歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

島津斉彬が遺した薩摩切子

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

集成館事業とは? 薩摩切子と芋焼酎を楽しめるのは島津斉彬さんのお陰です

更新日:

ガラス製品というよりも、まるで宝石をそのままグラスにしたような美しさ。
それが「薩摩切子」のグラスです。

この美しいグラスで、芳しい芋焼酎を飲んだらどれだけ美味しいだろうか……。
嗚呼、実際に楽しまれている鹿児島の方は、さぞかし島津斉彬さんに感謝していることでしょう。

というのも、この2つの鹿児島名産品。
島津斉彬による「集成館事業」の成果なのです。

幕末に深く関わりのある、この産業、その歴史を振り返ってみたいと思います。

 

斉興の代から始まっていた改革

ドラマ等に登場する斉彬はしばしば、鎖国の眠りに落ちていた日本の中で危機感を覚えていた数少ない人物のように描かれます。

一方で父の島津斉興はとことん無頓着のように描かれがちですが、実際はそうでもありません。
斉興は、当時の藩主の中でも、最も外国の脅威を実感している人物でした。

島津斉興/Wikipediaより引用

それは彼の資質云々の話ではなく、薩摩という土地の藩主である以上は気づいて当然の地理的条件によるものです。

薩摩藩が支配していた琉球には、何度も外国船がやって来ていました。
鹿児島湾にすら、外国船は姿を見せていたのです。

本州に住む人々にとって外国船が「いずれ来る危機」だった頃、薩摩藩にとっては「今、そこにある危機」でした。

以下、主要な事件を並べてみます。

・文政7年(1824年)宝島事件……奄美大島北方にある宝島へ上陸し、牛を奪おうとしたイギリス人船員を、島民が殺害→「異国船打払令」のきっかけになる
・天保8年(1837年)モリソン号事件……日本人漂流民を送り返そうと鹿児島湾に来港したアメリカ商船「モリソン号」を、砲撃を加えて退去させる
・天保14年(1843年)琉球八重山にイギリス船来航、制止を無視して測量
・弘化元年(1844年)フランス軍艦アルクーメーヌが那覇に来航、キリスト教布教を求める
・弘化3年(1846年)イギリス人宣教師ベッテルハイム、フランス軍艦三隻来航、通商を求める

このような状況です。
斉興とその側近である調所広郷は、外国船の危機を知らないどころか最前線での対処を強いられていました。

そして彼らは早い段階で、「攘夷は無理だ」とも悟っていたのです。

 

スポンサーリンク

父子ともに国力増強の必要性を感じていた

そんな薩摩藩に対し、幕府は「琉球に藩兵を派遣してなんとかしろ」と迫ります。

しかし斉興は、無意味だと理解していました。
むしろトラブルを招きかねないと消極的。

実はこの「攘夷は無意味、改革と国力をつけよ」という方針は、息子たち、島津斉彬、島津久光にも引き継がれているのです。

その一方で、何もしないわけにもいかないというのも、十分にわかっておりました。
そこで、彼は調所とともに改革に取り組みました。

・洋式砲術導入
・砲台の建設
・青銅砲による海岸防備の強化
・軍制改革、甲州流軍学の廃止
・軍役負担の改革、給地高の改正

斉彬を讃えたいがため、幕末の薩摩作品などでは、斉興・調所コンビと久光が過小評価されがちです。
しかし、史実を考えれば、斉興・調所も改革に取り組んでいたことを軽視できません。

調所は奸臣として大いに嫌われますが、その原因は、給地高(臣下に配給する土地)の改正によって藩士の恨みを買ったことも一因。とことん不幸な人でした。

調所広郷/wikipediaより引用

ともあれ、開明派の素養を持った父子で、なぜ意見が対立し、斉興はなぜ藩主の座をなかなか斉彬に譲らなかったのか。
不思議に思えてくるかもしれません。

どうやら斉興・調所からすると、斉彬は
「肝心なところに金を使わず、余計なところにつぎこんで財政を悪化させそうだ」
と思われたようです。

実はこの懸念は的中してしまった部分もありまして。
斉彬が藩主に就任すると、薩摩藩内には増税が敷かれたのでした。

 

斉彬の「集成館事業」

ただし、斉彬は無駄金ばかりを使ったわけではありません。
ここでその事業をおさらいしてみましょう。

・反射炉の建設および鉄製大砲の作成……青銅大砲ではなく、鉄製を作るために反射炉が必要
・溶鉱炉の導入
・造船……ただし、コスト面を考慮し輸入に方針転換
・海外向け輸入品の製造
・紡績・ガラス・製薬・印刷術・出版・電信・写真・食品等、西洋技術の導入

ご覧の通り、軍事的な技術だけではなく、新技術による生活の底上げをも目指していたわけです。
こうした事業は「集成館事業」と称されています。

ただし、こうした事業に関しては斉彬一人だけの考えではなく、斉興・調所や久光といった藩の実力者も、そうした気持ちはありました。方向性は違いましたが。

磯地区にあった集成館事業(1872年頃)/wikipediaより引用

こうした集成館事業は現在まで残っている特産品も生み出します。

それが冒頭に挙げた薩摩切子と芋焼酎。それぞれもう少し詳しく見て参りましょう。

 

スポンサーリンク

薩摩切子を特産品にしよう

薩摩藩はかつて「日本一の貧乏殿様」とすら呼ばれていました。

確かに石高は72万石あります。
しかしこれにはトリックがあり、籾高で計算。他の藩と同じ米高で計算すると36万石程度にしかなりません。
つまり半分です。蔵入れ高で計算すると13万石まで下がります。

というのも薩摩は、火山灰の影響のせいで米作りにあまり適していませんでした。
食料生産が貧弱であるにも関わらず、島津家の武士構成比は全国一。
貧乏になる条件は揃っていたのです。

にもかかわらず、格式だけは大藩として存続するから藩主にとってはアタマの痛いこと。

そんな薩摩藩の財政的な生命線は、貿易でした。
しかしこれも鎖国政策により大打撃を受けてしまい、薩摩藩は抜け道を探します。

いわゆる「密貿易」です。
美しい薩摩焼は人気の特産品。

斉彬は、その特産品のラインナップとして、ガラスに目を付けます。

 

江戸から技術者を招聘

薩摩にガラスが導入されたのは、斉興の代でした。
製薬の研究のため、酸性の液体を入れても割れないガラス容器が必要とされたのです。

斉興は江戸から技術者を招聘し、ガラス作りを始めました。
このガラスを、もっと発展させて商品にできないかと考えたのが、斉彬。

父子の性格の差が顕れているのかもしれませんね。

斉彬が目指したのは、ヨーロッパのカットガラス、ベネチアグラス、清の乾隆ガラスのような、絢爛豪華なものでした。
そういう派手な嗜好が、父の斉興にとっては「余計な華美なものを好む」と映ったのではないでしょうか。

斉彬の思考には、貿易こそ国を豊かにするという薩摩藩主らしい伝統的な思考と、西洋の技術を取り入れる先進性が入り混じっています。
斉興には理解できない部分だったのでしょう。

もちろん斉彬は、ただ美しいから薩摩切子に力を入れたわけではありません。
新たな輸出品として人気が出るとみこんだからこそ、奨励しました。

その甲斐あって、薩摩切子は見る者をうっとりとさせる素晴らしいものとして完成されました。
「ボカシ」と呼ばれる技法は、「薩摩切子」独自のもの。
ちなみに当時は「薩摩びーどろ」と呼ばれていました。

斉彬は薩摩切子を気に入り、自慢の品としていたようです。
贈答品として用い、篤姫の嫁入り道具にも持たせています。

この薩摩切子。
幕末の動乱により途絶えたものの、1985年に復元されました。
現在も、その美しい輝きを見せています。

 

スポンサーリンク

芋焼酎

「薩摩の芋侍どもめ!」
とは、幕末の薩摩藩士に対する定番の悪口です。「サツマイモばっかり食って芋焼酎飲んでいるやつら」ということですね。

実はこの芋焼酎も、歴史はそこまで古くありません。

サツマイモは、名前からおわかりの通り、火山灰の多い薩摩の土壌に適した主食であり、救世主のような食べ物でした。
芋焼酎もそのころから飲まれていそうな印象を受けますが、実はそうではありません。
焼酎はあくまで米から作るものだったのです。

斉彬の集成館事業の一環として、雷管銃の開発がありました。

この銃を作るためには、雷汞(ライコウ)が必要。
雷汞を作るためには、水銀を硝酸に溶かし、エチルアルコールと反応させねばなりません。
はじめは米焼酎を使っていたものの、そうなると米を大量に消費してしまいます。

ここで斉彬は、米ではなく芋で焼酎を造るよう命じ、さらにこう考えたのです。

「芋焼酎をここだけで終わらせるのは惜しいな。いっそ薩摩の特産品にしてはどうだろう」

飲料用の芋焼酎を作るため、品質改良を行ったのです。
庶民が自家製では作っていたけど、売り物になるほど味をよくしたのが斉彬。
以来、芋焼酎は薩摩の特産品となるのです。

独特の香りが特徴で、好き嫌いが分かれながら、一度ハマれば病み付きになる芋焼酎。
その特産品が、実はこんなにも深く、幕末動乱の歴史と絡んでいるわけですね。

鹿児島が誇る芋焼酎の産みの親が斉彬だと知れば、ますます彼に惚れ込んでしまう人もいるのではないでしょうか。

集成館事業とは、幕末の動乱を乗り切る力となっただけではなく、現在に至るまで鹿児島を代表する特産品として残ります。
斉彬を思いつつ、薩摩切子のグラスで芋焼酎を飲む――そんな風に歴史を味わのも、一興かもしれません。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.