櫛橋光/wikipediaより引用

黒田家

黒田官兵衛の妻・櫛橋光(くしはしてる)の生涯~官兵衛唯一の室は理想の女性!?

投稿日:

オマケ①櫛橋家

彼女の生家である「櫛橋家」は官兵衛にとっても重要な存在。
少し注目してみましょう。

光のきょうだいは、以下の通りです。

兄・櫛橋左京進(演:金子ノブアキさん)
兄・櫛橋則政
姉・妙寿尼(みょうじゅに・上月景貞室)
妹・井上九郎右衛門之房(演:高橋一生さん)室

ドラマ『軍師官兵衛』では、櫛橋左京進が官兵衛をライバル視していたと脚色がなされ、様々な展開が繰り広げられます。

光の姉・妙寿尼の夫は上月景貞に嫁いでおります。
二人の間に生まれた女子が、小早川秀秋の家老・平岡頼勝の正室となりました。

まとめますと、長政の母方のいとこの夫が、小早川秀秋の家老という関係。
この姻戚関係を用いて、長政は関ヶ原合戦の際、小早川秀秋に寝返り工作を仕掛けました。
ちょっとややこしい関係ですが、なかなか重大です。

 

オマケ②おたつ

『軍師官兵衛』の第二回放送で、官兵衛初恋の人である「おたつ」が殺害されます。

黒田職隆(官兵衛の父)の養女となり、浦上清宗に嫁ぐ予定だったのが、その祝言の席で襲われてしまったのです。
官兵衛の実妹(ドラマでは義理の妹)の逸話をアレンジした展開でした。

実妹を初恋の相手にすることで、悲惨さを強調したのでしょう。ただし、この祝言での妹殺害の話そのものが、史実であるかどうかは不明です。

 

オマケ③官兵衛の母「いわ」

官兵衛の母は、明石正風の娘とされる女性であり、小寺政職の養女でもありました。

『軍師官兵衛』では戸田菜穂さんが演じており【いわ】という名前。
優しく慈悲深い女性として描かれております。

官兵衛は、7才の時から浄土宗の僧・円満について手習いを始めていました。わんぱくな官兵衛は手習いには身が入らず、もっぱら武芸を好んでいました。

ところが14才で母を失うと内向的な性格になり、人が変わったように和歌の道に打ち込むようになってしまうのです。
あまりに没頭するため、円満が諫めて、ようやく官兵衛も諦めたほどでした。

幼い少年の心に、大きな衝撃を与えたのが、母の死であったのでしょう。
記録はあまり残されていない女性ですが、官兵衛にとってはとても大切な、心の支えてあったのでしょう。

武将の活躍だけではなく、様々な女性の生きる姿を見られる『軍師官兵衛』。
彼女らの生き様を是非ご覧ください。

文:小檜山青

【参考文献】
黒田官兵衛 作られた軍師像 (講談社現代新書)』渡邊大門
黒田官兵衛のすべて』安藤英男
国史大辞典

 



-黒田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.