徳川家 れきしクン

戸田氏鉄~徳川四代に信頼された武将【戦国築城&治水名人】

更新日:

前々回「九戸政実」や前回「村上義清」など。

『ご当地マイナー武将』を思いつくままにピックアップさせていただいている当連載。
著者の「れきしクン」と申します。

今回の注目は「戸田氏鉄(とだうじかね)」さんです!

 

大垣城の氏鉄像は超COOL!

いきなり私ごとで恐縮ですが、今年10月6日に墨俣城(岐阜県大垣市)で開催された『すのまた秀吉出世まつり』に出演、30分ほどのトークイベントをやらせていただきました。

「墨俣城」の模擬天守のステージで喋る私!『すのまた秀吉出世まつり』にて

秀吉の出世のキッカケとなった伝説を持つ墨俣城。
最寄り駅は「大垣駅」で、付近には「関ヶ原の戦い」の際に石田三成ら西軍が、合戦の前日まで本陣としていた「大垣城」があります。

城跡が整備されて、現在は「大垣公園」となっているのですが、その地に一体の銅像が建てられています。
その人物こそ、戸田氏鉄さんです。

大垣公園の「戸田氏鉄公騎馬像」。全国の銅像の中でもトップクラスでカッコいい!

おそらく歴史好きの方でも、氏鉄さんがどんな人物なのか、ご存知の方は少ないでしょう。

何より、こうして偉そうに語っている私も、歴史好きになりたての時は氏鉄さんの下の名前すら読めませんでした(笑)。
「うじてつ」じゃなくて「うじかね」なんですよね。

今回は、そんな知られざる名将・戸田氏鉄さんをご紹介!

 

三英傑たちの孫世代

氏鉄さんは、いわゆる「譜代大名」です。
譜代大名は、関ヶ原の戦い前に徳川家康の家臣となり、江戸時代に大名となったお方を指します。

生まれは家康と同じく三河国(愛知県)。
天正4年(1576年)に誕生しました。

徳川家康の32歳下で、氏鉄さんのタメ歳には薩摩藩初代藩主の島津忠恒(改名して「家久」・悪い方の家久と呼ばれることも笑)などがいます。

島津忠恒の嫁イビリは星5つ「謀殺大好き♪ 蹴鞠大好き♪ でも嫁は嫌い」

九 ...

続きを見る

「あと10年早ければ天下を狙えた……」
なんて売り文句の伊達政宗でさえ永禄10年(1567年)生まれですから、氏鉄さんは織田信長豊臣秀吉・徳川家康らの次々世代ポジションになるかと思います。

氏鉄さんは、父の戸田一西(とだかずあき・お父さんの名前の読みもムズい!)が徳川家康の重臣でした。

そのため若い頃から家康の小姓に抜擢され、1603年(慶長8年)に父が死去して家督を継ぐまで、家康の側近くに仕えていたようで、面白い【証拠】が残っています。

 

関ヶ原合戦図屏風に描かれた氏鉄像は???

江戸時代後期に描かれた『関ヶ原合戦図屏風』です。

関ケ原合戦図屏風/wikipediaより引用

関ヶ原の戦いを語る時に欠かせないこの屏風。
実は氏鉄さんも描かれています。

しかも、場所は家康の本陣!

屏風の右下になるのですが……以下に拡大版を置いてみますね。

関ヶ原合戦図屏風の戸田氏鉄さん/wikipediaより引用

ほら!氏鉄さんがいるじゃないですか!
緑の◯で囲まれている人物です。
しかも、その隣には「明智光秀と同一人物!?」なんて説もある怪僧・南光坊天海までいるんですからスゴい!

この時、数え歳で25歳だった氏鉄さんは、まさに家康の超側近だったことが窺えます……と言いたいところですが、実はこの屏風、氏鉄さんの死後100〜200年以上も経過してから描かれておりました。

どうやら後に藩祖となった氏鉄さんの活躍をアピールするため、大垣藩関係の方がオーダーした作品とも言われています。

ただ、これは単純な捏造とかではなく、氏鉄さんが江戸時代も大垣の人々に愛されていたことを示すものなのではないかと思うわけです。

 

尼崎城築城の腕を見込まれ高虎と共に

その大垣に、氏鉄さんが移るのはもう少し後のお話。

大坂の陣」では居城の膳所城(滋賀県大津市・家康の天下普請によって築かれた重要な城)を守備していた氏鉄さんは、元和3年(1617年)に尼崎藩5万石の藩主となりました。
2代将軍・徳川秀忠の時代です。

尼崎というと、今年3月29日に外観を復元した天守がグランドオープンしたことで話題になった尼崎城があります。
ちなみに天守は、旧・ミドリ電化(現在はエディオン傘下)の創業者・安保詮さんが、創業地への恩返しとしてポケットマネーを10億円以上かけたことでも注目を浴びました。

この尼崎城を築城した人物というのが、氏鉄さんです!

尼崎城

大阪の西を守る重要拠点として、氏鉄さんが丹精を込めて建てた尼崎城。
その名城ぶりが話題となっていたのか、元和5年(1619年)には時の将軍の徳川秀忠が視察に訪れています。

そして、築城センスを認められた氏鉄さんは、翌年から10年に及ぶ大坂城改築工事の普請総奉行に指名されているのです。

なお、総責任者は“築城名人”として後世まで語り継がれる藤堂高虎ですので、その下で責任者だった氏鉄さんの力量も素晴らしいものだったことがご理解いただけるでしょう。

藤堂高虎「7度主君を変えねば武士とは言えぬ!」戦国転職王の生涯とは?

武 ...

続きを見る

 

治水事業で地元住民リスペクト

さて、そんな氏鉄さんが、尼崎において現代まで語り継がれている功績といえば城……ではなく河川工事です。

尼崎は当時、湿地帯が広がっており、神崎川の洪水に度々悩まされていました。
そこで氏鉄さんは、神崎川の支流を広げる大工事を行って流れを改善し、洪水の被害を少なくしたといいます。

尼崎の人々は氏鉄さんに感謝し、その支流を氏鉄さんの通称「左門」に因んで「左門殿川」と呼び始め、現在に至っています。
また、左門殿川には、同じく氏鉄さんに因んだ「左門橋」という名の橋も架けられています。

アンケートは実施していないので何とも言えませんが、尼崎市民ならきっと知っているに違いない!

 

大垣でも得意の築城&治水技術を活かす

尼崎藩での実績を評価された氏鉄さんは、寛永12年(1635年)に大垣藩10万石に大出世。
3代将軍の徳川家光の時代です。

大垣は名産に「水まんじゅう」があるなど水が豊かである一方、大小様々なサイズの河川が入り組み、尼崎と同じく水害に悩まされる地域でもありました。

氏鉄さんは尼崎で培った河川工事技術を活かし、水門を新たに設けるなど、大垣の領民を水害から救いました。
また、慶安2年(1649年)には居城の大垣城を、明治時代の廃城まで200年以上続く姿へ大リフォームしています。

大垣城・東門。かつてお城の西南口を守っていた柳口門を移築したもの

話は前後しますが、大垣藩に移って2年後の寛永14年(1647年)、62歳の氏鉄さんは、あの「島原の乱(島原・天草一揆)」にも参戦しています。

実戦経験が少ないメンバーが多かった幕府軍の中で貴重な戦力だった氏鉄さんは副将的なポジションに指名され、松平信綱(“知恵伊豆”と称された幕府の重臣)と共に鎮圧に大貢献しています。

島原の乱を鎮圧した知恵伊豆がエグい! 板倉重昌は悲しい自爆【最後の戦国】

日 ...

続きを見る

 

4代将軍家綱生誕時に「へその緒」を切った

家康時代に小姓。
秀忠時代に大坂城築城の総奉行。
家光時代に島原の乱を鎮圧。

江戸幕府にとって無くてはならない存在となっていた氏鉄さん。
寛永18年(1641年)には、後に4代将軍となる徳川家綱が誕生した際、なんと、へその緒を切るという大任を務めています。

その家綱が慶安4年(1651年)、将軍に就任したのを見届けると、氏鉄さんは同年に隠居し、明暦元年(1655年)に80歳でお亡くなりになっています。
平均寿命が50歳くらい?という時代の80歳ですから大往生ですね。

その後、大垣藩は氏鉄さんの善政もあって幕末まで戸田家が藩主を務めました。

明治時代になると、大垣城は廃城となったものの天守などは残され、昭和11年(1936年)、国宝に指定されています。

昭和20年(1945年)の空襲で焼失してしまったものの、大垣の人々の熱意により、昭和34年(1959年)に復元され、平成29年(2017年)には「続日本100名城」にも選ばれています。

大垣藩の歴代藩主を祀る「常葉神社」。 主神は氏鉄さんと父の戸田一西!

氏鉄さんのカッコいい銅像が建つ大垣公園の北には、氏鉄さんを祭神とした「神社」も建立されています。

同地を歴史巡りの際には併せてどうぞ!

実際に僕が大垣城を探訪した動画が以下にアップされております。
よろしければご覧ください!

 

全国にはまだまだ知られざる名将たちがいます。
次回もがんばりますので、ご期待くださいませ!

文:れきしクン(長谷川ヨシテル)

◆れきしクンって?

元お笑い芸人。解散後は歴史タレント・作家として数々の番組やイベントで活躍している。
作家名は長谷川ヨシテルとして柏書房やベストセラーズから書籍を販売中。

【著書一覧】
『あの方を斬ったの…それがしです』(→amazon link
『ポンコツ武将列伝』(→amazon link
『ヘッポコ征夷大将軍』(→amazon link

◆Youtubeも絶賛放映中「それいけ!れきしクンTV」

 



-徳川家, れきしクン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.