馬と戦国武将

合戦・軍事

名馬マニアな信長は100頭以上を所持~戦国武将と馬の関係とは?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国武将と馬
をクリックお願いします。

 

御馬揃えは自慢のイベント

そんな名馬コレクター信長にとって、御馬揃えはコレクションを自慢する晴れの舞台でもありました。

このとき、信長の愛馬六頭が披露されています。

・鬼葦毛
・小鹿毛
・大葦毛
・遠江鹿毛
・小雲雀
・河原毛

誰もが驚くほどの名馬は、遠くは奥羽から集めた名馬です。

観客が驚きの声を上げる様子を、信長は満足げに眺めたことでしょう。馬具も美しく素晴らしい古今の名物であり、見る者を驚かせたそうです。

現代風に言えば、高級スポーツカーを、著名なチューンナップ会社で特別仕様に仕上げたカスタムカーみたいなものでしょうか。

集めるのが好き、乗るのも大好き、馬揃えや競馬も大好き、信長さん。

そんな彼が普段から馬で野山を駆け回っていたからこそ、『戦場の高低差を意識して勝利に持ち込めたのではないか?』という「桶狭間の戦い」記事は以下の記事をご覧ください。

桶狭間の戦い
桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

 

戦国時代の馬は、本当にポニーサイズ?

大河ドラマ等では、サラブレッドのように見目麗しき馬に乗って騎馬武者が突撃してゆく場面が見られます。

ここでよく言われるのが、「そうはいっても戦国時代の馬はポニーみたいなものでしょ?」という話です。

確かに当時は小型の馬ではありました。

宣教師は「西洋の馬と比べて見栄えが悪い」と記録しています。

ただしこれは戦国時代の馬に限った証言ではなく、フン族やモンゴル人の馬も、ヨーロッパ人からすると「醜い」と記録されています。

西洋人からすると、馬具の形状が見慣れないもので、たてがみの整え方が異なるため、「なんだか変で醜い馬だ……」と思ってしまった可能性もあるでしょう。

醜い=小さいとは言い切れないわけです。

ちなみに現在の規定ではポニーとは体高147センチ以下のものをさします。

戦国時代の記録では、この規定ではかるとポニーではない馬もいたことになります。

武田信虎の愛馬「鬼鹿毛」 147.8センチ

◆伊達輝宗が織田信長に贈った馬 154センチ

最上義光徳川家康に贈った「大河原毛」 155センチ

たしかにヨーロッパや中東原産の馬よりは小型ですが、ポニーと一括りにはできないでしょう。

更には、小型だから必ずしも力が劣っているわけでもなく、前述したフン族やモンゴル人は、小型の馬でヨーロッパ大陸を荒らし回りました。

在来種の木曽馬が甲冑武士を乗せた状態のまま凄まじい速度で走り去る動画がツイッターでも話題になっておりました。

ヨーロッパ人から見て日本の馬は、確かに「醜い馬」「小さい馬」だったのかもしれません。

しかし、勇猛果敢で、武士たちを乗せて立派に戦ったことは確か。

その歴史を考えれば、日本刀のように、突如、ゲームなどでブームがやってきてもフシギではないでしょう。

KOEIから発売の『駿馬乱舞』――。

マジでありかもしれませんね(と思ったら『ウマ娘』が先に出てしまいましたね……)。

あわせて読みたい関連記事

馬から見る三英傑(信長・秀吉・家康)の個性~最も重視したのは家康か

続きを見る

武士は「馬に乗った縄文人」だった?文春新書『馬が動かした日本史』

続きを見る

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

近衛前久
信長や謙信と親交深かった近衛前久~本能寺後に詠んだ南無阿弥陀仏

続きを見る

柴田勝家
当初は信長と敵対していた柴田勝家~秀吉に敗れるまでの生涯62年

続きを見る

明智光秀
史実の明智光秀とは?麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

前田利家
信長に追放されたこともある武闘派・前田利家~槍の又左62年の生涯

続きを見る

文:小檜山青

【参考】
馬の博物館『平成28年度秋の特別展 信長の馬・秀吉の馬』
ほか

TOPページへ

 



-合戦・軍事

×