鶴岡八幡宮の戦い

北条氏綱と鶴岡八幡宮/wikipediaより引用

北条家

戦国北条氏と里見氏が激突!鶴岡八幡宮の戦いが大戦にならなかった理由

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
鶴岡八幡宮の戦い
をクリックお願いします。

 

鶴岡八幡宮は避けられない

そもそもなぜ、鎌倉を通ったのでしょう?

鎌倉から上陸して玉縄城を目指そうとすれば、どう考えたって鶴岡八幡宮は避けることができません。

地図を見ていただくのが一番わかりやすいのですが、鶴岡八幡宮から玉縄城までは、現在の道路で6km程度しか離れていないのです。

※赤い拠点が鶴岡八幡宮で、黄色の拠点が玉縄城(両者は直線距離で4km程度)

まあ、数百隻の大船団だっただけに、船着き場の確保が最も大変だったのでしょうね。

江の島辺りでも良さそうな気がしますが、西へ行けば行くほど北条勢力圏の色は濃くなっていきますし、北条氏としても、そういった海域には見張りを置くなどの警戒はしていたはずです。

 

「鶴岡八幡宮再建しようぜ!」

八幡原(川中島のハイライトになったといわれている所)にしても、八幡神に縁のあるところは戦が絶えません。

武家の神様なので当たり前といえば当たり前なのですけれども、にしても、鶴岡八幡宮は貧乏くじ引き過ぎな気がします。

源実朝の暗殺事件。

戦国期においては度重なる合戦。

関東大震災での社殿倒壊。

近年ではシンボルだった大銀杏が倒れてしまったり、度々災難の舞台になってきました。

一方で、それでも生き永らえているというのも凄まじい話ですよね。

後に、北条氏が主導して「鶴岡八幡宮再建しようぜ!」と言い始めたとき、里見氏も協力せざるを得なくなってます。

盗んだバイクで走りだした翌朝にバイクを返しにいくような恥ずかしさがありますな。

なお、北条氏綱の父にして、後北条氏の礎を関東に築いたのは、かの北条早雲です(北条氏を名乗ったのは氏綱から)。

伊勢宗瑞という室町幕府のエリート武士というのが今の見方で、浪人から成り上がったとかそういうワケではなさそうです。

よろしければ北条早雲の記事も併せてご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

北条早雲
北条早雲が戦乱の関東に拠点を築く!正体は幕府のエリート伊勢宗瑞か

続きを見る

北条氏綱
早雲の跡を継いだ名将・北条氏綱~関東へ躍進遂げる55年の生涯まとめ

続きを見る

北条氏康
謙信や信玄と渡りあった北条氏康とは?関東制覇を進めた57年の生涯

続きを見る

北条氏政
信玄や謙信ともバトルした北条氏政~秀吉に最後まで抵抗した生涯53年

続きを見る

人取り・刈田・七尺返し
戦国時代はリアル北斗の拳ワールド! 食料を奪い人身売買も日常だった

続きを見る

北条氏直
秀吉に滅ぼされた関東の雄・北条氏直~生涯30年どんな功績がある?

続きを見る

厳島の戦い
毛利軍が奇襲!厳島の戦いで元就が陶晴賢を破り中国地方の覇者へ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
戦国合戦史研究会『戦国合戦大事典』(→amazon
峰岸純夫/片桐昭彦『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
歴史群像編集部『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
鶴岡八幡宮の戦い/wikipedia

TOPページへ

 



-北条家
-,

×