秀吉の大軍に攻められ、戦国大名としての北条家は滅亡してしまいます。

関東一円を広く治めていた大大名が、なぜそんな憂き目に遭ったのか?

直接的なキッカケは【名胡桃城事件】です。

「なぐるみじょう」と読み、この事件を経て秀吉の小田原征伐が決定します。

名胡桃城址

今回は、この【名胡桃城事件】に注目してみましょう。

 

本能寺の凶報がもたらされ東も大混乱

名胡桃城事件とは何なのか?

一言でまとめると
【北条家が、真田家から名胡桃城を奪った事件】
となります。

それが、どうして
【秀吉の小田原征伐】
にまで話がデカくなってしまうのか?

キッカケから順に説明させていただきます。

ときは天正12年(1582年)3月。
織田信忠が武田家を滅亡させると、その年の6月、今度は【本能寺の変】が勃発して織田信長・信忠親子が敗死。

本能寺の変真相 なぜ光秀は信長を殺したのか? 有力諸説を検証!

日 ...

続きを見る

突然、主君のいなくなった畿内や中部エリアは大混乱に陥りながらも、秀吉の登場によって、畿内周辺は一応の収束をみます

しかし、関東甲信越は大変な事態に陥りました。

 

天正壬午の乱へ発展

関東甲信越地方といえば旧武田領にあたります。

具体的には
・信濃(長野)
・甲斐(山梨)
・上野(群馬)
の三カ国。

この地をめぐって
徳川家康
・北条氏政
・上杉景勝
などの大大名たちが土地を奪い合い、その狭間にいたのが、信濃や上野に影響力を持つ真田一族でした。

当主は真田昌幸
彼は自領を守るため、北条、徳川、上杉らと次々に手を組んだり離れたりして、どうにか独立勢力としてのポジションをキープします。

真田昌幸65年の生涯をスッキリ解説!真田丸で草刈正雄さん演じる表裏比興の者

2 ...

続きを見る

あまりに節操なく立場をころころ変えるので【表裏比興の者】などとディスられたりするのですが、なりふり構っていられない状況でした。

この武田家の所領をめぐる争いは【天正壬午の乱】と呼ばれ、真田家は、徳川、上杉、北条を相手にした厳しい戦いで生き残ったのです。

しかし、後を引く問題もありました。
それが沼田領問題です。

 

名胡桃城は誰のもの?

沼田領とは、現在の沼田市を中心とした群馬県北部の一帯を指します。
関東から見れば、越後や信濃へ通ずる分岐点=要衝となっていて、北条にとっては絶対に譲ることのできない土地でした。

一方、同地方に勢力を築いていた真田にとっても超重要な土地です。

この辺りは「沼田城(群馬県沼田市)」を中心に細かい城が乱立しており、利根川を挟んで西側には真田の「名胡桃城(群馬県利根郡みなかみ町)」がありました。

まずは大きな地図で名胡桃城の位置を確認しますと。

確かに越後(新潟)と上野(群馬)を繋ぐ位置にあることがわかりますね。

それだけでなく西へ行けば信濃(長野)ですから、防衛上の話だけでなく交易を考えても魅力的な土地ですよね。

次に、拡大版の地図で、沼田城や名胡桃城の位置を確認しておきましょう。

黄色の拠点が北条方で、北から

・小川城
・明徳寺城
・沼田城

となっております。

一方、赤い拠点が真田の

・名胡桃城

であります。

まるで名胡桃城を取り囲むようにして北条方の城がありますね。

実は北条方にとって、名胡桃城周辺も北条の領地という認識でした。

それゆえ、謀略でもって北条家臣・猪俣憲直がこれを強奪します。

 

大名同士は勝手に合戦をしたらダメ

真田昌幸は、すかさず城を奪い返す――のではなく、秀吉へ訴え出ました。

この頃、秀吉によって「大名同士は勝手に合戦をしたらダメ」という趣旨の【惣無事令】が出されており、北条の名胡桃城強奪は命令に背いたことになります。

しかし、北条も簡単には引けません。

沼田領は1/3が真田で、2/3が北条と決められており、境界線にあった名胡桃城は、北条のものという理解だったからです。

名胡桃城址の石碑

結果、真田の訴えが秀吉に通り、小田原征伐へと繋がったのはよく知られた通り。

大軍に攻められて戦国大名・北条氏が滅亡するぐらいだったら、そんな城の一つぐらい譲ればいいのに……と後世の我々は思ってしまうかもしれませんが、境界線の取り決めが曖昧だったようで、北条氏としても引けなかったのでしょう。

なんせ北の上杉も西の真田も豊臣方ですから、関東を拠点にする北条としては絶対に譲れない土地です。

もちろん【豊臣vs北条】の全面戦争を回避するため、事前に様々な交渉が行われておりますが、話し合いがまとまることはありませんでした。

北条としては小田原城という堅強な城に自信を持っていたのも遠因かもしれません。
武田信玄や上杉謙信を跳ね返したこの城なら負けるワケがない……そんな自負ですね。

もしも小田原で籠城するなら、他勢力からの後詰め(救援)が必要になる=つまり、伊達家や徳川家あたりが味方になることを本気で期待していたかどうかは不明です。

いずれにせよ関東で五代続いた戦国大名・北条氏はこの後、滅びてしまいます。

早雲が伊豆に礎を築き、氏綱が小田原を拠点に関東へ進出。

そして関東平野に広大な領域を有したのが北条氏康ですが、その人物伝を以下に公開しましたので、よろしければ併せてご覧ください。

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

【 ...

続きを見る

文:五十嵐利休

【参考】
国史大辞典
日本歴史地名大系
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
『秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇 (SB新書)』(→amazon

 



-北条家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.