織田信忠

織田信忠/wikipediaより引用

織田家

信長の嫡男・織田信忠(奇妙丸)ってどんな人?最期は光秀に狙われて

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
織田信忠
をクリックお願いします。

 

再会目前(?)にして本能寺が……

信忠は武田家を滅ぼしに甲斐まで行った後も、松姫を気にかけていた節があります。

彼は正室を迎えていないのです。

織田家の跡取りですから、側の女性も子供もいくらいてもいいのに、です。

もちろん子供はいましたが、その生母もあくまで側室扱い。

三法師・織田秀信
三法師こと織田秀信は信長の孫~運命の「清州会議」後はどう生きた?

続きを見る

ということは、いずれ正室をどこかから迎えたいと思っていたか、あるいは……?

これにはもう一つ根拠があります。

本能寺の変が起こる直前に、信忠は松姫の消息を聞き、迎えの使者を出しているのです。

松姫は武田家が滅びた後、武蔵・八王子まで逃げて姪っ子たちとひそかに暮らしていました。

信忠がやろうと思えば無理やり連れて来させることもできたはずですし、既に滅びた家の女性をわざわざ迎えても政治的なメリットはありません。

それでも丁寧に使者を出したということは、松姫の意思を尊重するつもりだったのではないでしょうか。

松姫もこれに応え、信忠の元に向かいます。

しかし、松姫が到着する前に本能寺の変が起きてしまい、二人は現世で顔を合わせることはできなかったのでした。

 

最後まで立派な後継者ではありませんか?

最後に、やはり本能寺の変を振り返ってみましょう。

実は、信忠には逃げるチャンスがありました。

信長は本能寺にいて包囲されてしまったため逃げようがありませんでしたが、信忠は別のお寺にいたので光秀の手が回っておらず、逃げようと思えば逃げられた可能性があったのです。

しかし、彼は父の救出が不可能と知ると、逃げずに二条御所(現在の二条城)に向かいます。

ここには当時の皇太子・誠仁(さねひと)親王一家が暮らしていました。

そのため寺よりも防御能力が高かったのです。

信忠はまず親王一家と女性を逃がしました。

どこからどう見ても切羽詰ったこの状況で、皇族のことを考えた冷静さは間違いなく評価に値するでしょう。

地味ではありますが、ここに信忠の能力が一番現れているのではないでしょうか。

逃がすべきを逃がした後、信忠は明智軍相手に篭城戦を演じます。

しかし近侍の数十名程度では当然適うはずもなく、自らも刀を取って戦ったものの、あえなく自害することになったのでした。

どうでしょう?

一軍の将としても、夫としても優れた人物であり、土壇場でも判断力を失わない、立派な後継者ではありませんか?

途中ちょっと綺麗過ぎる話もありますが、少なくとも信長の目は間違っていなかったといえそうですよね。

たぶん信忠が生きていたら、日本の歴史はまた違ったものになっていたんだろうと思うと、生き延びて欲しかった気もしますが……。
まぁ、それは後世の人間が考えた身勝手な話ですかね。

なお、織田信長の生涯をまとめた人物伝等は以下の記事をご覧ください。

本文中に出てくる関連記事

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

武田勝頼
武田勝頼は最初から詰んでいた?不遇な状況で武田家を継いだ生涯37年

続きを見る

織田信勝(織田信行)
兄・信長に誅殺された織田信勝(織田信行)そもそも当主の器だった?

続きを見る

長島一向一揆
長島一向一揆で信長が宗徒2万人を虐殺!徹底的に潰したのは何故か

続きを見る

長篠の戦い
長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!勝因は鉄砲ではなく天然の要害

続きを見る

おつやの方
四度も結婚した絶世の美女おつやの方は信長の叔母~最後は武田家に降り

続きを見る

武田信玄
史実の武田信玄は最強の戦国大名だった?人物像に迫る生涯53年まとめ

続きを見る

信長嫡男と信玄娘の切ない『恋文物語』信忠から松姫へ~信長公記118話

続きを見る

父・信長から嫡男・信忠へ 豪勢な贈り物の真意は? 信長公記156・157話

続きを見る

三法師・織田秀信
三法師こと織田秀信は信長の孫~運命の「清州会議」後はどう生きた?

続きを見る

織田信雄
愚将とされた織田信雄(信長の次男)は本当にダメ武将か?血筋は現代へ

続きを見る

織田信孝
信長の三男・織田信孝が迎えた壮絶な最期~秀吉に敗れて十字腹とは?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
谷口克広『織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
峰岸純夫/片桐昭彦『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
歴史群像編集部『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
織田信忠/wikipedia

TOPページへ

 



-織田家
-,

×