亀姫

絵・小久ヒロ

徳川家

母は殺され兄は自害~家康の長女・亀姫はメンタル不安定な毒姫か?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
亀姫
をクリックお願いします。

 

娘の嫁ぎ先を改易させた憎き相手

それは亀姫の娘の嫁ぎ先である大久保家を改易させた憎き相手だったからです。

そんな経緯があったのに、なぜ幕府もこのような危険な配置を進めたのか……。

しかも、です。

正純は宇都宮10万石から15万石への加増となったため、とにかく亀姫さんの心中はとても穏やかではいられません。

そこで引っ越しの際に

・障子、襖、畳を剥がし、庭木まで掘り起こし一切合切持って行こうとした

なんだかせこい復讐ですが、このときのルールで私物以外は持ってはなりませんでした。

実際、本多家から文句を言われて、返す羽目にもなっております。

情けくてチョット可愛いかも。

 

「将軍暗殺」という、しょーもないチクリを……

ともかく正純憎しの思いは募るばかり――。

そんな彼女にチャンスが到来したのは1622年のことでした。

家康の七回忌に日光東照宮を参拝した徳川秀忠が宇都宮城に1泊する予定があったのです。

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

亀姫にとって秀忠は異母弟にあたります。

とはいえ相手は将軍ですので、そうそう失礼は許されない。

しかし、そこで亀姫がとった行動は……。

・『正純が寝室につり天井を仕掛けて将軍暗殺を企んでますぜぃ』と事実無根のチクリ

いや、もうドコまで子供なのよ!

と呆れるばかりですが、その後、正純に移封命令がくだされたときにこれを拒んだため、なんと改易に……更には流罪でドン!

正純が失脚すると、彼女の孫・忠昌が見事、宇都宮城主に返り咲き、亀姫の念願は成就したのでありました。

亀姫のチカラがドコまで働いたかは不明であります。

兎にも角にも女の執念は怖いですね。

亀姫日本史悪ミシュラン

悪人度  ★★☆☆☆
影響力(権力)★★★☆☆
嫉妬度 ★★★★★

なお、母親・築山殿に関しての生涯は、以下の記事を併せてご覧いただければ幸いです。

本文中に出てくる関連記事

築山殿築山殿(瀬名姫)
築山殿/瀬名姫(家康の正室)は重たい女?最後の手紙と殺された理由

続きを見る

松平信康
松平信康(家康の長男)はなぜ自害へ追い込まれた?謎多き諸説を考察

続きを見る

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

鳥居強右衛門
徳川の足軽・鳥居強右衛門が長篠城を救った! 武田軍に磔とされながら

続きを見る

本多正信
本多正信(家康の側近)は謀臣に非ず 敗者に優しい平凡武将が徳川を支えた

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪(→amazon』が発売中です!

【参考】
国史大辞典
奥平信昌/新城市(しんしろし)
歴史読本編集部『物語 戦国を生きた女101人 (新人物文庫)』(→amazon
亀姫_(徳川家康長女)/wikipedia
長勝院/wikipedia
奥平家昌/wikipedia
奥平信昌/wikipedia

TOPページへ

 



-徳川家
-,