絵・小久ヒロ

豊臣家

塙団右衛門直之~夜襲をかけて名前入り木札をバラ撒く度胸【戦国 夜討ちの大将】

約400年前の今頃といえば、大坂冬の陣の真っ最中です。
真田丸の戦い(12月4日)が終わって徳川方が「ぐぬぬ」な気分だった頃でもあり、他の大坂方もちゃんと働いていました。

元大名や浪人ばかりということは、皆領地や仕官先を得るために来ているわけで、そりゃあヤル気があるのも当然ですよね。

慶長十九年(1614年)12月16日に、夜襲を成功させた塙団右衛門直之もその一人です。

初めて見た方は、どこまでが名字でどこからが名前なのかよくわかりませんよね。
読み方は「ばん・だんえもん」です。

一つの名前で三回も「ん」があるって結構珍しい?

ともかくその生涯について見てみましょう。

 

加藤家に仕えていた塙団右衛門

彼は元の身分がそう高くなく、尾張の葉栗出身とも言われますが(あるいは遠江とも)、若い頃の記録がはっきり残っていません。

そのため生年も不祥。
一説には真田幸村と同じ永禄十年(1567年)の生まれとも言われています。

真田幸村(真田信繁)45年の生涯!史実はどんな武将だった?【戦国真田三代記】

戦 ...

続きを見る

ホントこの年濃い人ばっかり生まれてますね。
もしこの時代に小学校があったとしたら、担任の先生は間違いなく胃に穴を開けていたことでしょう。

足跡がはっきりしてくるのは、賤ヶ岳の七本槍の一人である加藤嘉明に仕えてからのことです。

いつ家臣となったのか。
ここでも詳細は不明ながら、もともとは織田信長に仕え、後に加藤家に召し抱えられました。

得意の鉄砲を活かして鉄砲大将にのぼりつめ、知行は千石、小田原征伐の後から朝鮮の役までに活躍し、渡海後も武功を挙げたといわれています。

少人数での攻め方が得意だったようで、たった八人で敵の船を三艘も奪うという離れ業をやってのけたとか。

 

勝成や又兵衛と同じく「再雇用禁止令」を出され

しかし、頭が柔らかすぎたのか。
関が原の戦いで嘉明の命令を無視して、単独で槍を片手に敵陣へ突進し、主君のお咎めを受けてしまいます。

これに逆ギレした団右衛門は、売り言葉に買い言葉といった様子で加藤家を出て行ってしまいました。当然のことながら嘉明も面白くなく、各大名に対して「団右衛門が来ても雇うなよ!」という連絡をして再仕官を妨害します。

これは「奉公構」(ほうこうがまい)と言います。

いかにも心が狭いように見えますが、無礼な振る舞い等をして問題あるとみなされた家臣に対する主君の権利として認められていました。江戸時代には法律ではっきり定められています。

戦国時代ですと、他には水野勝成後藤基次後藤又兵衛)などが有名ですね。

後藤又兵衛基次56年の生涯をスッキリ解説!なぜ官兵衛子飼いの猛将は大坂に散った?

2 ...

続きを見る

しかし、元の主人よりも次の主人の身分が高いと、これを無視して召抱えることもままあったようです。
他ならぬ団右衛門も、小早川秀秋松平忠吉(家康の四男)などには仕える事ができました。

それが二人とも早く亡くなってしまい、次に福島正則のもとでお世話になっていると、いよいよ加藤嘉明が直に抗議したため、やめざるを得なくなってしまいます。

ここまでくると団右衛門も「もう働くの無理じゃね?(´・ω・`)」と考え始め、一度は京都の妙心寺で出家したこともありました。

「鉄牛」と号して托鉢に回ると、京都の住民たちが喜んで寄付したと言います。
戦国武将としての人気が広まっていたんですね。しかし……。

 

少ないほうが目立てそうと豊臣家選ぶ

1614年、冬。
徳川家豊臣家の間で戦になりそうだ――そんな話を聞きつけた晚。

団右衛門は「それならば!」と参戦を決意します。

ここで面白いのが、豊臣家についた理由でしょう。
どちらに大義があるかどうかといった道義的な話ではなく、「大坂方のほうが味方が少ないから、功が目立つし褒美も弾んでもらえるだろう。もしかしたら大名にもなれるかも」という完全に実利的なものでした。

上記の通り彼は豊臣(方)にも徳川にも仕えたことがありますので、他にもっともらしい理由があってもよさそうなものなんですけどね。

この辺はいかにも戦国の武士らしいといえます。
もし出会えていたら、藤堂高虎あたりと気が合ったかもしれません。まぁ、高虎も豊臣秀長の死まで従っているので、実は忠義に溢れた人とも言えるのですが。

藤堂高虎「7度主君を変えねば武士とは言えぬ!」戦国転職王の生涯とは?

武 ...

続きを見る

ともかく大坂城に入った団右衛門は、やる気は充分でもやはり身分が低いため、重臣大野治長の弟・大野治房の隊に組み入れられます。

当初は一兵士として大人しくしていました。
が、10日を過ぎて徳川方がトンネルを掘ったり大砲をぶっ放しはじめると、当然のことながら和議の話が出てきます。

「やべえこのままだと俺が活躍する前に戦が終わる!」

焦った彼は、きちんと許可を取った上で夜襲の計画を立て、実行へ移します。

 

「夜討ちの大将」の木札でブランディング

団右衛門は、20人ほどの小勢で蜂須賀至鎮(蜂須賀小六の孫)の隊を襲撃しました。

そこで重臣・中村右近を討ち取るという成果を挙げます。
新参者ゆえに預けられた兵が少なかったことを考えれば、満点といってもいいほどの戦果でしょう。

その際、宣伝を狙ってか。

【夜討ちの大将・塙団右衛門直之】
と書いた木札をばら撒かせたとか。

強烈な自己アピールは、人によっては眉をひそめそうですが、なんとも華やかな戦国武将らしいとも言える気がします。
そもそも戦国武将は兜や旗で己の生き様をアピールすしてこそ、ですもんね。

そして彼はこの功を買われ、翌年(1615年)の大坂夏の陣で大将に抜擢されます。

さぞかしノリノリであろう――という印象もありますが、夏の陣が始まる前に旧友へ宛てた手紙の中で「定めなき世の中ゆえにもう会えないかもしれないし、会えるかもしれない」と記しております。
さりげない無常観が出ていて、単なる目立ちたがり屋でないことは窺えますね。

そしてその最期は、木札のエピソードに通ずるような、関ヶ原の戦いでの一騎駆のような、団右衛門らしいものでした。

 

抜け駆けされたと知ってブチ切れ!

1615年の大坂夏の陣――。
その前年(1614年)の大坂冬の陣により、大坂城は堀を埋められた裸状態となっており、籠城には耐え難い仕様となっておりました。

大坂方の武将たちは、必然的に城を出て戦うしかありません。

4月28日、大野治房12,000の軍の一角を形成していた団右衛門は、3千の兵を引き連れ南へと進んでおりました。和歌山からやってくる浅野長晟(ながあきら)の軍と迎え撃つためです。

浅野長晟の浅野家は、豊臣政権の中でも特に秀吉に目をかけられた家です。
長晟の父・浅野長政は、五奉行の中でも筆頭の武将として知られていました。

それが関ヶ原の戦い以降は徳川方に付いており、大坂の陣においても、豊臣秀頼からの再三にわたる支援要請を断っていたため、大坂方からは特に睨まれていた存在です。

言うなれば“見せ場”十分の場面。
団右衛門は、大野治房軍の先鋒として武名をあげようと意気込んでいました。しかし……。

岡部則綱(岡部大学)が抜け駆けしたとの情報が入ってきます。

これにブチ切れてしまった団右衛門。
あろうことか馬に鞭打ち、一騎駆してしまうのです。

対する浅野長晟軍は5,000からの兵を引き連れた大軍です。
その中に単騎駆で突入すればどうなるか?

火を見るより明らかな結果は、和泉樫井村あたりで起きました。敵陣に突入した団右衛門は、弓で射抜かれ、槍で刺され、あっけなく討ち取られてしまったのです。

なお、抜け駆けしていたはずの岡部則綱は、

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『大坂の陣・人物列伝「塙直之・長宗我部盛親」』(→amazon
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
塙直之/wikipedia

 



-豊臣家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.