絵・小久ヒロ

織田家 信長公記

織田家の筆頭家老は林秀貞!なぜ信長に追放されたのか?その生涯を振り返る

更新日:

織田家には、綺羅星の如きスター武将が数多あまたおります。

明智光秀豊臣秀吉柴田勝家丹羽長秀……と数え始めたらキリがないほどで、例えば戦国ゲームだとしたら彼らのパラメーターは軒並み90以上を叩き出しているでしょう。

しかしそんなスター軍団でも、なかなか勝てそうにない存在感の上役が織田家におりました。

林秀貞(はやしひでさだ)――。

秀吉や光秀などが立身出世する、はるか前から織田家に仕え、そして信長を支えた堅実の将。

本稿では、林秀貞の生涯を振り返ってみたいと思います。

 

林秀貞は信秀の代から仕えていた

林秀貞は永正十年(1513年)生まれとされています。
織田信長が天文三年(1534年)生まれですから、20歳以上も歳上ですね。

秀貞から見た信長は、主君・織田信秀の嫡子であるという以上に、我が子のように思えた時期があったことでしょう。

織田信秀(信長の父ちゃん)は財テク名人で似た者親子!道三や義元相手に大暴れ

な ...

続きを見る

信長がまだ少年の頃、那古野城(現名古屋城の場所にあった以前の城)を与えられたとき、秀貞は一番家老として信長付きになりました。

二番家老が、信長の爺やとして有名な平手政秀です。
現代における知名度では政秀には一歩譲りますが、地位としては秀貞のほうが上でした。

林氏は、尾張春日井郡(北名古屋市)の土豪だったとされていますので、元の身分を重視したものでしょうか。

前田利家を排出した前田家も、元々は林氏の与力(部下)だったといわれています。
秀貞と利家に関するエピソードは伝わっていませんが、何か語らうこともあったのかもしれませんね。

 

名実ともに一番の重臣だった

天文十五年(1546年)に古渡城で信長の元服が行われた際、介添え役を務めたのも秀貞でした。
名実ともに、信長にとって一番の重臣だったということです。

しかし、幼少~青年までの信長といえば「うつけ」騒動が最も激しかった時期です。
二番家老だった政秀だけでなく、一番家老の秀貞も、主の言動には頭を悩ませていました。

政秀は信長をひたすら諌め続けましたが、秀貞はだんだん嫌気が指していったようです。

そこで信長よりも、弟・織田信行を擁立したほうが織田家のためになるのではないか? と考え、実行に移そうと考え始めます。

特に、二人の父である信秀が亡くなってからは、信行の家臣たちなどとこっそり手を組み、密かに動いていくのでした。

信長は、父が亡くなってから少しずつ変化して、弘治元年(1555年)には、織田信友から清州城を奪い取るなど徐々に頭角を現し始めます。

が、信行擁立派の勢いは衰えません。
それを知ってか知らずか、信長は清州城に移った後、那古野城の留守居役を秀貞に任せるのでした。

 

「卑怯なやり方で殺すわけにはいかない」

弘治2年(1556年)。
信行の家老だった柴田勝家、そして秀貞の弟・林通具みちとも(通称・美作)が、信長に対し反旗を翻して戦いました。

稲生の戦い】と呼ばれるもので、詳細は以下の記事をご覧ください。

稲生の戦いで信長一騎打ち!~戦国初心者にも超わかる『信長公記』第19話

今 ...

続きを見る

この戦いは、信行方の敗北に終わり、柴田勝家は敗走、通具は信長によって討たれ、首を取られました。

秀貞本人はこの戦に参加していなかったようですが、関係していたのは紛れもない事実。
当然何らかの罰が与えられてもおかしくありません。

なぜか信長はそうしませんでした。

織田信行(信長に謀殺された弟)は当主の器だったか?生涯&スペック確認だ!

信 ...

続きを見る

【稲生の戦い】の前に、信長が林兄弟の下を訪ねてきたときのことが影響しているともいわれています。

このとき、弟の通具は
「信長がノコノコと単独で来たのだから、この際討ち取ってしまおう!」
と言っていたそうです。

しかし秀貞は、
「信長様は確かに当主としてはいただけないが、先祖代々お仕えしてきた家の主を、卑怯なやり方で殺すわけにはいかない」
と反対し、少し話をしただけで帰したのだとか。

信長がこの経緯をどこかから聞いて、
「俺は秀貞に命を助けられたのだから、秀貞の処分はしない」
と決めた……というものです。

公平といっていいでしょうかね。

 

政治活動で重責を任されるようになり

この頃、既に40代になっていた秀貞。
人生五十年の時代ですから、老人といっても過言ではありません。

そのためか、以降の秀貞はほとんど軍事行動を命じられておらず、代わりに政治的活動が多くなります。

織田家と徳川家の同盟である清洲同盟の立会人を務めたり。
信長の発行した公文書に署名したり。

大きなところでは、信長と足利義昭の関係が悪化したばかりの頃、和解を試みたときの起請文でも、秀貞が一番に署名しておりました。

足利義昭61年の生涯をスッキリ解説!バカ殿?それとも実は頭脳派?

【 ...

続きを見る

また、公家の山科言継が信長のもとにやってきたときには、必ず秀貞が取次を務めていたとか。
言継の身分や政治的立場を尊重するために、信長の家臣としては最高格の秀貞が用いられたということでしょう。

裏切りの一件があったにも関わらず、織田家の中では重要な役割を与えられていたのです。

 

長島では水軍の一角として援護に回る

秀貞が軍事的に動いた件も少しだけ記録が残されています。

天正二年(1574年)の長島一向一揆攻めや、天正六年(1578年)の播磨神吉城はりまかんきじょう攻めなど。
しかし、最前線には出ていません。

長島では水軍の一角として援護に回っておりますし、神吉城攻めでは、元々羽柴秀吉(豊臣秀吉)が担当していたところへ、援軍の一員として出されたものです。

いずれも秀貞だけが命じられたわけではなく、もっと若い世代の武将も同行していますので、秀貞本人は彼らの目付や相談役としての出陣だったと思われます。

細かなところでは、信長主催の茶会にも秀貞は必ず招待されていました。
天正七年(1579年)に安土城天主が完成したとき、信長は秀貞と村井貞勝の二人にだけ見物を許したともいわれています。

村井貞勝も若い頃から信長に仕えており、軍事よりも政治、特に普請(工事)に関する仕事で能力を発揮した人でした。

信長の本心は不明ながら、武将ではなく政治家である二人に、天主からの眺めを見せて、今後の仕事にも活かすように……なんて考えもあったのかもしれません。

 

信忠の教育も任されたその矢先に……

時系列が前後しますが、天正三年(1575年)11月に信長が嫡子・織田信忠に家督を譲った際、秀貞は信忠付けになっています。
つまり次世代への教育も、秀貞が任されていたことになるわけです。

ここまでくると、秀貞だけでなく林家の将来も安泰……と思うところですが、実際はそうなりませんでした。

他の信長家臣たちのように、本能寺の変で運命が変わったのではありません。
変の二年前である天正八年(1580年)8月、秀貞は信長によっていきなり追放されてしまうのです。

このとき同時に元・西美濃三人衆の安藤守就や、丹羽氏勝(丹羽長秀とは同姓だが血縁関係なし)なども追放されています。

信長公記』では、
「かつて信長に逆らおうとしたから、今回追放した」
とだけ書かれており、詳細が全くわかりません。

一体、織田家や信長に、何が起きていたのか?
非常に不可解な一幕なのであります。

というのも、石山本願寺攻めを担当して五年も功績を挙げられなかった佐久間信盛父子がこのとき同時に追放されています。

佐久間父子については長々と書面で罪状を挙げておきながら、秀貞らについては単に「追放した」という事実のみ。
この状況が、後年の専門家たちを悩ませてきました。

 

老齢で働きが鈍くなったから?

本来、信長は、理由なく重い処分を下すような人物ではありません。
自ら頭を下げてきた人物については概ね許していますし、咎める際も細かすぎるほど丁寧です。

前者の例は松永久秀をはじめ多々いますし、後者は将軍・足利義昭への意見書などが当てはまります。
端的にいうと、秀貞らの追放については、何から何まで「らしくない」のです。

そのため、現代の専門家の間でも、

①秀貞が老齢になったから
②秀貞の働きぶりに不満があったから
③何者かが讒言(ざんげん)したから

といった、あいまいな推測しかされていません。
それぐらい意味不明なことなのです。

①や②だったら「どうして信忠に秀貞をつけたのか」という点が疑問になりますし、③についても讒言をした人物が全くもって不明です。
「明智光秀ではないか?」とする向きもあるようですが、荒唐無稽にも思えます。

追放後の秀貞の足跡についても、詳細は不明です。

京都に住んでいたとか。
安芸に身を寄せたとか。
追放から2ヶ月程度で亡くなったといった説など色々あり、なんとも後味悪い印象を残しているのです。

不幸中の幸いは、秀貞の三男・林勝吉が生き延びたことでしょうか。

彼も父と一緒に織田家を追放されましたが、本能寺の変後、旧知の間柄だった山内一豊に仕えたのです。
名前も一豊から一字もらって「一吉」と改めています。

その子孫は代々山内家の家老として存続し、領地の窪川(高知県高岡郡)で善政を敷いたとか。
こちらはめでたしめでたし……ですかね。

長月 七紀・記

※信長の生涯を一気にお読みになりたい方は以下のリンク先をご覧ください。

織田信長49年の生涯をスッキリ解説! 生まれから本能寺の変まで【年表付】

【 ...

続きを見る

なお、以下にも明智光秀をはじめとした戦国武将人物伝がございます。

明智光秀の生涯55年をスッキリ解説!なぜ織田家No.1の出世頭が本能寺へ?

明 ...

続きを見る

当初は信長の敵だった鬼柴田!? 柴田勝家62年の生涯をスッキリ解説!

戦 ...

続きを見る

豊臣秀吉
徳川家康
伊達政宗
真田幸村真田信繁
武田信玄
斎藤道三
北条早雲
毛利元就
黒田官兵衛
竹中半兵衛
長宗我部元親
島津義弘
立花宗茂

戦国武将データベース

【参考】
国史大辞典
『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon link
『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon link
『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon link
『織田信長家臣人名辞典』(→amazon link
『戦国武将合戦事典』(→amazon link

 



-織田家, 信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.