黒田官兵衛(左)と竹中半兵衛(右)/wikipediaより引用

信長公記 豊臣家

両兵衛(官兵衛と半兵衛)が謀将・直家と対決! あの鹿介も……信長公記155話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
両兵衛(官兵衛と半兵衛)
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

尼子再興の悲願を抱いた鹿介が

豊臣日秀吉は上月城へ。

客将として秀吉軍に加わっていた山中幸盛山中鹿介)を入れました。

この鹿介は、戦国ファンにとって非常に著名な武将であり、

「毛利氏に滅ぼされていた尼子氏の旧臣で、お家再興のために奔走していた」

として知られます。

鹿介からすれば、秀吉や織田家は”敵の敵なので味方”という状況だったのですね。

山中鹿介(山中幸盛)は戦国一の忠義者! 七難八苦に立ち向かった生涯とは

続きを見る

こうして秀吉は福岡野の城でも250人ほどを討ち取り、見事に播磨を傘下に収めました。

信長は12月3日に京都から安土に帰還したとあるので、この報告を京都で聞いたと思われます。

この年の夏、能登七尾城救援の途中で秀吉は勝手に引き上げるという失態を犯していましたが、この働きで帳消し同然になりました。

手取川の戦い(織田vs上杉)で勝家が謙信にボコられる! 秀吉は一人で撤退

続きを見る

次回、少しだけこの件に関する信長の感情がうかがえます。

あわせて読みたい関連記事

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

竹中半兵衛36年の生涯まとめ~官兵衛と並び称される天才軍師の実像とは?

続きを見る

宇喜多直家(戦国の謀殺王)は本当に謀将か?没落の身から息子は五大老へ

続きを見る

山中鹿介(山中幸盛)は戦国一の忠義者! 七難八苦に立ち向かった生涯とは

続きを見る

手取川の戦い(織田vs上杉)で勝家が謙信にボコられる! 秀吉は一人で撤退

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

秀吉の毛利攻略スタート! 久秀討伐の信忠は三位中将に~信長公記152・153話

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 豊臣家

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)