歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが日本史ブギウギ

【斬新日本史マンガ】伴善男と源信 二人の権力争いから始まるフシギな事件!

更新日:

臣下として初の摂政になる藤原良房

その手腕は後の藤原道長などにも伝えられ、藤原氏の礎を作った人と言っても過言ではありません。

むろん、かなり際どいコトも怪しまれておりまして。
最たる例が「応天門の変」です。

真犯人が未だハッキリしない、何かとザワザワする事件。
その解決後の勢力図を見ると、どうしたって「良房の一人勝ちやん!」となるような流れであるワケですが……。

さて、事件はどのように推移していったのか?

日本史ブギウギ、第42話、スタート!

 

大納言

◆源信(みなもとのまこと)は、嵯峨天皇から臣籍降下して源氏姓を名乗っていた一族です。

このころ伴善男(とものよしお)は、にわかに政治力をつけ始めていて、ライバルとも言える存在でした。

しかし、です。いくら伴家が名門とはいえ、このころの最大勢力の一つ・藤原良房さんもいるわけで……。

 

スポンサーリンク

応天門炎上

◆事件は早朝、突然始まりました。

平安京の大内裏(皇居)の中にある応天門が突然燃え始めたのです。

ここは天皇が朝政(早朝のオシゴト)をする非常に重要なところ。
何が何でも犯人をあぶり出して、危険分子は排除しておかなければなりません。

そこで、ここぞとばかりに、先に動いたのが伴善男でした……。

 

引導

◆伴善男にノセられ、兵を動かした藤原良相はここで失態。

良相は藤原基経と、FUJIWARAの頭領争いをしていたのでしたが、これを機に没落して参ります。

藤原氏とはいえ、怖いですね。権力争いに負けた者の悲しさよ。

 

スポンサーリンク

吉祥丸の迷推理

◆真犯人は未だ謎とされている応天門の炎上事件。

天才・菅原道真さんの推理で出てきた大宅鷹取は、後に「◯◯が犯人だ」として、一気に情勢は傾いて参ります……。

ちなみに菅原道真さんは、幼名を阿呼(あこ) から 吉祥丸(きっしょうまる)へと改名した経緯がありまして。

 

【知っとくと平安時代が面白くなる! 貴族の王者・藤原四家】
・藤原武智麻呂→藤原南家 ※藤原仲麻呂(恵美押勝)
・藤原房前→藤原北家 ※藤原冬嗣・藤原良房・藤原時平藤原道長
・藤原宇合→藤原式家 ※藤原百川・藤原種継・藤原薬子
・藤原麻呂→藤原京家 ※マイナー・藤原浜成

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし




スポンサーリンク


武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 



-まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.