歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

五代友厚/国立国会図書館蔵

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

五代友厚(才助)49年の生涯をスッキリ解説!西郷や大久保に並ぶ薩摩藩士の功績とは?

更新日:

「そうか、この人も薩摩藩士だったか!」

大河ドラマ『西郷どん』で、おそらく大きな注目はされないだろうけど、明治初期の大阪でキョーレツな個性を放った薩摩出身の経済人。

それが五代友厚です。

大人気の俳優ディーン・フジオカさんが、朝ドラ『あさが来た』で鮮烈なデビューを飾った役として、今ではよく知られておりますね。

劇中ではスマートな美男子だった五代様ですが、史実を辿れば彼も立派な薩摩人。

「泣こかい 飛ぼかい 泣こよか ひっ飛べ!」
という郷中教育を受け、薩摩示顕流の使い手でもある人物でした。

それが混乱する大阪経済をイチから立て直すという計り知れない功績を――。

一体、彼はどんな人物だったのでしょうか。

 

地球儀を自作する

天保5年(1835年)、薩摩藩鹿児島城下。
五代家の二男として、才助のちの五代友厚は誕生しました。西郷隆盛の8才下です。

五代家は、代々300から500石取りです。
薩摩藩の武士でが上位一割ぐらいに入る、家格禄高のかなり高い家でした。

父・五代直左衛門秀尭は記録奉行兼町奉行です。
『三国名勝図会』の執筆者でもあり、漢文の造詣が深いこともあって、あの島津斉彬からも信頼されていました。

兄・徳夫は父譲りの漢学の才に長けた人物で、生涯西洋の文物を拒みました。
兄弟は正反対の性格であり、仲は悪かったようです。

五代は14才の時、父からあることを頼まれます。

「こん地図を見てみろ」

それは世界地図でした。
父は琉球交易係をしており、その関係で藩主・島津斉興から世界地図の模写を命じられたのです。

「すごか!」
彼は興奮しました。
世界とは、こんなにも大きいものか。

まるでドラマみたいなお話ですが、そこから先、五代が普通じゃなかったのは、地図を二枚模写すると、一枚は自分の部屋に張り、さらに絹に地図を写し、見よう見まねで地球儀を自作したことです。

「こん世界ちゅうのは、こげんにも広いのか」
五代の胸には、世界への憧れが日増しに募っていくのでした。

 

スポンサーリンク

長崎、そして上海へ

幕末薩摩藩において歴史に名を残した者は、若かりし頃に多くが「精忠組」に属します。
しかし、五代の場合は異なりました。

嘉永6年(1853年)、黒船が来航すると天下は騒然となります。

その折、五代は「男児志を立つうは、まさにこんときにあい。おれもきばうぞ!!」と発憤。
そこで、他の若手藩士のように、五代は尊皇攘夷へは向かいませんでした。

幼い頃から海外にあこがれていた彼にとって、西洋文明は憎むべきものではなく、むしろもっと学びたいものでした。
そのあたりは、頑迷な鎖国主義者である兄とは違います。

坂本龍馬などが近くにいたら、さぞかし気が合ったのでは?
なんて思われるかもしれませんが、実際に仲の良い存在でした。

おそらくや肌感覚で通じ合える仲だったのでしょう。

安政2年(1855年)、五代は藩の郡方書役助(当時の農政を司る役所の書記官の補助)となりました。

開明的な島津斉彬が、五代の才能に目をとめないわけがありません。
そもそも、「才助」という名も、その才知を認められたから、と言われているほどです。

そして安政4年(1855年)、勝海舟の発案による「長崎海軍伝習所」が開設されると、薩摩からも藩士が選抜されて遊学することになり、五代も選ばれました。

長崎海軍伝習所/wikipediaより引用

 

長崎にいた五代は西郷らとは別の感覚を研ぎ澄ます

安政の大獄」から血なまぐさい政治闘争をたどることになる薩摩藩。
幸か不幸か五代は長崎にいて、そうしたことには関わっておりません。

彼はそこで、最新の西洋流学問、操船に必要な技術を学び、ますます開国派となっていきます。
安政5年(1858年)に島津斉彬が死去したため、一時帰国を余儀なくされるものの、その後、再び長崎に渡り勉学を続けました。

実は当時の長崎には、藩や国の枠すら超えた、そうそうたるメンバーが集まっていたのです。

・幕臣の勝海舟
・蘭方医の松本良順(新選組の治療で有名)
・オランダ士官のカッティンディーケ
・スコットランド出身商人のグラバー
などなど。

そんなところに才知溢れる若者が入ったとなれば、刺激を受けないワケがありません。

尊皇だ、攘夷だ、そんな風に殺気立っていた薩摩藩の中で、五代だけは
「やっぱいこれからは、開国じゃっどなぁ。西洋のこっぉ学んで国を強くせなならん」
と、冷静に未来の展望を描いておりました。

それは先進的過ぎて、同時期の日本では異端に見えるほどだった気もします。
実際、五代は、明治維新後にメインストリームの政界を歩むのではなく、下野して大阪の経済発展に尽くしますが、それには彼のこうした考え方・経歴が強く影響していたのでしょう。

朝ドラ『あさが来た』でも、ディーン・フジオカさんが演じる五代は、ちょっと浮いた西洋流ジェントルマン的な人物でしたが、いい線をいっていた気がします。

話を幕末に戻します。
文久2年(1862年)、水夫に変装して幕府の船「千歳丸」に乗り込んだ五代は、上海へ向かいました。
この船には長州藩・高杉晋作もおり、五代の姿を目撃しています。なんというか、マンガみたいなエピソードですよね。

上海で見たのは、その地での活発な交易ぶり、西洋人たちの闊歩する姿でした。

『西洋人が日本に来たらどうなってしまうのか?』
とは、考えません。
『すごか人だ、これからは交易の時代になうぞ』
五代は、交易の可能性に目覚めたのでした。

 

スポンサーリンク

薩英戦争を阻止せよ!

文久3年(1863年)、五代はとんでもない知らせを聞きました。

生麦事件が発生し、英国艦隊が薩摩を攻撃しに向かっていると知ったのです。
五代の顔が青ざめました。

『こんままイギリスと戦っても、勝ち目はなか』

五代は英国艦隊は長崎に寄港すると読みました。
そこで直談判し、賠償金一万ポンドを払い、自分が責めを負って切腹しようと考えます。

腹を切っておさめようと決断するあたり、薩摩武士の激しい責任感が見て取れますね。

ところが、です。
英国艦隊は長崎によらずに、薩摩を目指しました。

しかも、あろうことか、薩摩藩内は、主戦論が有力。
五代は、海外派遣経験のある松木弘安、通詞の堀孝之とともに、三隻の軍艦に乗って敵を待ち受けました。

松木弘安のちに寺島宗則/Wikipediaより引用

人選からして、講和目的でしょう。
ドラマ西郷どんで西郷の郷中仲間とされている有村俊斎海江田信義)などは、このとき物売りに変装して奇襲攻撃をかけるつもりであったと伝わります。

『なんて先見の明がないやつだ』と思うかもしれませんが、この場合、海江田がダメというよりも、五代の見識が優れていたと見るべきでしょう。

このとき五代らはイギリス側の捕虜となり、尋問されます。

「薩摩の戦力はどの程度なのか?」
「薩摩は古来よい、武勇で知られておいもす。特に陸戦は最も得意とすうとこい。おはん方が上陸したら、苦戦すうこっでしょう」

大げさに五代がそう言うのを聞いた相手は、考えました。すでにイギリス側の損害も小さくはありません。

「ふむ……講和が互いに賢明な手段だな」

五代らは横浜まで連れて行かれ、50両と共に解放されました。
これで薩英戦争の悪化や、上陸戦が防がれたのですから、その働きは大きなものです。

 

見通し鋭すぎるがゆえに藩内で浮いてしまう

しかし、勝手にイギリスと戦った薩摩に、幕府からは厳しい目を向けてられてしまいます。
幕府のみならず、薩摩藩士からも、五代らは冷たい目で見られてしまいました。

「イギリスの捕虜になうとは、武士の風上いも置けん奴だ」
というわけですね。

そこで五代らは、松本良順らの世話になり、変名での亡命生活を余儀なくされます。

帰藩が叶ったあとも、彼は冷たい目にさらされました。
維新のあと、政府からも西郷らからも距離があったのは、こうした経歴のせいなのです。

かくして苦い経験を積み重ねていた五代。
そんな彼にとって薩英戦争は、それでも、ある意味歓迎すべきものでした。

「尊皇攘夷をとなえ、同志を集め、自分たちがこん国の政治を掌握しじぁよな大言壮語を吐く奴がいうが、とんでん馬鹿者たちだ。こや民を迷わせ、国政を妨げ、内戦を引き起こし、インドや中国のごとこん国を駄目にしてしまう考え方だ。今度の戦争でイギリスに負けて、馬鹿者どもの目も覚めたな。今とうべき政策は、開国、交易、富国強兵なのだ」

五代はそう確信していました。

松下村塾、水戸天狗党、そして薩摩の精忠組も形無しといいますか。
ここまでズバッと考えるからこそ、藩内で浮いていたのかな、と思います。

しかも、五代の言うことは正しいのです。

 

スポンサーリンク

念願の英国留学

文久4年(1864年)に帰藩した五代。
その翌年となる慶応元年(1865年)、薩摩藩では五代の構想第一弾が実現しました。

薩摩藩遣英使節団として、念願の渡英を果たしたのです。

五代は薩摩藩第一次英国留学生たちの案内役として、イギリス各地を視察します。
グラバーとの親交を生かして武器を購入するだけではなく、五代は産業にも興味関心を抱きました。

このとき、紡績機械を購入。

こうした行動は、まさに島津斉彬の意思を継ぐ者と言えます。
さらに彼の構想は広がり、大きな「カンパニー」を作って貿易する夢が膨れあがってゆきました。
まんま龍馬ですね。

岩崎弥太郎(左)とグラバー/Wikipediaより引用

 

薩摩に五代あり

慶応2年(1866年)、英国から帰国した五代は、御小納戸奉公格の御用人席外国掛に就任。
薩摩藩の交易や商事を一手に握ることになりました。

このころにはると「薩摩藩の五代」といえば知られた存在です。
グラバーから武器を買い付け、長州藩には下関での商社創設を打診しています。

桂小五郎木戸孝允)、高杉晋作らと、薩長合弁会社を作ることを計画しました。
土佐藩の坂本龍馬率いる「海援隊」とも協力しようとしていました。

長崎には、グラバーと協力して「小菅修船場」、現在「ソロバンドック」と呼ばれている船の修理場を作っています。

多才な五代は、その名が一気に知られるようになっていきました。

慶応3年(1867年)、倒幕前夜からは五代は引っ張りだこになります。
倒幕を支援――というより、外国人とのモメ事解決に引っ張り出されるようになったのです。

明治元年(1868年)には、新政府の参与職外国事務掛に就任。

・神戸事件(備前藩士によるフランス水兵襲撃事件・1868年)
・堺事件(土佐藩士によるフランス水兵襲撃事件・1868年)
・パークス襲撃事件(天皇の謁見に向かう途中で暴漢・1868年)
等々、一歩間違えれば列強と大変なことになりそうな事件を、うまく処理したのが五代でした。

戊辰戦争には参戦しておりません。
しかし、縁の下の力持ちとして、五代は活躍していたのです。

パークス襲撃事件を描いた一枚/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

五代が大阪にきた

明治2年(1869年)。
五代は、大阪に造幣寮(現・造幣局)を誘致しました。

初代大阪税関長としてスタートを切りますが、会計官権判事とされてしまいます。

赴任先は横浜。
実質的には、左遷でした 。

どうも新政府は、五代にとって居心地が悪かったようです。
戊辰戦争で血を流してきた武勲派からすれば、五代のような男は一体何だ、というワケです。

能力云々以前より、血を流した自分たちを優遇せよ、ということでしょう。
五代も五代で、そんな空気の蔓延する宮仕えにうんざりしてしまったのでした。

退官すると、大阪に戻ることにします。

「政府には優れた人間がいるが、民間にはおらん」
それが五代の考えでした。

五代は下野して大阪に向かうと同時に「金銀分析所」を創設。
当時の貨幣制度は混沌としてピンからキリであり、これに目をつけた海外が、格安で良貨を得ようとしていました。

中世の時代にも、悪貨を避けて良貨のみを得ようとする撰銭(えりぜに)が行われ、これにいち早く対処できた織田信長が経済流通の発展を遂げた――なんて話もありますが、明治初期だって本質は同じ。
貨幣の適切な選り分けは、国内外の商取引のためにも、経済発展のためにも急務とされました。

次に乗り出したのが、鉱山経営です。

 

五代友厚が加藤正矩に命じて開発させた神子畑鉱山/wikipediaより引用

海外で良質な金銀を取り出す冶金術を習得していた五代は、休眠状態の鉱山に手を入れ、大きな利益を得るようになります。
そして鉱山王の道を――。
五代はその本拠として、明治6年(1873年)に「弘成館」を創設しました。

それは大久保利通
「こげん大事業は、五代さぁでなにゃでけん!」
と賞賛するほど規模と成果があがるのでした。

 

商業大阪のヒストリーメーカー

事業家としての五代の才能は、おそろしいほど多才でした。

日本経済発展の立役者。
東の代表が渋沢栄一だとすれば、西は五代友厚と言っても過言ではないでしょう。

次々に事業を立ち上げるのですが、それがもう半端じゃない規模でして。
ザッと挙げますと……。

◆英和辞書刊行(薩摩辞書)
◆製藍業「朝陽館」設立(西南戦争の軍服を染めた、明治16年閉鎖」
◆大阪製銅会社設立
◆神戸桟橋会社(貿易会社)
◆大阪商船会社設立
◆堂島米会所再興
◆大阪株式取引所設立
◆大阪商法会議所創設(現在の大阪商工会議所)

などなど……彼の中には一体いかほどの才能があるのか。
舌を巻くしかありません。

薩摩藩士のエネルギーのほとんどが戦場や政争へ向かうなか、彼だけは産業経済へすべて没頭させたかのような勢いです。

大阪商工会議所前の五代友厚/photo by ごーちゃん Wikipediaより引用

 

御用金分捕りのど真ん中へ

もちろん最初からラクではありませんでした。

五代が乗り込んだ当時、大阪の産経はボロボロ。
江戸時代を通して蔵屋敷が建ち並んでいたこの地は、江戸期を通してジワジワと相対的な重要度は下がっておりました。

たとえば、醤油。
江戸時代前期、醤油は大阪でのみ作られていました。
それがいつしか関東や、それ以外の地域でも生産が始まり、続けて酒や味噌、綿花栽培なども拡散していきます。

全国各地の藩が、それぞれ開発を進めた結果、大阪の優位性は徐々に低下していったのです。

さらに武家に貸した借金を、踏み倒されるような困難もありました。

例えば、五代の出身地・薩摩藩は首までドップリ借金漬け。
その財政改革を進めたのが西郷どんやお由羅騒動でお馴染みの島津斉興であり、その懐刀・調所広郷でした。

彼らは大阪商人にとってはトンデモナイ奥の手を使います。
現代で言えば数千億円規模をチャラ同然にしたのです。

そんな大阪は、幕末になるとさらなる危機に直面します。

御用金分捕り――です。
倒幕派の薩摩藩や土佐藩が、幕府と関係の深い商人に目をつけ、金を強奪したのです。

この災難には、相当な大商人でなければ乗り切ることができず、倒産する商人も相次ぎました。

彼ら大阪商人は、
「薩摩に金をぶんどられるくらいなら、ドブに捨てたほうがええわ……」
と嘆くほどだったと言います。

五代にとっては罪滅ぼしの気持ちも多少はあったかもしれません。

 

次々に襲いかかる大阪経済の混乱

1868年、そんな大阪にとどめをさすような決定を、明治新政府が行います。

銀目廃止――。

江戸時代の通貨は、東日本が金、西日本が銀がメインのお金として流通していました。
これを統一するため、銀を廃止したのです。

安心してください、貨幣を変更するだけですよ。
と言われても大阪の人は納得できまえん。

ため込んできた銀貨がゴミくず同然になるのか!?
とパニックになります。

「えらいこっちゃ!」
結果的に銀は大暴落し、多くの商人が耐えきれずに潰れました。さらに……。

大名貸債権の棒引き――では、大名家が消滅して明治新政府となり、あらゆる藩における借金が帳消しとされました。
大名に金を貸していた商家が、一気に爆発四散という衝撃の展開です。

こんなトリプルコンボを乗り切れる商家はごく一部だけしかありません。
政府と早くから結託できたような一部の大商人だけでした。

前述『あさが来た』のヒロインも、こうした困難に直面。
きわどい言葉で維新を罵倒していましたが、こんな目にあえばそれも納得というものです。

史実における五代友厚と広岡浅子(あさが来た主人公のモデル)の間にさほどの面識はないとはいえ、彼ら二人が商業都市大阪復活の鍵を握るキャラクターとしてドラマに描かれたのは自然なことでした。

 

痛恨の「開拓使官有物払下げ事件」

薩摩藩士の若手が集まり結成されたグループ・精忠組。

彼らの尊皇攘夷思想をナンセンスと片付け、薩摩人のメインストリームから外れたところにいた五代は、それでも大久保利通とは懇意でした。
これまた『あさが来た』でも、五代と大久保は親しい仲でしたね。

こうした五代の立ち位置は、プラスに働くこともあれば、マイナスに働くこともありました。

プラスの例が「大阪会議」です。
明治8年(1875年)、明治政府の要人である大久保利通・木戸孝允・板垣退助(征韓論で下野していた板垣は同会議から復帰→再び下野する)らが集い、今後の方針についてまとめた集まりのことです。

征韓論で西郷隆盛らが下野した後、政府をどう舵取りするか。
それを話し合う、重要な場でした。

この場に参加し、取りまとめたのが五代でした。

大阪会議開催の地にあるレリーフ/photo by ごーちゃん wikipediaより引用

そんな五代と政府のつながりが、最悪の時代を引き起こしたのが明治14年(1881年)「開拓使官有物払下げ事件」でした。

1869年(明治2年)に設置された「北海道開拓使」は、1882年(明治15年)に廃止。
その長官が、五代と同郷の黒田清隆であり、黒田は、格安無利子で開拓使官有物を五代に払い下げることにしたのです。

これに対して、薩摩閥の台頭に憤っていた政敵が批判に回ります。

各地で弾劾集会が開かれ、新聞も批判記事を連日掲載。
五代も黒田も、悪意はなかったかもしれませんが、非常に脇が甘かった、と言わざるを得ません。

◆赤字になるから格安だという説明をしていない
◆薩摩以外の者からの引き渡しを拒否していた
◆同郷同士でのやりとりだった

とまぁ、100%クリーンな状況ではなく、不透明な部分をつっこまれても仕方ない取引。
これは五代の経歴に、大きな傷を残しました。

政府との関わりが強かったとはいえ、五代はその関係を悪用してはいません。
むしろ当時政府と結託していた大商人と比較しても清廉潔白な部類であり、特権を利用したりはしませんでした。

戦争で儲けようとする「死の商人」タイプでもありません。

たまたま、悪いタイミングで、脇の甘いことをしたら突かれてしまった――ということでしょう。

しかも五代の事績において、教科書にまで掲載されるような大事件はこの「開拓使官有物払下げ事件」のみとなってしまうのです。

それゆえに歴史に詳しい方にはかえって
「ずるい政商」
だというイメージを抱かせてしまったかもしれません。

彼が立ち上げてきた実績の大きさを考えると、格安で官有物を払い下げて貰わなければならない理由はほとんどありません。

かくして失意の事件から4年後の明治18年(1885年)、五代は糖尿病のため死去。
享年49でした。

 

西郷どん原作には登場しております

大河ドラマ『西郷どん』に五代は出るのでしょうか。

実は林真理子氏の原作では、島津斉彬生存のころに仙巌園(せんがんえん)で出会った設定になっています。
父親の影響で国際感覚に優れた五代に対し、斉彬直々に質問するというもので、その後、西郷が二度目の島流しから復帰した後に再会するのです。

アメリカで南北戦争が起きているため「木綿の需要」が上がり、それで商売せよと西郷に勧めたのが五代でした(実際にバク儲けとなる)。

ただし、これはあくまで本筋とは関係ない部分で、ドラマへの出演は未知数です。
『あさが来た』のディーン・フジオカさんで、あまりに人気が出過ぎたキャラをどう扱うか。

それこそNHKや脚本家さんの、腕の見せ所でありましょう。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
宮本又郎『商都大阪をつくった男五代友厚
『国史大事典』

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.