イラスト:富永商太

織田家

信長の仕掛けた【三瀬の変】で北畠を乗っ取り! 拡大戦略は戦だけじゃない

更新日:

戦国大名」というと、いかにも戦だらけの日々をイメージしがちです。

しかし、「とにかく合戦大好き!」なんて方は例えば武田信虎などむしろ少数派で、戦なんてのは最終手段だという人が多数派。
人の命は無くなるし、お金はかかるし、自分も殺されるかもしれないし、当然の選択でした。

それは年がら年中戦っていた印象の織田信長も同じ。
尾張の隣国・伊勢については、戦い以外の方法を駆使して、攻略しております。

天正四年(1576年)11月25日、その伊勢で【三瀬みせの変】が起き、北畠具教(とものり)らが殺害されました。

戦国時代ということを考えても物騒な話ですが、どのような経緯でこうなったのか。

まずは「北畠家ってどんな家?」というところからいきましょう。

 

南朝で活躍した一族・北畠氏

北畠家とは、伊勢(現・三重県)の大名です。
村上源氏の流れを汲み、南北朝時代には南朝方で後醍醐天皇を助けたという勤王の家でもありました。

「神皇正統記」を書いたのも、北畠親房というこの家の人です。

この頃から伊勢の国司(県知事みたいなもの)に任じられ、地元で尊ばれる家となりました。

そんなわけで、北朝方の室町幕府とは一悶着あったのですが、応仁の乱では京から逃げてきた足利義視(義政の弟)を保護したことがあります。
京都に行って戦うことこそありませんでしたが、義理堅いというか、尾を引きずらないというか。

戦国時代には、領土拡大を狙う織田信長とたびたび戦をし、信長の次男・織田信雄を婿養子に迎えるという条件で講和していました。

【信長の血】を現代に残した織田信雄!典型的ダメ武将は本当にダメ武将か?

歴 ...

続きを見る

早い話が降伏です。
しかし当主の北畠具房(ともふさ)には男子がいなかったので、家を残すためであれば、悪いことばかりでもありません。

同時に大きな懸念もありました。

この時期の織田家は後世でいうところの“第三次信長包囲網(1576年~)”が敷かれていたのです。

 

敵対するのは大大名ばかり 方面軍に任せる

信長を潰すため、諸国に敷かれた包囲網を見てみましょう。

まずは、信長と足利義昭の上洛後(1568年)に降っていた丹波国の波多野秀治が反旗を翻し、続いて宿敵・石山本願寺も挙兵。

毛利や上杉との関係も悪化するばかりか、畿内喉元にいる松永久秀まで裏切るなど、以前より、大規模な包囲網となっておりました。

同時に、この状況は「信長の勢力」がそれだけ巨大化したことを意味しています。

なぜなら織田軍は、信長自らが出向かずとも、各方面に

明智光秀(丹波・畿内)
柴田勝家前田利家(北陸)
豊臣秀吉黒田官兵衛(中国)
徳川家康(東海関東)
丹羽長秀(四国)

といった有能な部下たちを配することができたのです。

そうは言っても、包囲網の敵を個々に見れば、いずれも大大名の強敵ぞろい。
北畠家から見れば「もうすぐ滅びるかもしれない織田家と縁ができたところでマイナスにしかならない可能性」もあるわけです。

そうでなくても、婿養子は難しいですからね。
よほど妻側が力を持っていない限り、婿側の家に家を乗っ取られる危険があります。

そんなわけで、具房の父である具教は、いつまで経っても信雄に実権を渡さずゴネていました。

 

戦で北畠家を叩き潰すのは下策なれど……

いざ婿に迎えておきながら何もさせない――そうなれば、当然、信長の印象が悪くなります。

そうした中で、具教が「よーし、パパ隠居するために新しく城造っちゃうぞ☆」(超訳)と言い出し、工事も始めてしまったので、信長としても放置できなくなりました。

北畠具教/wikipediaより引用

この状況下で城を建てる=軍事拠点を作る=ケンカを売るも同然です。
ただの隠居所であれば、適当な土地を選んで、ちょっと良い屋敷を作ればいいのですから。

これにより「あの野郎、まだワシとやりあう気か? そっちがその気なら先に殺ってやんよ!」(超訳)と判断した信長は、具教一派の始末を決意します。しかし……。

信長の兵事情も厳しいものがありました。

1574年の長島一向一揆で親族を含む多くの将兵を失っていただけでなく、翌1575年には武田勝頼との死闘【長篠の戦い】が勃発しており、また一から激しい戦いに没頭する余裕はありません。

戦で北畠家を叩き潰すのは下策なんですね。

そこで信長は、もっとコストの少ない方法を選びます。
具教の元家臣たちに「ちょっと前の主君ブッコロしてこい」(超訳)と命じたのです。

彼らは饗応と偽って具教を誘き出し、織田家に好意的でない親族らもまとめて討ち果たしています。
【三瀬の変】ですね。
手際の良さがこわい。

 

具房は太り過ぎていたために助かった!?

結果、北畠家で生き残ったのはほんの僅かでした。
意外なことに、織田信雄の義父となった北畠具房は助かっています。

「大腹御所」「太り御所」と罵倒されるほどの超肥満体だったため、脅威とみなされなかったのかもしれません。

滝川一益の元で三年間幽閉されるだけで済んでいます。
殺されなかっただけマシかもしれませんが、もし体型のお陰だったとしたら……切ない……(´・ω・`)

また、具房の娘は織田信雄の元で育ち、信雄の息子の家臣に嫁いだといわれています。

信長が北畠家の血を完全に絶やすつもりであれば、この娘も殺すか、尼寺に入れるかしていたでしょう。
もしくは信雄の妾にしていてもおかしくありません。

そうしなかったのは、「女系でなら血を残してやる」という意味合いでしょうか。

信長の三男・織田信孝も押しかける形で伊勢の神戸家に婿養子入りし、義父・神戸具盛を追い出すようにして家督を継いでいます。

ともすれば苛烈なイメージばかりが先行してしまう織田信長。

戦国のような混乱期は
「ほんの僅かでも使える見込みがある奴は残す」
というスタンスが、やはり正解だったのでしょう。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
北畠具教/wikipedia
三瀬の変/wikipedia

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.