斎藤家 信長公記

道三と信長の初顔合わせ、その時うつけは~戦国初心者にも超わかる信長公記13話

織田信秀の跡を継ぎ、清洲衆と本格的に戦い始めた信長。

戦では、事前に味方を得ておくことが非常に重要な段取りとなりますが、当時の信長にとってアテにできそうなのが「美濃の蝮」こと斎藤道三でした。

斎藤道三(利政)マムシの生涯63年まとめ! 最期は息子に殺された

続きを見る

妻・帰蝶の実父ですね。

信長にとっては義理の父にあたりますが、スンナリ味方になってくれるかどうか、見極めの難しいマムシ。

一筋縄でいかない相手と信長はどう付き合ったのか?

その大きな一歩が二人による直接の対面でした。

 

相手は下剋上の代名詞

斎藤道三は、信長の実父・織田信秀と、複数回に渡って戦をしていた過去があります。

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

さらにいえば、道三は下剋上の代名詞といわれるほどの知略をもった人物です。

まさに「一か八か」といったこの岳父と、信長が初めて対面したのは、天文二十二年(1553年)のことでした。

この年の4月下旬、道三から信長へ「富田の正徳寺で会おう」という申し入れがあったのです。

富田は当時、700軒ほどの家が並ぶ大きな集落で、現在の愛知県一宮市にありました。

会見の場として指定された正徳寺(現在は”聖”徳寺)は、石山本願寺から直接代理の住職を派遣してもらっていたため、この一帯は美濃・尾張の守護に税を免除されていたといいます。

つまり道三は、政治的・軍事的中立地帯での会見を申し込んだことになるわけです。

『信長公記』には書かれていませんが、すでに道三の娘・濃姫が信長に嫁いでしばらく経っており、婿・舅が双方安全な場所で初対面を果たすという意味では、至極妥当な判断といえます。

 

政秀の自害後に会見を申し込まれた

少し急ピッチでご説明申し上げましたので、混乱された方もいるかもしれません。

ここで、両者の間柄に影響している出来事を整理しておきましょう。

①天文十八年(1549年)信長と濃姫が結婚※十七年説も

②天文二十二年(1553年)閏1月13日 平手政秀の自害

③天文二十二年(1553年)4月下旬 道三から会見申し入れ←今回ここ

④弘治二年(1556年)4月 道三が長良川の戦いで討死・直前に信長へ美濃を譲る旨の手紙を残す

こうしてみると道三は【政秀が自害した後に会見を申し入れている】というのがミソのような気もしますね。

平手政秀が自害したのは息子と信長の不和が原因だった!? 62年の生涯まとめ

続きを見る

頼れるじいやを失った”うつけ者”が、婿に足る器かどうか。

能力を見極めて、もしも本当にうつけであれば尾張攻略を進める――それぐらいのことは考えていたようにも思えます。

 

行列をコッソリ覗き見していた道三に対し……

『信長公記』には、こんなことが書かれています。

「信長が会見場所に来るまでの行列を、道三がこっそり覗き見ていた」

「道三は礼儀正しい服装の集団で”うつけ者”を出迎え、恥をかかせようと考えていた」

太田牛一が直接見たわけではないでしょうから、どこまでが事実かはわかりません。ただし……。

斎藤道三であれば、相応のことを部下に準備させていた可能性は大いにありましょう。

信長もそれに勘付いていたのか。
事前に、ある程度の対策をしていました。

正徳寺まではいつもの凄まじい格好(茶筅髷・袖脱ぎ・ひょうたん・虎皮豹皮の半袴など)で進み、

イラスト・富永商太

現地に着いてから髪と衣服を改め、道三の度肝を抜いたのです。

織田信長/wikipediaより引用

現代的かつ俗な表現をすると「ヤンキーから貴公子へ」みたいな変わりようだったのでしょう。

織田家の人々も
「普段のあの格好は、人の目を欺くためだったのか!」
と驚いたそうです。
まさしく……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-斎藤家, 信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.