日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

本郷和人歴史キュレーション

【本郷和人歴史ニュースキュレーション】天災、いたずら、盗難、売却…日本の文化財が危ない!

更新日:

日本中世史の本郷和人・東大史料編纂所教授が歴史のニュースをぶった切る「歴史ニュースキュレーション」です!

今回は、大河ドラマの主人公にもなった春日局のお墓などについて、突っ込みます。

【登場人物】

本郷くん1
本郷和人 歴史好きなAKB48評論家(らしい) (イラスト・富永商太)
 himesama姫さまくらたに
突っ込み姫 大学教授なみの歴史知識を持つ歴女。中の人は中世研究者(らしい) (イラスト・くらたにゆきこ)

 

春日局などの稲葉氏の墓域が倒木で損傷

小田原市文化財課は23日、市の文化財(史跡)に指定されている「稲葉一族の墓所」(同市入生田)が倒木で破損したと発表した。

墓所には江戸時代に小田原藩主だった稲葉正則のほか、3代将軍家光の乳母だった春日局ら8基の墓や供養塔(五輪塔)が建てられている。正面右手の斜面から幹回り3ー4メートルのスダジイが根本から倒れた。(毎日新聞7月25日)

 

本郷「 あらら。それはたいへんだ」
「春日局って、徳川家光の乳母で、大奥を作った女傑でしょう。明智光秀の重臣、斎藤利三の娘よね。稲葉氏とはどういう関係なの?」

本郷「彼女は実父の利三が処刑されたあと、母方の美濃・稲葉家の養女になったんだ。やがて、やはり稲葉家の養子になっていた稲葉正成に嫁いだ。で、二人の間にできた正勝が、お母さんの権勢のおかげもあって、老中に出世し、小田原藩主になっている」
姫「江戸時代の幕府政治には、稲葉氏が良く出てくるわよね。春日局の子孫ということで重んじられたのね。小田原城主として明治までずっと続くの?」

本郷「いや、小田原にいたのは正勝-正則-正往の三代だね。石高は10万石くらい」
「うーんとね、東大のそばで春日局のお墓を見たような気がしたんだけど・・・」

本郷「文京区湯島にある麟祥院だね。春日局の菩提寺だ。だから小田原の墓域に建てられているのは供養塔でしょう、きっと」

スポンサーリンク

松本城に「ともこ」と落書きと本郷少年が書いた言葉とは!?

 長野県松本市の国宝松本城の天守で5月上旬、「ともこ」と人名を刻んだ落書きが見つかっていたことが23日、分かった。松本城管理事務所によると、修復が必要な落書きが確認されたのは「ここ10年、20年の単位で記録にない」(土屋彰司所長)という。管理事務所は文化庁への届け出を済ませ、23日夜に修繕作業を終えた。

落書きは5月7日朝、管理事務所職員が発見した。天守1階南側の廊下「武者走り」のしっくいの壁に縦3センチ、横5センチの範囲で鋭利な物で彫られ、黒ずんだ壁がそこだけ白くなっていたという。この廊下は、見学通路の一部。管理事務所は文化庁に届けを出し、今月中旬に修復作業を始めた。削られた部分にしっくいの下地材を塗り込み、23日夜に表面の処理を終えた。

管理事務所は、柱や壁にペンで書いた落書きが多く見つかったことから、2010年に各階の見学通路などに監視カメラを設置していた。天守1階にも設けていたが、今回の落書きが見つかった場所は死角になっていたという。

土屋所長は「マナーのない落書きに対して憤りを覚える。基本的な良識に従って、文化財を大切にしてほしい」と話している。(信濃毎日新聞7月24日

本郷「いかんねえ。ともこくん」
「でもねえ、まだ子どもだから。だいたい、修学旅行とかで、じゃあ取りあえず文化財を見に行こう、っていうのは考えものよ」

本郷「え? そりゃまた、どうして?」
「若いうちは文化財の貴重さなんて実感できないもの。京都や奈良がしみじみ良いなあ、って思えるのは、大人になってからでしょう? それに、友人といたら、へんに調子に乗ることだってあるじゃない」

本郷「ぼくは小4の時から、お寺巡りが大好きだったけどなあ・・・」
「あなたなんか例にしないで! それに私、知っているわよ。そんなあなたですら、高1の時に、諏訪の偉大な考古学者・藤森栄一先生関連の展示室のノートに「おれは先生を超えるぞ-」と大書してひんしゅくを買ってたじゃない! この中2病!」

本郷「げ。なんで知ってるの?」

スポンサーリンク

清盛ででた宋銭がぎっしり 400万円 いったいなんのため?

 京都市下京区の四条河原町近くの開発予定地で、室町時代後期の地層から、備前焼のつぼに入った古銭約4万枚が出土し、民間の発掘調査会社「イビソク」(岐阜県大垣市)が8日、発表した。つぼに入ったままで見つかるのは珍しく、収納状況が観察できる貴重な資料だ。

つぼは高さ66センチ、幅が最大53センチ。古銭はひもが通され、つぼにぎっしり詰まった状態だった。

約800枚を調べたところ、古くは中国・唐代の「開元かいげん通宝」から、新しいものは明代の「宣徳せんとく通宝」まで40種類以上を確認。大半は宋銭だった。現在の価値では400万円程度という。

出土銭に詳しい堺市文化財課の嶋谷和彦学芸員は「高額の取引に備えて蓄えたのではないか。京都で流通していた貨幣を調べる手がかりになる」としている。(読売新聞7月9日=リンクきれ)

「4万枚ねえ。すごいわね」
本郷「4万文、ということは、1000文が1貫だから、40貫かな」

「1貫がざっくり10万円くらいだから、400万円くらいね」
本郷「北海道でも大量の銭が発見されていたよね」

「函館の志苔館ね。37万枚」
本郷「そりゃあ、すごい」
「大量の銭を地中に埋めるのは、呪術的な意味合いがあるんだ、という学説もあるのよ」

国宝1点含む109点の国宝・重文が所在不明 33点は盗難 残りは……

 国指定文化財(美術工芸品)の現状を把握するため、文化庁において平成 25 年 11 月 29日付で各都道府県教育委員会教育長宛に依頼した全件(10,524 件)の所在確認調査について、所在が確認できた件数は「10,177 件」でした。
また、現時点で所在不明となっている文化財の件数は「109 件」あり、さらに確認すべきものや調査が終了していないものなどについて、引き続き調査を行う必要があるものが「238 件」あることから、文化庁として、追加確認調査を行うなど、引き続き調査を行うとともに、現時点で所在不明となっているものの追跡や再発防止策など、必要な対策の検討を進め、可能なものから実施していきます。(文化庁

本郷「うわあ。これはたいへんだ」
「どうしたの、渋い顔して」

本郷
「あんまり大きな声では言えないけれど、所有者がこっそり売っちゃう場合があるんだよ」
「そんなことしたら、国から怒られるじゃない。それに、そういうこと言うと、文化財を一生懸命お守りしている方に、失礼よ」
本郷「そういう方には心から敬意を表するけれども、一部に困った人がいるのは事実なんだよ、残念ながら。だって、泥棒に盗られました、火事で燃えちゃいました、と言えば、それ以上は国は何も言えないんだから」
「えええー?」

本郷「こんな例があった。あるお寺で古文書を絶対に見せてくれない。ものすごくガードが堅い。やっと檀家の代表に事情を聞くことができた。その方が言うには、おっかないお兄さんたちが絡んで、すでにブラックマーケットに流れた、というんだ。それ以上のことは命が惜しいので絶対にしゃべれない、って」
「本当・・・!?」

本郷「こんな事例もある。やっぱり古文書を絶対に見せてくれないところがあってね。ウチはお断り、の一点張り。そんな状態が二十五年くらい続いたのかなあ。あるとき突然、泥棒に盗られました、と発表があった。それがさあ、ものずごく古文書の価値の分かる泥棒でさ。大量にある古文書の中から、歴史的に価値のあるものだけ数点を選び出して、盗んでいったんだって」
「うーん・・・」
本郷「ともかく、この問題は早急に何とかしないと。日本の古美術に注目している人は、なにしろ世界中にいるんだからね」

スポンサーリンク

つづきはこちら(9月)





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-本郷和人歴史キュレーション

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.