歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ジョン万次郎/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

ジョン万次郎72年の生涯をスッキリ解説! 14才で漂流→無人島→アメリカ10年→帰国→幕末で重宝

更新日:

天保12年(1841年)。

それは黒船が浦賀に姿を見せる少々前のこと。
土佐の海で漁をしていた5人の漁師が遭難し、太平洋にポツンと浮かぶ無人島「鳥島」に流れ着きました。

現在の都庁から582kmという、途方もない場所(東京-大阪間で直線距離401km・車で505km)。
江戸時代ですから、それはもう絶望的な距離であることがご理解いただけるでしょう。

無人島に辿り着いた5人は、漂着から143日間。
雨水をすすり、アホウドリや魚を食べ、どうにかして命をつなぎとめておりました。

鳥島(宇喜多秀家が流された八丈島からさらに南へ/1785年、ここに流された野村長平は12年間の無人島暮らしの末に島を脱出、土佐への帰国を果たしている)

そこへやってきたのが、見たこともないような巨大な船でした。
その大きさには度肝を抜かれるばかりですが、地獄に仏、いやいやまさしく渡りに船。

5人はアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号の乗組員によって救出されます。

「日本人か。ならば国に返さなくてはな」

船長のホイットフィールドはそう判断し、まずは4人をホノルルで降ろしました。
すると、残りの一人、まだ幼い少年の万次郎が訴えかけます。

「このまま船に残りたい」
「……そうか。君が本気なら、この船の名前を与えよう。今日からジョン・マン(John Mung)だ」

米国人と日本人の心温まる友情の始まりと申しましょうか。
こうしてジョンと呼ばれるようになった漁師の少年(後のジョン万次郎・本名は中浜万次郎)は、アメリカ本土へ渡航。

そして、その後は思いもよらぬ歴史のうねりに乗って、激動の幕末に足跡を残すこととなるのです。

 

英語のハンデをものともせずクラストップの頭脳

いざアメリカに到着してからのホイットフィールドは、やっぱり親切な人物でした。
彼は万次郎を連れ帰ると、教育を受けさせたのです。

漁師の息子として生まれ、寺子屋にすら通えなかった万次郎ですが、ホイットフィールドはその聡明さを見抜いておりました。
万次郎は、マサチューセッツ州フェアヘイヴンにあるバートレット・アカデミーに通い始めます。

そしてその頭脳は、クラスでも最優秀の部類に入りました。
言葉というハンディキャップがあるにも関わらず飲み込みは早く、2年半の在学で英語だけでなく、測量術、航海術、数学、造船術等を習得。
捕鯨船に乗り込めるだけの知識を身につけるのです。

授業態度は内気で物静か。
常に温厚で、礼儀正しい少年。
ホイットフィールドも、さぞかし鼻が高かったことでしょう。

一等航海士として、捕鯨船に乗船した万次郎は、さらに様々な知識を吸収します。

「いいかい、ジョン。これが世界地図だ。そしてこれがきみの生まれた国、日本だよ」
世界地図を見せられ、万次郎は気が遠くなりました。
想像よりもずっと小さい日本。ただただ驚くばかりです。

「日本は、外国の船となったら攻撃して打ち払ってしまう。このまま鎖国を続けたいようだが……できっこないさ。ジョン、きみもそう思わないか?」
捕鯨船の仲間からそんなふうに言われると、万次郎はその通りだと思わざるを得ませんでした。

19世紀、アメリカの捕鯨船・Charles W. Morgan/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

万次郎の帰国

10年間、アメリカと捕鯨船で過ごした万次郎。
すっかりなじみ、人々の親切は身に染みましたが、そうなると今度は望郷の念が浮かんできます。

折しもカリフォルニア州では、ゴールドラッシュが始まっていた頃でした。
万次郎は捕鯨船を下り、砂金を採掘して旅費を貯めることにします。

砂金採りの様子/wikipediaより引用

鎖国中の日本へ帰国なんてしたら、命を落とすかもしれない――。

そんな覚悟を決めて、ホノルルへ渡った万次郎。
そこで再会した他の漁師仲間とともに、ホエールボート「アドベンチャー号」を買うと上海行きの船に乗船。
そして、琉球・摩文仁に上陸します。

嘉永4年(1851年)のこと。
そこに待ち受けていたのは、幸運にも薩摩藩主の島津斉彬でした。

※ホエールボートとは、捕鯨の際に鯨に接近して銛を撃ち込むために乗る小舟

 

薩摩藩での取り調べ

「蘭癖」と呼ばれるほど西洋の学問技術を好み、開国と富国強兵が必要であると理解していた斉彬。
万次郎はまさに歓迎すべき人物でした

一行は手厚い歓待を受け、アメリカで手にした知識を教えるよう依頼されました。

その期間は、47日間。
万次郎は、政治的に自分の行動がどういう意味を持つかわからないまま、身につけた知識を惜しむことなく、薩摩藩に伝えました。

島津斉彬50年の生涯をスッキリ解説! 西郷隆盛らを育てた開明派の生き様【年表付き】

その後、万次郎は薩摩藩によって長崎奉行へ送られました。
そこで踏み絵を行い、宗教的に問題が無いか調べられ、いきなり9ヶ月もの間、牢に入れられてしまいます。

時代が変わりつつあるとはいえ、当時は黒船前夜です。
鎖国を破った万次郎には、厳しい処分が待っていたわけです。

そして万次郎の身柄は、出身地である土佐藩へ送られたのでした。

 

スポンサーリンク

故郷・土佐藩で士分に取り立てられる

久々に踏んだ、故郷の地――。
そこで彼を待っていたのは、藩主の山内容堂と大目付・吉田東洋でした。

山内容堂/wikipediaより引用

薩摩藩と同じく、土佐藩でも万次郎の知識を求めていました。
彼はイキナリ「定小者(さだこもの)」という最下級の士分に取り立てられます。

思えば文政10年(1827年)、中浜村に万次郎が生まれたとき、彼は貧しい漁師の二男に過ぎませんでした。
幼い頃に父を失い、母ときょうだいで苦労してきたものでした。

それがどうでしょう。アメリカで勉学に励み、ゴールドラッシュも体験し、さらには士分にまで取り立てられたのです。
ジョン万次郎を大河ドラマの主役に!という声が絶えないのも納得のできる話ですね。
ここまででも十分にドラマチックです。

土佐の若者たちは、万次郎の話を熱心に聞きました。
その中には、後藤象二郎や岩崎弥太郎も含まれていました。

彼らは万次郎が描いた世界地図を見て、かつての彼と同じように、日本のあまりの小ささに目を丸くしたのでした。

 

黒船来航で今度は直参旗本となる

嘉永6年(1853年)、黒船が来航すると世間は騒然となります。
幕府ももはや日和見主義を貫くことができません。

万次郎は、時の老中・阿部正弘により江戸にまで呼び出されました。
そして直参に取り立てられ、「中浜」の姓を与えられたのです。

阿部もまた有能な人材であり、無下に咎を責めるようなことはなく、万次郎の才を買ったのでした。
話のできる者がいたことで幕府にとって幸か不幸か、この時点ではわかりませんが……。

いずれにせよ急ピッチで開国へと準備を進める中、英語ができ、知識豊富な彼は重用されます。

万延元年(1860年)。
万次郎は遣米使節団の一員として咸臨丸に乗り込み、恩人たちの待つアメリカに向かいます。

ハワイでは恩人のデーマン牧師と再会を果たしました。
デーマンはホイットフィールドに、彼が育て上げたジョン・マンが、祖国で立派に役割を果たしていると、手紙で伝えます。

ジョン万次郎が描いた世界地図/wikipediaより引用

そのあと、万次郎は日本と土佐藩のため、全力で働き続けました。

豊かな彼の知識は、誰にとっても喉から手が出るほど欲しいもの。
まさに引っ張りだこでした。
ただし、彼には政治的な野心はありません。
維新の中で活躍して地位を得ることよりも、ひたむきに知識を伝えることを使命としていたのです。

 

スポンサーリンク

ホイットフィールドとの再会

明治維新のあと、明治3年(1870年)。
万次郎は普仏戦争の視察のため、大山巌(西郷隆盛のイトコ)らと欧州へ派遣されました。

その途中、万次郎はアメリカ・マサチューセッツ州フェアヘイヴンにて、懐かしい人物と再会しました。
大恩人のホイットフィールドです。
彼は万次郎が祖国で立派に役割を果たしていることを、大いに喜んだのでした。

そして向かった欧州。
ロンドン滞在中、脚に潰瘍ができてしまったことを理由とし、万次郎は急遽帰国します。

自分は帰国後、この国をよくするために尽くして来た。
しかし、その結果、祖国は自分が目指した方向とは別の方に向かっているのではないか……万次郎の胸に、そんな思いがよぎりました。

確かに時代は変わったものの、明治政府は藩閥政治が行われ、腐敗も目に余るものがありました。

万次郎がアメリカで見たデモクラシーとは別の何かが、日本を覆っている――。
戦争を見学するよりも、もっと参考すべきものがあるのではないか?

そう考えたところで、万次郎は無力です。
政治的野心もなければ、藩閥という後ろ盾もろくにない万次郎。
もはや明治政府も万次郎に頼る必要はありません。

帰国した留学生や、お抱え外国人を雇えば済むことでした。

万次郎は帰国後、政治に関わることはありませんでした。
そして教育者として、東京帝国大学で教鞭を執ることを選ぶのです。

 

幸福な一家の父親、されど貧しく

明治17年(1884年)、デーマン牧師が来日しました。
彼の目的のひとつに、旧友であるジョン・マンに再会することがありました。

そこで聞いたのは、驚愕の知らせでした。
「彼ならもう亡くなっていると思いますよ」
デーマンは驚きました。

しかしそれは違ったのです。

万次郎は世間から忘れられていただけで、生きていました。
デーマンが再会したのは、極めて健康で幸福な一家の父親となった、旧友の姿でした。

ジョン万次郎/wikipediaより引用

しかしデーマンは、嘆きを隠せません。
あれほどまでに日本の開国に尽くした万次郎なのに、財産も何もなく、子息の扶養に頼って暮らしていたのです。

その大きな功績に、日本の政府は十分に報いていないではないか。それがデーマンの実感でした。

アメリカ帰国後、デーマンは自らが発行する新聞で、こう主張しました。
日本政府は、かつて日本のために尽くしたこの年老いた忠実な臣民に対して、十分な恩給を与えるべきである。
そのことにより、政府の名誉を高めるよう、私は心の底から願ってやまない――。

しかしデーマンの願いは叶いませんでした。

ひっそりと、隠者のように静かな余生を過ごし……明治31年(1898年)、中浜万次郎、死去。享年72でした。

万次郎の人生は、幕末の日本だけではなく、多くの人々の好奇心を掻き立てました。
大胆に脚色され、ミュージカル『太平洋序曲』にもなっており、最近では2017年のブロードウェイでも上演されています。

※『太平洋序曲』より「神奈川へようこそ」

彼の人生は、幕末において日米間を結んだ第一人者として、今なお語り継がれています。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
国史大辞典
泉秀樹『幕末維新人物事典

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.