織田家

安土城炎上(放火)の犯人は誰だ! 信雄か、明智か、それとも秀吉か?

天正十年(1582年)6月15日は、安土城が炎上したとされる日です。

天下人・織田信長の本拠地がなぜそんな憂き目に……?

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

というと皆さんお察しの通り、同年6月2日、明智光秀によって本能寺の変を起こされ、周辺の状況が一変していたからです。

信長のシンボルだった安土城は、まず明智の手によって城内の金品財貨を簒奪されると、15日、火の手が上がりました。

安土城図/wikipediaより引用

犯人は今なお不明。

ただし、当時燃えたのは天主と本丸だけで、大部分は残っていたとも伝わりますが、現在は石垣等がわずかに残るだけで、かつての面影は無きに等しいものです。

一体何があったのでしょう?

 

誰が燃やしたのか?

前述の通り、安土城の炎上については原因がよくわかっておりません。

「鬼武者こと明智左馬助明智秀満・光秀の娘婿)が放火した」

明智左馬助(明智秀満)が光秀の妻子を殺し自害へ 哀しき明智家重臣の生涯

続きを見る

「夜盗が燃やした」

「落雷で火事になった」

そんな仮説が立てられ……。

現在の安土城(天守台跡)

さらには

「信長の次男・織田信雄おだのぶかつがアホだから焼いてしまった」

という記録が混じっているのがまた何というか……。

『日本西教史』という宣教師たちの記録に出てくるそうですが、いくら何でもヒドすぎませんか。

確かに信雄は「やっちまった!」なコトが多いですが。

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

残った二の丸その他は、清洲会議の結果、織田秀信が使うはずでした。

織田秀信とは信長の父ちゃん・織田信秀ではありません(「信」と「秀」が逆)。

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

三法師です。

清州会議で豊臣秀吉が担ぎ上げた織田信長の孫(嫡男・織田信忠の息子)です。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

三法師(信長の孫)こと織田秀信は「清須会議」の後どう生きたのか?

続きを見る

しかし、会議の後、信長の三男・織田信孝らが「それは納得がいかん!」と言い出し、結局、このゴタゴタが一因となって賤ヶ岳の戦いが起きてしまいます。

 

秀吉「新しい城の邪魔だから壊すか」

その後、織田秀信は坂本城(かつての明智光秀本拠地)へ移され、安土城は秀吉に取り壊されるという悪夢の展開になりました。

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

理由も酷い。

「甥の豊臣秀次が近くに城を建てるから、その材料に使わせていただきますね^^」

豊臣秀次28年の生涯をスッキリ解説!なぜ秀次は自害へ追い込まれたのか

続きを見る

まぁ、自身の天下が近づいてきて、信長色を消し去ってしまいたかったのでしょう。

安土城天主の完成が天正七年(1579年)ですから、信長が精魂込めて建てた城は、十年もせずに綺麗さっぱりなくなってしまいました。

築城担当者は、米五郎左こと丹羽長秀

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

続きを見る

彼はこのとき生きていましたから、胸に迫るものがあったでしょう。

安土城跡からの眺望(田園風景の先に琵琶湖)

晩年の秀吉が、信長の悪夢に怯えていた――なんていかにもな逸話があったりするのは、真偽の程はさておき、こうした所業から来ているのでしょう。

確かに酷い話ですが、信長色を払拭するのに秀吉が必死だったのは、哀れみの思いも湧いてきます。

心から同情できないのは、次に作った城があまりにもゲスい位置に建っていたからです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.