まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ114話 ついに小田原陥落で北条五代が夢のあと

難攻不落の小田原城――。

かつて武田信玄や上杉謙信の侵攻も食い止めたこの城は、北条家の礎として全国にその名を知られ、特に秀吉との決戦がきまってから築かれた全長9kmにも及ぶ「総構え」は噂に違わぬ鉄壁の防備として西国の武将たちを慄かせた。

しかし……。

後詰(他勢力からの救援)のない籠城など、ただの犬死。

そう解釈されるように、単に小田原に籠っているだけでは勝ち目など見えない。

むろん北条とて、小田原に至る手前の城に兵を配置し、伊達や徳川の助力に一縷の望みを託すなどして、秀吉軍を待ち構えていたが、やはり多勢に無勢。

刻一刻と、その瞬間は訪れようとしていた。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

名人の最期

◆箱根にある山中城は、小田原城の支城ネットワークの重要拠点であり、東海道の押さえとして北条氏康が建てたものです。

小田原征伐では激戦が行われたところの一つ。

豊臣としてもここで万が一にもコケるわけにもいかず、一翼を任せられたのが戦上手として知られる堀秀政さんでした。

堀秀政さんの死因は、現在のところナゾとされておりまして。

小田原征伐中に病死したという説も有力ですが、織田信長の側近として戦場を駆け巡った、THE・戦国武将!な御方ですので最期は戦場で……と心情的には考えたくなりますね。

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

堀秀政
信長に寵愛され秀吉に信頼された堀秀政~名人久太郎38年の武将人生

続きを見る

 

支城陥落

◆小田原征伐のとき、北条家の当主は五代目・北条氏直でした。

しかし、実権を握っていたのが隠居の北条氏政とされ、何かとマイナスエピソードの残る御方ですよね。

北条氏政
北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗した?その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏直
北条氏直が氏政の跡を継ぎ秀吉に滅ぼされるまでの生涯30年【戦国北条五代記】

続きを見る

特にわかりやすいのが、長い会議で何も決まらんという「小田原評定」でしょうか。

実際のところは、関東一円に精力を轟かせていた北条家を取り仕切っていたので、凡夫だったワケではないんですよね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが戦国ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)