歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

井伊直弼/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新 井伊家

井伊直弼46年の生涯をスッキリ解説!実は大河1作目の主人公、その波乱の史実とは

更新日:

戦国初期は、今川家の国衆に過ぎなかった井伊家。
そんな小さな家から、徳川家康の天下取りを支え、大出世を遂げた人物が井伊直政でした。

彼らの苦難を描いた大河ドラマが昨年の『おんな城主 井伊直虎』だったことはよくご存知のことでしょう。

実は、井伊家が大河の主役を飾ったのは昨年が二度目のことでした。

栄えある第一作『花の生涯』。
その主人公こそ、「安政の大獄」や「桜田門外の変」で知られる井伊直弼でした。

 

大河ドラマの主役らしい主役とは?

本題の前に、井伊直弼とも関係の深い大河ドラマの話からさせていただきます。

現在の大河において、欠点としてあげられやすいのが以下の条件です。

・主人公が女
・主人公が敗者
・脚本家が女性
・若い視聴者狙いでイケメンやアイドル女優が出演
・架空のキャラクターが出てくる

主なキーワードとしては「女性」や「敗者」、「ミーハー」というところでしょうか。
こうした点を踏まえますと、逆に

・主人公が男
・主人公が勝者
・脚本家が男性
・若い視聴者狙いのキャスティングはしない
・架空のキャラクターは出さない

といった条件が望ましいとなります。
いわゆる「古き良き大河ドラマ」ですね。

ところが、です。
実は、この法則は、大河ドラマ草創期においてもあてはまりません。

今から50年前、明治維新100周をふまえて作られた第5作目の大河ドラマ『三姉妹』の主役は、幕臣旗本の娘たちでした(NHK)。
この作品では
・女性主人公
・架空人物
・幕臣という負け組
という、ダメダメの法則が三拍子で揃っております。

 

当時、話題作りとしてイケメンやアイドルのような女優を出すことはアリでした。
あくまで基本は、脚本や演出、演技等の実力勝負という意識が強かったのでしょう。

2016年『真田丸』で人気を博した草刈正雄さんも、1976年『風と雲と虹と』に初出演した当時は、旬の美男若手俳優でした。

1987年『独眼竜政宗』の秋吉久美子さんも、当時はセクシーなアイドル。
それを反映してか、政宗との入浴シーンまでありました。

放映当時「トレンディ大河」と揶揄された1991年の『太平記』では、男性の北畠親房を、美少女アイドルとして人気のあった後藤久美子さんが演じています。
今では考えられないほど、斬新な試みです。

そして、負け組のドラマなんて見たくもない、という批判。
これにつきましては、そもそも一作目の主人公が井伊直弼という時点で、何を言っているのか、という話です。

それでも気になる方も多いとは思います。

井伊直弼で、一年間も持たせることができたの?
「安政の大獄」と「桜田門外の変」だけでは?

答えは、むろん、イエス。
どうしても幕末の動乱期ばかりが注目を集める直弼ですが、実は生まれた時から波乱の人生を送ってきました。

十分ドラマになる人物なのです。

 

スポンサーリンク

彦根藩主の庶子として

井伊直弼は文化12年(1815年)、近江の彦根藩第11代当主・井伊直中(なおなか)の14男として生まれました。

母は側室のお富。
直中と富の間には既に二人の男子(11男・直元、13男・直与)がおり、直弼は富にとって三番目の子ということになります。
母の富は、美貌と知性で寵愛を受けましたが、実家は浪人でした。

しかも直中はこのころ既に隠居しており、直弼は晩年の子になります。
我が子というよりは孫のような感覚でしょう。
彦根藩の江戸屋敷で、直弼は父母に可愛がられて育ちました。

5才の時に母、17才で父を亡くすという不幸はあったものの、当時は彦根藩の藩政も比較的安定しており、直弼は穏やかな暮らしを送ることができました。

 

「埋もれ木」の生活

父の死後、直弼は彦根城内の屋敷に移ります。

18才で元服もしますが、出自は庶子で、兄もかなり多い。
直弼は世捨て人のような境遇に置かれました。

名門井伊家の子でも、さすがに14番目の男子となりますと、養子になれる道もありません。
300俵の部屋住みとして、ほとんど未来のない日々を送ることになるのです。

かくして32歳までの15年間。
300俵の部屋住みとして過ごした直弼は、自邸を「埋木舎(うもれぎのや)」と名付けました。
部屋住みの身として、花咲くことのない我が身を、埋もれ木にたとえたのです。

後に、直弼の住まいは、「埋木舎」から「柳和舎」、「柳王舎」へと移ります。
柳は直弼の好んだ木でした。

直弼が暮らしていた埋木舎/photo by 663highland Wikipediaより引用

もちろん、ただ漫然と過ごしていたわけではありません。
直弼は井伊家の男子らしく、武芸学問に励んでいます。

武芸は、剣術、鑓術、馬術、居合術。
居合術については一派を創設したほどです。

学問は、兵学、古典文学、和歌、俳諧、狂歌。
その他にも能、茶道、禅、和楽器をこなし、いずれの道においても、卓越した才能を見せます。

そうした修養の日々を送りながら、直弼はやはり己の境遇に虚しさを感じてしまいます。
仕方のないことでしょう。
いくら才能があっても持て余すだけなのですから。

井伊家の庶子は、仏門に入ることがありました。
直弼の叔父も、そうでした。
この俗世にいても埋もれ木なのであれば、いっそ仏門に入った方がよいのではないか――そんな思いから、直弼は禅にも傾倒していきます。

天保14年(1842年)頃、直弼は、後の行動をともにする長野主膳義言という人物と知り合った、とされています。

出会った頃の二人は和歌について関心を持っておりました。
そのうち国学を習うようになり、直弼はその方面も造詣を深めることになります。

 

スポンサーリンク

井伊家の世子として

ずっと燻っていた直弼に、急な転機が訪れたのは32才のときです。

弘化3年(1846年)、兄・直元が急死。
江戸出府を命じられ、12代藩主・直亮の世子、次期藩主とされたのです。

17才から15年、およそ人生の半分を埋もれ木として過ごしてきた直弼にとって、予想外のことでした。

直弼自身も、戸惑いを隠せません。
なんせ、埋もれ木という境遇が終わり、名門井伊家の世子となることは、大変なプレッシャーです。

跡継ぎとそれ以外の教育、暮らし、覚悟というのは、まったく違う。
しかも、30を過ぎてからの激変では、直弼でなくても相当なストレスと疲労を感じたことでしょう。

直弼からみると、養父となった直亮はどうにも自分勝手で、言うことを聞く家臣ばかりを重用しているように思えました。
直亮も、直弼に対して良い感情を抱いていなかったようです。

井伊直亮/Wikipediaより引用

直亮は、蘭学に興味関心があり、西洋の文物を積極的に取り入れようとしていました。

しかし当時の彦根藩は財政が悪化しており、そのような開発事業に予算を割いてもよいかどうか、難しい局面。
直弼と直亮の対立は、薩摩藩で言えば島津斉興島津斉彬の対立に似たような部分があったのでしょう。

直弼は、直亮との対立に悩みながらも、井伊家世子としての意識を高めてゆきました。
なんせ彼らは、将軍家との関係において特別な間柄です。

井伊家は、将軍家にとって常に先鋒でなくてはならない――直弼はそう意識しています。
要は、ただ単に家を継ぐだけではなく、将軍家の危難に際して真っ先に動く家ではくてはならないと決意していたのです。

弘化4年(1847年)、直弼は政治の舞台において発言力を見せています。
海外からの船舶が接近する情勢の中、彦根藩は、相州警備の幕命を受けました。しかし直弼は、井伊家は京都守護の家柄であり、二カ所も同時に守ることは不可能だと反発します。

井伊家は、2代目の井伊直孝以来、京都守護を行うことが慣例となっていました。
正式な任命ではなく、家康が京都で鷹狩りを行った際に、密命を受けたのが始まりとされています。

直弼が相州警備に反発したのは、それだけが理由ではありません。
天下第一、先鋒として役割を果たすべき井伊家が、警備において不備を指摘されては不名誉なことであると考えてのこと。

この井伊家は別格であるという強い意識は、直弼の心の底にしっかりと刻みこまれたものでした。

 

彦根藩主・井伊直弼

嘉永3年(1850年)、直亮が国元で死去。
これを受け、直弼は井伊家第13代35万石の藩主となり、掃部頭(かもんのかみ)を称しました。

直弼は養父・直亮の遺志であるとして、領民に15万両の大金を分配。
翌年近江に入ると、藩政改革に着手しました。

直弼の内政手段は優れたものがあり、名君と呼ばれるにふさわしいものがありました。

藩主として人材登用した中には、長野主膳も含まれており、彼も実務能力の高い人物。
そして、それゆえ後年恨みを買うことにもなるのでした……。

長野主膳/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

黒船来航、直弼VS斉昭

嘉永6年(1853年)、黒船来航というXデーが訪れました。

しかもタイミング悪く、将軍であった徳川家慶が死去。
幕府は大変な状態に陥ります。
【関連記事】徳川家慶

そしてその翌年の安政元年(1854年)、ペリーが再度来港します。

ペリー来航/wikipediaより引用

立て続けに舞い込んでくる幕府への重圧。
江戸城西湖之間(さいこのま)では、ペリーへの対応をめぐり、激論が交わされました。

「異人の船なぞ、打ち払ってしまえばよい!」
そう強硬な攘夷論を主張したのが、水戸藩主・徳川斉昭です。

これに対して、直弼と佐倉藩主・堀田正睦らとは大反対します。
「異国船を打ち払うなぞ、もはやできません。ここは穏便に和平の道を探るべきです!」

両者は真っ向から対立。
それまで直弼と斉昭は、良好な関係を築いていました。

しかし、このときをキッカケに両者の関係は破綻。
この対立が、幕末の政局を悪い方向に動かしてしまいます。

 

問題山積みの政局

黒船がらみの外交だけでも四苦八苦なのに、当時の幕府にはそれ以外の様々な問題が重なっていました。
ザッと挙げますと……。

・天変地異、大地震の頻発
・コレラの大流行
・将軍継嗣問題

さらに悪いことは重なるもので、安政4年(1857年)、老中首座で調整役だった阿部正弘が若くして急死してしまうのです。

後任者の井伊直弼と堀田正睦も、決して無能な人物ではありません。
むしろ優秀でなければ幕府の中枢には引き揚げられません。

両者には、阿部のような柔軟さがなかったのです。

無謀な攘夷をせよ!せよ!とけしかけてくる水戸斉昭を即座に幕政から追放。
この状況に堀田への怒りを滾らせた斉昭は、この後、政治をさらなる混乱へと導いていくことになるのです。

 

スポンサーリンク

井伊直弼の政治構想

幕末ドラマにありがちな井伊直弼。
それは、険悪で強引な態度だったり、あるいは「井伊の赤鬼」というアダ名に相応しいコワモテのおじさんでしょう。

とにかく、もう、「安政の大獄」を引き起こした短気で強引な人物という印象どまり。

彼が何を考え、どうしてあのような行動をとったのか。
そこまで描かれることはありませんし、学校の授業で習うこともないでしょう。

僭越ながら、この段階での彼の考えを整理させていただきます。

◆朝廷を軽んじたわけではない
長野主膳から国学を学んだ井伊直弼は、決して朝廷を軽んじていたわけではありません。
むしろ「皇国」という概念を用いています。
天皇を中心とした日本の自立を重視していたのです

◆公武合体の起点
日米和親条約に関しては、関白・九条尚忠に働きかけ、幕府支持を認めさせていました。
直弼は幕府と朝廷が協力して国難に当たることを第一目標としていたのです。
和宮降嫁も、直弼が構想として抱いていたものです。
この「公武合体政策」は、直弼の死後、多くの支持者を得ます。孝明天皇、久邇宮朝彦親王、島津久光、山内容堂、松平容保等)

◆消極的な南紀派であった
将軍継嗣問題においては、堀田と直弼は南紀派でした。
ただし、消去法で「彼しかいないだろう」という程度。将軍継嗣問題の本質はこのようなもので、南紀派は積極的に推すというよりも「流石に一橋家だけはない」という「アンチ一橋派」であったようなものです。
徳川斉昭にもっと人望があれば、問題行動が少なければ……と思わなくもありません

◆外交政策は落としどころを探っており、現実的
直弼の外国政策は、対外的な落としどころをうまく探ったものでした。
日本の文化や天皇を中心とした国柄を重視し、諸外国に日本の自立的外交を認めさせつつ、開港するというもの。
外国への屈服ではなく、あくまでも自立を保つというところはゆずれない点でした

悪くないんです。
現実的で、ちゃんとした落としどころを探っているわけです。

ですので
【朝廷を無視して、屈辱的な開国をした奸臣!】
そんな風に直弼を叩く向きがあるとすれば、いささか可哀想だなぁという感じでして。

「日米和親条約」も、アメリカ代表のハリス側がゴリ推しして不平等条約を押しつけた、そんな印象があります。

実はそこまで悪くはありませんし、ハリスと幕府はきっちりと交渉をしています。
互いに相手の意見を吟味し、落としどころを探った末の結果でした。

タウンゼント・ハリス/wikipediaより引用

確かにアメリカの交渉は、武力をチラつかせつつ迫る砲艦外交という側面はあります。

しかし、実際には日米間できちんとした交渉が行われております。
一方的な不平等条約ではなく、互いを尊重している面もあるということは考えなければいけません。

幕府と交渉した諸外国が態度を硬化させていったのは、むしろ攘夷テロ事件が続発するようになってからでして。

詳細は後述しますが、肝心の朝廷の本音も、
「アメリカとの条約内容なんて、どうでもええわ」
だったと思います。

孝明天皇をはじめとして、朝廷の外国嫌いは、度を超えてました。
「異人は嫌い、犬猫と同じ、あいつらの意見なんて絶対に受け入れられない」

そんな強烈なアレルギーの持ち主なのです。
異人と交渉しただけでもゾッとする、ありえへん、という状態でした。

結局、江戸から京都へ向かった堀田による調停工作が失敗に終わると、直弼は勅許を得ずに条約を結んでしまいます。

これについても、注意が必要でして。
『孫子』には、「拙速は巧遅に勝る」という言葉があります。
じっくりと丁寧に考え実行に移すよりも、多少荒っぽくとも手早く済ませたほうがよい、という意味です。

直弼の姿勢には、この言葉に通じるものがありました。
朝廷を疎かにするのではなく、先に条約を締結させてから朝廷と協調して歩むことを目指したのです。

ザンネンながら、朝廷との交渉に失敗した堀田は、老中の座を追われてしまいました。
が、直弼にとっては一時的なものであり、あとで堀田を復帰させるつもりでした。

 

開国が何かわからないけど、開国が嫌だった人たち

勅許を得られないまま、堀田が江戸に戻った三日後。
井伊直弼は、大老として就任しました。

大老となった直弼は、テキパキと行動します。

井上清直・岩瀬忠震にハリスと日米修好通商条約に調印させます。
その際、反対派に違勅の罪を責められ、調印中止を諫言した宇津木景福に対して、直弼はこう言いました。

「今戦っても、勝ち目はない。むやみに開国を拒んで負けてしまえば、国体を恥かしめることにもなる。しかし、勅許を得ずに開国した罪は、甘んじて受ける」

直弼の元には、条約の件で徳川御三家が押掛け登城してきました。
しかし、直弼はこれにも動じません。
そしてそのまま、南紀派の徳川慶福(のち将軍・徳川家茂)を将軍継嗣とする旨を公表したのでした。

あくまで直弼は、公武が一致して難局に当たるべきだと考えていました。

その直弼の構想の足を引っ張ったのが、斉昭です。
彼は姻戚関係を通じて朝廷工作を行い、自分を追い落とした堀田の失敗を狙っていたわけです。

 

キリシタンバテレンという国は、どちらにありますのやろ?

この難局において、外交についても政治についても素人である公家を巻き込んだのは、大きなマイナスになったと言えます。
勝海舟は、こう言い残しています。

「当時の朝廷で開国が理解できていたのは、皇族では山階宮(山階宮晃親王)、公家では堤中納言(堤哲長)だけだった」

二人は、当時の京都においてはかなり異色の人物でして。
堀田はとある公家との会話中に、こう言われたそうです。

「ところで、キリシタンバテレンという国は、どちらにありますのやろ?」
こんな感じです。こんなレベルです。
異人というのは耶蘇のあやしい教えを信じていて、穢らわしい犬猫のようなものだから、ともかく追い払え――そんなレベルなのです。

政治的な能力も、実務から離れて長い年月が経過しています。
ハッキリ言ってしまいますと、外交政策も、知識も、実務能力も、経験も、幕府はトップレベルでした。
言われているほど決して悪くはないのです。

曲がりなりにも、二世紀以上政権運営をしてきたのですから、そりゃそうですわ。
ノウハウは蓄積されており、少なくとも公家よりは断然マシ。

「開国ってなんどす?」という方たちを、ただ自分の政敵を追い落とすがために引き込んだ斉昭は、やはり反省すべき点があるのではないでしょうか。

 

水戸の朝廷工作が最悪の結果に

さんざん朝廷に悩まされてきて、それでも公武合体して何とか歩んでいこうとしていた直弼。
そんな彼にも、忍耐の限界はあります。

それは、水戸藩に「戊午の密勅(ぼごのみっちょく)」がくだされていたことでした。

公武合体して足並み揃えようというときに、水戸藩とそれに賛同した学者たち、そして公家がよりにもよって、正式な手続きも得ないまま、密勅を得ていたのです。

苦労してまとめた条約調印を批判し、攘夷を断行しろというものでして。
もう、無茶苦茶理不尽です。

幕府は堀田らを派遣して、説明しようとしていました。
それなのに「ともかく異人嫌いはなんどす。攘夷しとくれやす」で押し切られるのです。

とにかくお話にならない。
言う事聞いてアッチコッチで黒船を相手にドンパチやったら、それこそ列強の侵略を許しかねません。

正直この状況は、直弼でなくともキレてしまうのではないでしょうか。

直弼だって好きで調印したわけじゃない。
ただ、攘夷を今やろうにも無理。だからの開国です。

直弼の中で、決定的な何かが弾け飛んだのでしょう。

その結果が「安政の大獄」でした。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

開国したことにさせられた井伊直弼がガチギレ! 安政の大獄はじまる

 

暴力、流血、天誅、粛清、テロルの時代

「安政の大獄」の反動は、直弼自身の身にふりかかりました。

安政7年3月3日(1860年3月24日)。
牡丹雪の舞う朝、直弼は刺客の手にかかり、最期を遂げます。
享年46。

【関連記事】薩摩から見た桜田門外の変

井伊直弼の死は、残念ながら世の中を動かしました。
しかも日本の政局を不気味な方向へ。

すなわち、天誅の時代です。
幕府の大老ですら、白昼堂々と斬首できたという事実は、タガを外してしまったようです。

相手を殺してでも自分の意見を押し通す――
不都合な相手は殺してしまう――
そんな行為が、大手を振ってしまうようになるのです。

幕臣の江間政発は、カオスに陥った状況を評して、こんな言葉を残しました。
「幕末の攘夷とは、反対派を叩き潰す看板である」

これが当時を生きた人の実感でなのです。
そこに思想なんかありません。

むろん真っ当に行動する者もおりましたが、反対派は剣で黙らせた方が手っ取り早い、と考える方が当たり前の時代になりました。
暴力による解決は、思想や立場は違えど、多くの者がとった手段であったのです。

明治新政府が成立してからも、大久保利通はまさにこのような理屈のもと、刺客の凶刃に斃れることになります。

大久保利通(正助一蔵)/国立国会図書館蔵

 

一本気な性格も何かと災いしてしまい

井伊直弼の外交政策ならびに将来的な方針。

その構想自体は間違っていませんでした。
むしろあの時点では、最も正解に近い答えを出していたのかもしれません。

「天皇を中心とした国作り、開国政策」は明治政府も行った政策と一致しています。
公武合体についても、当時としては正解とも言えるやり方でした。

彼自身も超人的な才能を発揮しており、部屋住み時代にはその優れた資質を磨き上げてもいます。
先に述べたように居合術、茶道、禅……様々な分野で一流の人物であったのが何よりの証左でありましょう。

ただ……それでもやっぱり「安政の大獄」&「桜田門外の変」がもたらした負の影響は大きかった。

後世の【勝者の歴史】によって最悪の印象で描かれるには仕方ないにしても、もう少し柔軟に対応できていれば……と思わざるを得ないのですが、実は一方で、一本気な直弼の性格というのもあるようで。

やはり
「将軍家の先鋒であれ」
という、井伊直政以来の思いが根底にあると感じるのです。

井伊直弼/Wikipediaより引用

井伊直弼は不当な評価を受けています。
倒幕派からは忌み嫌われ、幕府からも会津藩の松平容保のような忠臣という評価を受けることはできません。

コワモテの悪役。
大河ドラマはじめ幕末もののエンタメにおいて、これからもこうした姿は上書きされていくことでしょう。

ただし、彼の実像はそんなに単純なものではありません。
将軍家の先鋒として生きたゆえの非業の死――それが井伊直政もとい井伊直弼なのです。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
井伊直弼』母利美和
別冊歴史読本天璋院篤姫の生涯
国史大辞典

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新, 井伊家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.