櫛橋光

櫛橋光と黒田官兵衛(右)/wikipediaより引用

黒田家

官兵衛の妻・櫛橋光の生涯~最大のピンチを救ったのはガラシャだった

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
櫛橋光
をクリックお願いします。

 

オマケ②おたつ

軍師官兵衛』の第二回放送で、官兵衛初恋の人である「おたつ」が殺害されます。

黒田職隆(官兵衛の父)の養女となり、浦上清宗に嫁ぐ予定だったのが、その祝言の席で襲われてしまったのです。

官兵衛の実妹(ドラマでは義理の妹)の逸話をアレンジした展開でした。

実妹を初恋の相手にすることで、悲惨さを強調したのでしょう。ただし、この祝言での妹殺害の話そのものが、史実であるかどうかは不明です。

 

オマケ③官兵衛の母「いわ」

官兵衛の母は、明石正風の娘とされる女性であり、小寺政職の養女でもありました。

『軍師官兵衛』では戸田菜穂さんが演じており【いわ】という名前。

優しく慈悲深い女性として描かれております。

官兵衛は、7才の時から浄土宗の僧・円満について手習いを始めていました。わんぱくな官兵衛は手習いには身が入らず、もっぱら武芸を好んでいました。

ところが14才で母を失うと内向的な性格になり、人が変わったように和歌の道に打ち込むようになってしまうのです。

あまりに没頭するため、円満が諫めて、ようやく官兵衛も諦めたほどでした。

幼い少年の心に、大きな衝撃を与えたのが、母の死であったのでしょう。

記録はあまり残されていない女性ですが、官兵衛にとってはとても大切な、心の支えてあったのでしょう。

武将の活躍だけではなく、様々な女性の生きる姿を見られる『軍師官兵衛』。

彼女らの生き様を是非ご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

黒田官兵衛
黒田官兵衛は本当に天下人の器だったか?秀吉の軍師とされる生涯59年まとめ

続きを見る

愛宕百韻(愛宕山連歌会)
光秀が本能寺の前に詠んだ愛宕百韻「ときは今 あめが下知る 五月かな」の真意は?

続きを見る

連歌
光秀も藤孝も幸村もハマっていた~連歌が戦国武将に愛された理由とは

続きを見る

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか? 本能寺の変における諸説検証で浮かんでくる有力説

続きを見る

荒木村重
なぜ荒木村重は信長を裏切ったのか?妻子を無惨に処刑され道糞と蔑まれた生涯52年

続きを見る

織田信長
織田信長の天下統一はやはりケタ違い!生誕から本能寺までの生涯49年を振り返る

続きを見る

松寿丸の殺害命令
官兵衛の子・松寿丸に殺害命令~半兵衛が匿うことを秀吉は知ってた?

続きを見る

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考文献】
『国史大辞典』
渡邊大門『黒田官兵衛 作られた軍師像 (講談社現代新書)』(→amazon
安藤英男『黒田官兵衛のすべて』(→amazon

TOPページへ

 



-黒田家
-

×