絵・小久ヒロ

織田家

津田信澄は信長の甥っ子で信勝の子で光秀の婿殿! そして非業の死を迎える

津田信澄という戦国武将をご存知でしょうか?

名前だけ見ると茶人や商人と間違われしまうかもしれませんが、実は、血統的には戦国バリバリ。

織田信長の甥っ子にして、明智光秀の娘婿――と、それだけではありません。

信長と家督争いをして謀殺された弟・織田信勝織田信行)の息子でもあり、歴史の流れ方次第ではもっと後世に名を馳せていたかもしれません。

しかし、それが叶うことはありませんでした。

本能寺の変】によって、彼の運命もまた激変してしまったのです。

 

父の信勝が謀反を企て始末され

津田信澄は1555年から1558年頃、信長の弟・信勝の嫡男として生まれました。

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

しかし、信長と信勝は大河ドラマ『麒麟がくる』でもお馴染みの通り、血で血を洗う間柄。

彼らの父である信秀が亡くなってから対立が目に見えて激化して参ります。

武力衝突に至った【稲生の戦い】で信勝が敗れ、詫びを入れて許されはしたのですが、その舌の根も乾かぬうちに再び謀反を企ててしまうのでした。

稲生の戦いで信長一騎打ち!~戦国初心者にも超わかる信長公記19話

続きを見る

しかも信勝は、自分の家老である柴田勝家などをないがしろにしたため、結果、勝家に見限られて信長に謀反を密告され、始末されてしまいます。

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

それが1558年11月のことです。

信澄はまだ、物心つくかどうかの幼子。

普通、武家の家督争いが激化したとき、禍根を断つためこういった男児は皆殺しにされます。

しかし、信長は違う道を選びました。

命を助けたばかりか、織田家に残してきちんと育て上げたのです。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

 

人材不足の織田家だから賭けに出た!?

理由はいくつか考えられます。

信長&信勝の母である土田御前の助命嘆願もあったでしょうし、もともと信長は身内や家臣に甘いところがありました。

ナゾ多き信長の母・土田御前に迫る~信長の死後は?生まれや名前は?

続きを見る

さらには、尾張内でも勢力の大きくなかった織田弾正忠家(信長の家・織田家の本筋から見れば庶流)では人材が貴重であり、血縁者を減らすのが忍びなかったのかもしれません。

信長にも、この頃には信澄とほぼ同世代の息子三人がいましたので、

【信長の子供たち】

長男・織田信忠

次男・織田信雄

三男・織田信孝

こんな風に賭けに出たのかもしれません。

「この歳の子供(信澄)が、成長するまで父親のことや恨みを覚えていられるとも思えない。将来、俺の息子に協力して生きていくよう、きちんと教育してやろう」

これは、武家の人間としてはかなりの博打。

例えば父の敵である平清盛に命を助けられ、20年後に平家を滅ぼした源頼朝のように、いつ信澄が信長に反旗を翻すかもしれません。

平清盛が平安末期に絶大な権力を握れたのはナゼ?院政と合わせて確認だ

続きを見る

もしかしたら信長にはある種の確信があったかもしれません。

例えば頼朝が助命されて伊豆へ流されたとき、年齢的には少年ながら元服を済ませた「大人」でした。

朝廷にも出入りしており、女院である上西門院の蔵人(秘書のような身の回りの仕事をする官職)も務めています。当然、上方の暮らしや父親のこと、自分の立場をはっきり記憶していたことでしょう。

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

一方、信澄の場合、父の信勝が謀殺された時は正真正銘の幼児です。

子供を殺すのが忍びなかったというよりは、

「禍根が残らないなら、親族の結束を説いて有効活用すべき」

だと判断したのではないでしょうか。

もちろん、うまく行かなかったときは文字通り斬り捨てることも考えたでしょう。

 

蘭奢待切り取りの奉行も務めた

幸い、信澄もその弟たちも、大きな問題は起こさずに成長しました。

信澄個人の性格や暮らしぶりについては、目立ったエピソードがないほどです。

生い立ちを考えれば、順調すぎるほど順調だったからこそ、何も伝わらなかったのでしょう。

元服後には信長主催の茶会に出たこともありますし、信長が正親町天皇から蘭奢待の切り取りを許されたときには、奉行の一員を務めています。

あの信長が敬う甘美な香り「蘭奢待」とは? 信長公記108話

続きを見る

蘭奢待の件が1574年ですので、信澄は数えで20歳を超えたかどうかといったところ。

日頃の態度や能力に問題がなく、若いうちから信長の信頼を得ていたものと思われます。

1578年あたりからは津田姓を名乗っていたようで、同時期に従兄弟である織田信忠に従い、戦場へもたびたび赴くようになります。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

 

京都御馬揃えでも一門衆の5番目ポジション

初陣を果たしたのは天正三年(1575年)の越前一向一揆です。

越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛 信長公記125話

続きを見る

その後は近江に領地を与えられたり、明智光秀の丹波攻略に参戦。

程なくして光秀の娘を正室にもらい、天正七年(1579年)には長男も生まれています。

さらに、石山本願寺との戦いや荒木村重征伐にも参加したり、信長の趣味兼人材発掘の場である相撲興行でも奉行を務めました。

堀秀政蒲生氏郷などと一緒にやっているので、重臣だった両者と同じくらいの扱いは受けていたのでしょう。

堀秀政は信長に寵愛され秀吉に信頼された「名人久太郎」38年間の武将人生

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

信長の一大軍事パレードである【京都御馬揃え】の際も、一門衆の五番目に位置しています。

これは信長の長男・次男・弟・三男の次ですから、決して低い立ち位置ではありません。

①長男・織田信忠
②次男・織田信雄
③弟・織田信包(のぶかね)
④三男・織田信孝
⑤甥・津田信澄(織田信澄

信長主催「京都御馬揃え」は織田家の軍事パレード~その狙いは?

続きを見る

とはいえ欲がなかったわけではなく、伊賀平定の際は自ら大和(現・奈良県)を希望して、諌められたこともありました。

その後も四国攻め計画で大阪駐屯を命じられたり、丹羽長秀とともに家康の接待を命じられているので、これで信長の心証が悪化したというわけでもなさそうです。

丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人~その生涯65年まとめ

続きを見る

これらの待遇からして、やはり信長は信澄を「今後の織田家を支える人物」の一人にするつもりだったのでしょう。

しかし。
信澄にとってはそれがあだになってしまいました。というのも……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.