歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ

誰よりも派手が大好き天下人 豊富秀吉が地味~な猿楽にハマっていた!? 【戦国Boogie-woogie Vol.61】

更新日:

黄金の茶室をはじめ、豪華絢爛な大阪城に聚楽第。
成金趣味と揶揄されがちな豊臣秀吉であるが、自ら演じ、作品を作るほどのめり込んでいた地味な伝統芸能があるのをご存知だろうか?
猿楽(能楽)である。
能楽とは、明治維新後に猿楽から読み方が変わったものであり、能や狂言を含む伝統芸能の総称。
起源は平安末期鎌倉時代とされており、室町時代には観阿弥世阿弥が大成させ、その後も寺社や武士の保護を受けたりするなどして連綿と受け継がれてきた。
みなさんも、NHKなどで放映されている姿をチラリと眺めたことがおありだろう。
あの一見地味な舞台に、派手好きで知られる関白太閤が熱中し、自ら演じていたというが、一体、どのようにしてハマッていったのか。
そこには京都の信長配下たちが影響していた!?

 

京都所司代にして本能寺も整備した村井貞勝

20150425アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆古くから信長に仕えた譜代の家臣・村井貞勝さん。
もともと信長の政治補佐のようなポジションで、京都に入ってからは活躍の場がさらに増え、本能寺の改築だけでなく、二条城の造営や御所の修理などにも携わっておりました。
そして京都所司代にも任命されております。本能寺の変のときには、織田信忠ともからむ重要なポジションでありますが、それはまた後の回で…。

 

スポンサーリンク

京都の高級官吏といえば松井友閑も忘れちゃいけない

20150425アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆村井貞勝とセットで語られるのが松井友閑さんでしょう。
共に織田家中でも有能な高級官吏であり、茶道にも長け、豪商たちとも親交があったことで知られております。
この松井さんも本能寺の変では堺の町衆たちに事件を知らせるという重要な役割を担っておりまして。なんだか続々と材料が・・・。

 

眺めていればそのうちわかるさ

20150425アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆村井貞勝、松井友閑と清水寺へ出向いた秀吉は、後に能(猿楽)にドハマりしていきます!
それは自ら稽古をして舞を披露をするほどで、かなり本格的だったとか(上手いかどうかは別として)。
能が現代まで残っているのも秀吉さんの功績を抜きには語れません

 

スポンサーリンク

「太閤記」ならぬ「太閤能」まで……

20150425アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆自らをアピールするのに必死だった秀吉さんは「太閤能」なるものまで作ったそうで。
ここまで来ると逆に微笑ましいですよね。事業で成功したオジサンが、金に物を言わせて自分のバンドのCDを発売する、みたいな。
なお、このころ、金春(こんぱる)・観世(かんぜ)・宝生(ほうしょう)・金剛(こんごう)の大和四座が秀吉さんに庇護され、お給料ももらっていたとのこと。
秀吉さん、超ガチですw

 

漫画・アニィたかはし




スポンサーリンク


戦国ブギウギの新刊です!



-まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.