歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

禁門の変(蛤御門の変)を描いた様子/Wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

禁門の変(蛤御門の変)で西郷隆盛が初陣!孝明天皇の意図を探れば事件の真相が見えてくる

更新日:

元治元年(1864年)6月。
応仁の乱」以来の戦火が、京都に燃え広がりました。

幕末を描く上では欠かせない禁門の変(蛤御門の変)です。

畿内地方を見渡してみても大坂夏の陣以来となるこの戦乱は、「長州藩」vs「会津&薩摩藩」という構図で行われたもの。
京都は荒廃し、明治維新の後に天皇家が関東へ移される一因になったともされています。

一体何が原因でこんなことが起こったのか?

その背後には、孝明天皇をめぐる激しい争い。
そして、あまり語られることのない【孝明天皇ご自身の意志】と【会津藩への思い】がありました。

 

「禁門の変」概略

はじめに「禁門の変」の概略だけマトメておきます。

本編は概略の後に続きますので、ここは飛ばして読まれても問題ございません(あるいは本編の後に確認されるとスッキリ整理できるかも)。

5W1H

Who:会津藩&薩摩藩他※孝明天皇サイド vs 長州藩尊皇攘夷過激化・尊王攘夷派派諸藩士
When:元治元年7月19日(1864年8月20日)
Where:京都郊外および市街広域
Why:「八月十八日の政変」で朝廷を追放された長州藩進発派が、政治復帰を狙い進軍
How:久坂玄瑞は嘆願のみが目的であったものの、来島又兵衛が「君側の奸(会津・薩摩)」討伐を主張し、武力衝突に発展した
What:会津藩・薩摩藩らの勝利。久坂玄瑞、入江九一、来島又兵衛、真木和泉らが敗死
影響1:六角獄に捕らわれていた足利三代木像梟首事件、池田屋事件関係者は、このあと処刑される
影響2:長州藩は朝敵認定され、孝明天皇の強い希望で討伐対象となる

犠牲者数(諸説あり)

長州:265
会津:60
越前:15
彦根:9
薩摩:8
桑名:3
淀:2

「どんどん焼け」の被害

どんどん焼けとは、同変に伴い京都市街を焼失した大火災であり、その被害は甚大なものとなりました。

鎮圧までの日数:3
焼失した公卿の邸宅:鷹司邸付の数十家
焼失した武家屋敷:51
焼失した民家等:約28,000

※以下、本編へ

 

スポンサーリンク

本編「八月十八日の政変」から確認

「禁門の変」については、最初に「八月十八日の政変」まで遡っておいた方がよいでしょう。

いずれも
【京都】
【孝明天皇】
【長州藩】
がキーワードになっていて、歴史の流れが続いています。

それは文久3年(1863年)のこと。
孝明天皇はあることに深く悩まされていました。

出した覚えのない勅令が勝手にくだされているのです。

とはいえ心当たりはありました。
長州藩尊王攘夷派と息の合う公卿です。彼らが長州藩に利となる勅を勝手に出しておりました。

孝明天皇/wikipediaより引用

孝明天皇に我慢の限界が訪れたのは「大和行幸」計画を知った辺りです。

天皇自ら
・神武天皇陵
・春日社(春日大社)
伊勢神宮
に参拝して攘夷祈願を行い、「攘夷親征(攘夷のために天皇自ら戦う)」の機運を盛り上げる――そんな計画でした。

要は、天皇の権威で、幕府に攘夷への強いプレッシャーをかけようというわけですね。

孝明天皇は、そんなコト、微塵も望んでおりません。
ご自身は、むしろ公武合体策を支持しており、長州藩の無茶振りで幕府と仲が悪くのは心外だったのです。

天皇は、信頼出来る側近の中川宮(久邇宮朝彦親王)に嘆きます。
「誰ぞ、武で君側の奸をのぞく者はおらんやろか……」

思いは、長州藩に敵意を抱く薩摩藩と、京都守護職の会津藩に伝わりました。

かくして文久3年(1863年)8月18日深夜。
薩摩と会津の兵に警護された「御所」から、以下の勅旨が出されるのです。

・大和行幸の延期
・国事参事、国事寄人の廃止
三条実美以下攘夷派公卿20名の参内禁止

長州藩は、御所堺町御門の警備任務を解かれ、都から撤退するほかありません。
おまけに孝明天皇は、この事件の後に、こう断言しました。

「去十八日以後申出儀者真実之朕存意」
【18日以後に出されたものこそ、自分の本当の意見である】ということですね。

これは尊王攘夷過激派との決別宣言ともとれるものでした。

※同政変についても5W1Hを整理しておきました(すぐに本編へ続きます)

「八月十八日の政変」マトメ

Who:会津藩・薩摩藩他※孝明天皇サイド vs 長州藩尊皇攘夷過激派および彼らと親しい公卿(七卿)
When:文久3年8月18日(1863年9月30日)
Where:京都
Why:「大和行幸」計画で我慢の限界に達した孝明天皇が、長州藩過激派と彼らに近い公卿の追放を求めた
How:孝明天皇による勅旨
What:勅旨による対象者追放が決定(他は後述)
影響:「禁門の変」に連動

 

リベンジへの炎を燃やす長州藩

天皇の勅旨にもかかわらず、追い出された長州藩や尊皇攘夷過激派は、まったく納得できません。

彼らはこう考えていました。
「わしらは孝明天皇の叡慮である攘夷を忠実に行っただけじゃ。功こそあれ、罪はない。悪いのは、陛下をたぶらかせた薩摩と会津じゃ」

長州藩毛利家は、平城天皇の皇子である阿保皇子が先祖とされており、どの大名よりも皇室朝廷に近い、別格の藩だというプライドがありました。
それなのに、薩摩と会津はそこへ割り込んできたわけです。

薩摩藩は、生麦事件からの薩英戦争を行ったことで、長州藩がリードしていた攘夷派として台頭。
会津藩主・松平容保は、長州藩をさしおいて、孝明天皇の信頼を勝ち取っていました。

松平容保/wikipediaより引用

そんな目障りな薩摩と会津によって「八月十八日の政変」を起こされたのですから、怒りがつのって仕方ないわけです。

憎しみが極限に達するあまり、長州藩士の中には「薩賊」「会奸」と下駄に書いて踏みつけて歩いた者もいたとか。

その程度で気持ちがおさまらない者もいます。
彼らはさらに過激な行動に出ました。

薩英戦争での和睦後、イギリスと密貿易を行っていた薩摩船を砲撃&撃沈したり、「国父」島津久光殺害予告を大阪にバラ撒いたり。

むろん薩摩藩としても、はらわた煮えくり返っていましたが、密貿易が絡んでいたこともあり表沙汰にはできず、耐え忍ぶほかありません。

 

スポンサーリンク

巻き返しの機は熟したのか?

一方、長州藩不在の京都では、政治的混乱が続いていました。

確かに、将軍後見職・一橋慶喜と、優れた大名による合議政治(「参預会議」)は始まりました。
が、参加者たちの主張がぶつかり、まとまりを欠いてしまったのです。

こうした状況を受け、
「今こそわしらの出番じゃないか!」
「いや、それは無謀、時期尚早じゃ!」
長州藩内から、巻き返しの声(進発派)とそれに対する反対論(慎重派)が噴出してきます。

慎重派:高杉晋作、周布政之介
進発派:久坂玄瑞

結果、高杉と周布が失脚して、進発派が主導権を掌握。
しかし彼らが京都へ向かう直前に、衝撃的な事件が起こります。

「池田屋事件」です。
【関連記事】池田屋事件

事件のあらましを説明しますと、
【京都市街を放火して、長州へ孝明天皇をお連れしよう】
と考えていた主に長州の者たちが約30名、池田屋に潜んでおり、その情報を聞きつけた新選組が7名を斬殺、23名を捕縛したというものです。

近藤勇や沖田総司永倉新八などのスターが揃っており、事件としては有名ですね。
※幕末は【◯◯屋事件】がややこしくなるので、一応、以下に補足しておきます

寺田屋事件(1862年)……薩摩藩内での内輪揉め
◆池田屋事件(1864年)……主に長州 vs 新選組←今日のテーマ
◆寺田屋事件(1866年)……伏見奉行が坂本龍馬を襲撃・龍馬逃げる
◆近江屋事件(1867年)……坂本龍馬が暗殺される

事件の影響は小さくありませんでした。
「池田屋事件」が「禁門の変」の引き金になったとする解釈もあり、その結果、明治維新を早めたとも言われています。

◆八月十八日の政変

◆禁門の変

というより

◆八月十八日の政変

◆池田屋事件

◆禁門の変

こんな流れですね。

しかし、長州藩が計画していたという【天皇誘拐説】については、本当に存在したのか?ということを巡って、諸説ありまして。
現代の感覚を差し引いたとしても、無謀なプランに見えます。

さすがに本気で考えるワケがない。
そう思ってしまいますが、なにぶんこの時期、久坂玄瑞が主導した長州藩の尊皇攘夷は、過激の一言に尽きます。長州藩進発派の上洛前夜に事件は起きており、無関係とは考えにくいのです。

【長州藩進発派が京都で何か物騒な準備をしている】
ということを新選組に察知された可能性は十分に考えられるでしょう。
さすがにその【何か】が【天皇の誘拐計画】とまでは気付かなかったかもしれませんが。

いずれにせよ、同事件で長州藩士は「松下村塾」出身の吉田稔麿ら、多くの犠牲者が出ました。

吉田稔麿/Wikipediaより引用

この池田屋事件が起きたために、長州藩の進発計画は弔い合戦の様相も帯びてきたわけです。

「おのれ壬生狼め、この仇はきっと取っちゃるけぇな!」
そうヒートアップし、引き返せなくなった可能性は、十分に考えられます。

 

長州藩兵、上洛

運命の元治元年(1864年)6月15日。
長州藩進発派の中でも、過激な言動で知られる来島又兵衛が、遊撃隊300を率いて出立しました。

来島又兵衛/Wikipediaより引用

翌日には、久坂玄瑞、入江九一、寺島忠三郎も、三田尻を出航。
長州藩兵3千名は、伏見・嵯峨・山崎に着陣しました。

さて、長州藩は結構な数の兵を率いております。
ただ嘆願するだけなら、こんなに多くの兵を連れて来なくてもよいと思うかもしれません。
要は、実戦を想定したものではなく、武力による揺さぶりをかけるためのものでした。

長州藩勢は、行く先々で彼らに同情的な大名や公卿に、正統性をアピールしました。

京都の民衆は、殺伐とした新選組と、その雇用主であり財布の紐が固い会津藩士らを嫌う一方、気前が良く粋な遊びっぷりをする長州藩士には、好意を抱いておりました。
こうした人々の同情や好意が背後にあれば、主張も通りやすいのではないか――そんな希望的観測もあったことでしょう。

しかし、政権を掌握する将軍後見職にして禁門守衛総督の一橋慶喜は冷たいものでした。
「武力を背景とした嘆願など、認めるわけにはいかん」

7月17日には、朝廷も長州に撤兵を通達。
翌日、長州勢の指揮官たち20名ほどで、今後についての協議が行われます。

ここで、過激な来島と、慎重な久坂の間で、意見が割れてしまいました。

「朝廷は君側の奸(くんそくのかん・薩摩や会津らを指す)に操られちょる。奴らを取り除いてからでなけりゃあ、話にならん!」
「元々わしらは戦をしに来ちょるわけじゃない。世子(毛利元徳)率いる軍勢を待ってからでも遅うはないじゃろう」
「この卑怯者めが! 世子到着の前に奸を取り除かにゃあいかんたぁ思わんのか!」

久坂は、来島の激情に巻き込まれ、ついに武力による進撃が決定します。

久坂玄瑞/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

「禁門の変」当日

18日夜半、3人の家老が兵を率いて京へ出立します。

そして大敗するのです。

蛤御門銃弾の跡

伏見方面:福原越後元たけ(にんべん+間)が指揮、伏見街道で大垣藩兵によって撃退される
嵯峨方面:国司信濃親相が指揮し、蛤御門前で会津・薩摩藩兵により撃退される。来島又兵衛は戦死
山崎方面:益田右衛門介親施が指揮して、山崎方面へ出撃する。関白・鷹司輔煕邸裏門から御所突入を目指したものの、越前藩兵に阻まれ、寺島忠三郎、久坂玄瑞自刃、入江九一は戦死。真木和泉保臣は脱出後、天王山で抗戦後に自害した

一方的に敗れた彼らは、同志200名以上の屍を回収することもできないまま、脱出するしかありませんでした。
このとき九死に一生を得た桂小五郎は、但馬方面に脱出し、潜伏しております。

戦闘の影響で、京都は大火「どんどん焼け」に見舞われ、公家邸はじめ約28,000戸の民家も焼失してしまいました。

出火原因は、ハッキリ特定されていません。
当時の京都の人々は長州藩士に同情的であり、会津藩士や新撰組隊士が敵を追い詰めるために放火したせいだ、と考えたかったようです。

ただ、市街地で火器を用いた戦闘をすれば、火災の発生は不可避でして。
特定の誰かが悪いとすることにはムリがあるような気がします。

 

長州征討」の挫折

いくら理屈を並べようと、御所に弓引く行動は正当化できないものです。
変の終了後、孝明天皇による嫌悪感は頂点に達し、ついに長州藩は「朝敵」として認定されました。

その一方で、
徳川慶喜(禁裏御守衛総督、一橋徳川家当主)
・松平容保(京都守護職・会津藩主)
・松平定敬(京都所司代・桑名藩主)
らに対する信頼感が高まっていきます。

こうした孝明天皇と幕府の取り組みに対し、危機感を抱いたのは長州だけでなく薩摩も同じでした。
孝明天皇の強い要請により、長州藩はついに征討の対象となってしまいます。

薩長同盟は、倒幕をめざす軍事同盟と解釈されることが多いのですが、実際には薩摩藩が長州藩の朝敵認定取り消しを目指して接近したものであり、軍事同盟というほど強固ではないという見方があります。

いずれにせよ薩長の思惑が重なり、幕府主導の長州征討は、西郷隆盛のサボタージュにより頓挫。
幕府倒壊を防ぐラストチャンスはこのとき潰えてしまったと、のちに回想されることとなります。

そしてこのころ孝明天皇が崩御。
政治の潮目は劇的に変わってゆきます。

薩摩と手を組み、長州は政局に復帰、明治維新を成し遂げ、ついに勝者となったのです。

 

スポンサーリンク

「朝敵」の恐怖と、その復讐

幕末の複雑怪奇な政局を最終的に制覇し、勝者となった長州藩。
しかし、一旦「朝敵」認定されたトラウマは、のちに大きな影響を与えたはずです。

長州藩の激しい敵意は、和解した薩摩藩はともかくとして、会津藩にぶつけられました。
戊辰戦争において会津藩は恭順を受け入れられず、悲惨な戦禍を経験しています。

敗戦後も、桂小五郎改め木戸孝允は、会津藩士に冷酷な措置を主張。
全藩流刑ともいえる、斗南藩への移住を強制したのでした。

彼らがこれほどまでに会津藩に敵意を燃やしたのは、自身が一度、朝敵にまで転落した恐怖感があるのかもしれません。

もしも会津藩がかつての長州藩のようにリベンジをしてきたら?
そうなる可能性を事前に潰す必要性があるわけです。

ただし、個人単位では会津藩士と交流する長州藩士がいました。

会津藩士・秋月悌次郎は、かつて交流のあった長州藩士・奥平謙輔に、優秀な若者数名を託しました。

奥平謙輔/Wikipediaより引用

そのうち一人が、のちの東大総長となる山川健次郎です。

彼がアメリカ留学して大成できたのは、明治新政府の平等性のあらわれというよりは、周囲にいた好意溢れる個人のおかげでした。

 

靖国問題

無事に朝敵認定を解かれて、長州藩士は維新を成し遂げてめでたし――。
と言いたいところですが、「禁門の変」はいろいろな問題点を含んでおりまして。
その残響音は、長く続くことになります。

明治維新のあと、戊辰戦争やそれ以前に維新のために尽くした戦死者の慰霊を行いましょう、ということになりました。

戦死者を慰霊するために神社にお祭りするということは、日本古来の伝統ということになっています。
それは半分正解で、半分不正解といいますか。
そういう慣習がなかったわけではありませんが、源流となる慣習は長州藩にあります。

元治元年(1864年)、藩校明倫館にて、大規模な「楠公祭」が行われました。
藩をあげて楠木正成の慰霊を行い、このとき吉田松陰や攘夷戦争で命を落とした藩士の霊も祭ったのです。

藩のために命を落とせば、楠公のように魂を祭られる。
それが靖国神社への源流となりました。

こうして国と天皇のために命を落とした人を慰霊しましょう、となったとき問題が起こります。

「禁門の変」関係者では、久坂玄瑞らが祭られ、御所を守った会津藩士らが外されていたのです。

「なじょして? 天皇陛下のために御所を守ったんだべ? 御所を攻撃した連中らが祭られてんのに、おかしいべした!」

こうした遺族の抗議を受けて、御所守備側も祭られました。

が、久坂玄瑞らは外されませんでした。
一度祭ったものは外せないのかもしれません。

定期的に「西郷隆盛や白虎隊士も合祀すべきでは?」と議論になる靖国神社。
実際には、久坂玄瑞らが祭られた時点で、ルール破りの例外措置があったわけです。

亀井静香氏「西郷隆盛や白虎隊など賊軍を靖国に合祀せよ」

 

「朝敵」の隠し球

慶応4年(1868年)、鳥羽伏見の戦い後。
徳川慶喜と共に、松平容保は大阪城から急遽立ち去ることになりました。

小姓頭である浅羽忠之助は、容保が忘れたある書状に気づき、あわててそれを持ち出すと主君を追いかけてゆきます。
浅羽が届けた書状を、容保は竹筒の中に入れて、それからは常に身につけ、持ち歩くようになりました。

明治26年(1893年)に59才で亡くなるまで、その習慣は続いたのです。

時は流れて、明治31年(1898年)。
かつて会津藩の家老であった山川浩は、肺結核が悪化し、死の床にありました。

「健次郎、あどのごどは、にしに託した……松平家のこどを頼む。それと、なんとしても殿の汚名を……雪がねばなんねえ……あれを必ず世に出すんだ、頼んだぞ……」
「あんつぁま、あどのごとは任してくんつぇ」

浩は、弟の健次郎に、会津藩の名誉回復を託しつつ、息を引き取りました。
享年54。

山川浩/Wikipediaより引用

こうして、山川健次郎は兄の跡を継ぎ、主君・松平容大(かたはる)の世話をする家政顧問となりました。

そこで山川が直面したのが困窮です。
子爵の家とは名ばかりで、みすぼらしい暮らしぶりでした。

援助しようにも、山川にも金はありません。
仮に金が入っても、みな会津復興のために使ってしまいました。
戊辰戦争以降、金銭的に余裕があったことなど一度もありません。

山川家がいよいよ困った時に頼る手段はカンパです。
が、朝敵の家を庇う人などおらず、どうにもうまくいきません。

「なじょしたらよかんべ……」
そう悩んでいた山川の脳裏に、打開策がひらめきます。

山川は松平邸に、長州出身の陸軍中将・三浦梧楼を招きました。

三浦梧楼/Wikipediaより引用

三浦は長州藩出身ですが、藩閥政治には批判的。
かねてより、山川兄弟とは気が合う人物です。

「昔はいろいろなごどがありました。兄の浩は、会津が京都で何をしていだが、まどめておりやして」
「あの頃は、お互え、えろいろあったね。わしは、会津の君臣が一矢乱れず行動いちょったことに、感銘を受けちょったもんじゃ」
「んだなし。実は、先ほど申した本には、容保公が先帝から賜った宸翰(天皇直筆の書状)と御製(天皇が詠んだ和歌)を載せようと思っております」
「まさか、そねえなことが!」
三浦はそう言い、絶句しました。

「信じていただけねえのでしたら、ご覧になっていただきましょう」
山川は主家から、宸翰と御製を借りてきました。

それこそ、容保が肌身離さず身につけてきた、竹筒の中身であったのです。

【宸翰】

堂上以下陳暴論不正之所置増長付痛心難堪
下内命之処速ニ領掌憂患掃攘朕存念貫徹之段
仝其方忠誠深感悦之餘右壱箱遣之者也
文久三年十月九日

堂上以下、暴論をつらね、不正の処置増長につき、痛心堪え難く、内命を下せしところ、速やかに領掌し、憂患をはらってくれ、朕の存念貫徹の段、全くその方の忠誠、深く感悦の余り、右一箱これを遣わすものなり

【意訳】朝廷で、暴論を展開し、不正な処置を行い増長する者がおり、朕は胸を痛め、耐えがたいほどであった。密かに命をくだしたところ、速やかに処置して、心痛のもとを追い払ってくれた。朕の思いを実行してくれて感謝している。そなたの忠誠には感激した。この御製を感謝の気持ちに贈るものである
文久3年十月九日

【御製】

たやすからざる世に武士(もののふ)の忠誠の心をよろこひてよめる

・やはらくも 猛き心も 相生の 松の落葉の あらす栄へむ
・武士と 心あはして 巌をも つらぬきてまし 世々のおもひて

【意訳】この大変な時勢において、武士の忠誠を喜び詠んだ歌

・公家の柔らかい心も 武士の勇猛な心も 根は同じ相生の松のようなものです 枯れぬ松葉のように ともにこれからも栄えてゆきましょう
・武士と心を合わせることで 岩のように堅い状況も打破できるはずです 今味わっている辛い気持ちもいつかよい思い出となるでしょう

 

なぜ会津藩は君臣一糸乱れぬ行動を取れたのか

三浦は、長年の疑問が氷解しました。

『なぜ会津藩は君臣一糸乱れぬ行動を取っていたか』
その源がこの【宸翰】であり【御製】であると、理解したのです。

「山川さん、こりゃ……世におったさんようお願いできんか。これが出れば、大変なことになる! 会津の殿にゃあ、まことに気の毒なことをした。どうか、このとおりじゃ!」
「ほだごど言われましても。ところで、松平家の援助を政府に再三願っでおるのですが、どうにも芳しくねえのでして。朝敵に渡す金なぞねえのは、わがるのですが、どうにかならんもんでしょうか」
「松平家が大変なこたぁようわかった。わしから上に、よう伝えちょくる!」
「ありがてえごとです」

三浦はこのことを、土佐藩出身の宮内大臣・田中光顕、政府中枢に相談しました
そして大変なことになりました。
「そねえなんを、世に出したらならん!」

かくして要求は通り、松平家のために政府から3万円が下賜されることになったのでした。
しかし山川の心境は複雑だったことでしょう。

山川健次郎/Wikipediaより引用

病床にあった松平容保は、この宸翰と御製を山川浩に見せ、必ずや世に出して欲しいと訴えていたからです。
山川兄弟は、その容保の願いを叶えるため、活動してきました。

しかし、背に腹は代えられぬ。
いつかきっと、この宸翰と御製は世に出ることでしょう。
と、その日まで、耐え抜くことにしたのです。

 

長州を憎み会津の忠義を信じていた

ではなぜ、政府は山川の要求を呑んだのでしょうか。

そこには
【孝明天皇が長州藩を憎み、会津藩の忠義を信じていた】
と書いてあるからです。

それまで散々、天皇のために尽くしたのは長州藩であり、会津藩こそ天皇に楯突いた朝敵であると標榜してきた以上、それをひっくり返されるのは困ることでした。

しかし、明治37年(1904年)元会津藩士・北原雅長(神保修理の弟)が『七年史』を刊行。
その中で宸翰と御製の内容を発表します。

北原は「不敬罪」(天皇を侮辱した罪)で拘留されてしまいました。

北原雅長/Wikipediaより引用

しかし明治39年(1906年)。
『孝明天皇紀』が出版され、ここでも宸翰が明るみに出ます。

「こうなったら、もうよかんべ」
山川も、もはや隠し通す意味がないとして、兄の著作に大幅加筆した上で明治44年(1911年)、『京都守護職始末』を世に送り出したのでした。

「八月十八日の政変」と、それと連動した「禁門の変」については、孝明天皇が何を考えていたのかが判明しないと、わかりにくくなります。

大抵のフィクションではその辺りがボカされてしまうため、
「どちらがより天皇に近いか、どっちもどっち」
「要するに勢力争いでしょ」
というような結論にもなりがちです。

しかし、実はがっちりと背後に孝明天皇の意志があった――それを把握していたほうが、随分わかりやすくなるのではないでしょうか。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
吉田松陰 久坂玄瑞が祭り上げた「英雄」』一坂太郎
国史大辞典

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.