歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

郡上八幡城の遠景

幕末・維新

凌霜隊(りょうそうたい)やるせない結末~会津戦争を戦った郡上藩士たち

更新日:

幕末の会津藩と、美濃には特別な縁があります。

会津藩主・松平容保は、美濃高須藩から養子に入りました。
このことは有名ですが、実は別の悲しい縁もあります。

凌霜隊(りょうそうたい)――。

岐阜県の郡上藩から会津に送られ、そして激しい戦闘の末に命を落とした数十名の郡上藩士たちがおりました。
彼らは【霜を凌ぐ】という、痛烈な覚悟の名前でもって組織され、戦地へ赴いたのです。

幕末史においてはあまり注目されない。
されどドラマ性には富んだ凌霜隊を追ってみたいと思います。

 

高須四兄弟

江戸時代――御家のため跡継ぎを作るのは藩主の大切なシゴトでした。

世継ぎがいなければ藩が潰され、家臣たちも路頭に迷うリスクが生じる。
それだけは何としてでも避けたい!

そう考えた大名家は養子探しに奔走するわけで、そうなれば少しでも家柄の良い、才知あふれた子息が欲しくなります。
身体壮健で男子が多く産まれた大名家は、こうした養子の提供元となりました。

幕末において、その好例が美濃高須藩の松平義建(よしたつ)でしょう。
子宝に恵まれた義建は、名門・松平家だけに引く手あまたで、多くの家に息子を送り出しました。

長男:夭折
次男:松平慶勝 尾張藩・尾張徳川家養子
三男:松平武成 浜田藩・越智松平家養子
四男:夭折
五男:松平茂栄 高須藩主(義比)→尾張藩主(茂徳)→一橋徳川家養子(茂栄)
六男:戊辰戦争により切腹
七男:松平容保 会津藩・会津松平家養子
八男:松平定敬 桑名藩・久松松平家養子
九男:夭折
十男:松平義勇 高須藩主

ご覧の通り、養子先は名だたる藩ばかりです。

特に名を残した四名(青字)は「高須四兄弟」と称され、孝明天皇の信任篤い「一会桑政権」のうち、2名が高須四兄弟でした。以下の通りです。

【一会桑政権メンバー】
将軍後見職のちに将軍:一橋慶喜
会津藩主・京都守護職:松平容保
桑名藩主・京都所司代:松平定敬

残念ながら西郷どんではほとんど触れられなかった一会桑政権のうち、「会」と「桑」が兄弟だったのですね。

2013年の大河ドラマ『八重の桜』では、松平容保を演じた俳優・綾野剛さんが、郡上藩のある岐阜県出身だったので不思議な縁を感じていたそうです。

高須四兄弟(明治11年9月撮影) 左から定敬、容保、茂栄、慶勝/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

飯盛山にある「郡上藩凌霜隊之碑」

慶応4年(1868年)、8月23日――。
白虎隊士中二番隊の若者たちは、疲労、激しい風雨による体力低下を招き、空腹を抱えた状態で飯盛山に登りました。

「城が燃えている!」

そこから彼らが見た光景は、城下町が燃えさかる姿でした。
当初は、城が燃えているのかと驚いた少年たちですが、それは見間違いだと気づきます。

「いや、城下町が燃えているだけだべ。落ち着け」

彼らは疲れ切り、絶望していました。

「んだけんじょ、こんな状況で城までたどり着けるとは思えね……」
「腹を切るしかねえのか……」

追い詰められていた彼らは自刃し、飯沼貞吉以外の若い隊士たちは敢えなくその命を散らします。

【関連記事】
白虎隊、自刃す 時代の犠牲になった若者たちの素顔あれこれ
白虎隊の生き残り・酒井峰治と愛犬クマ 『戊辰戦争実歴談』に学ぶ生死のリアル

この悲劇の起こった飯盛山は、のちに会津藩関係者により、慰霊の土地として整備されます。

【関連記事】会津戦争の『遺体埋葬論争』に終止符を……亡骸の埋葬は本当に禁じられたのか?

会津戦争後に撮影された若松城/wikipediaより引用

その飯盛山に、白虎隊でもなければ、会津藩士のものでもない、とある慰霊碑があるのをご存知でしょうか?

「郡上藩凌霜隊之碑」

そうです。
郡上藩です。
しかし、現在の岐阜県にある郡上藩士たちの慰霊碑が、なぜ飯盛山にあるのか?

はるばる会津まで駆けつけ、命を賭した武士たちがいた――。
彼らこそが「凌霜隊」でした。

 

郡上藩、生き残りを賭けた秘策

岐阜県は、名城の多い県です。

戦国時代、天下人となる織田信長が本拠とした岐阜城をはじめ、大垣城、岩村城……。
天下分け目の関ヶ原もあり、歴史ファンなら垂涎の地ばかりです。

そんな岐阜県で是非訪れてみたいのが、木造天守閣を備えた郡上八幡城でしょう。

郡上八幡城の遠景

郡上八幡城

深い山々の中に立つ遠景の姿が立派ならば、間近で見た城もまた見目麗しい。

この郡上から会津まで転戦したのが「凌霜隊]でした。

幕末の郡上藩は4万8千石。
藩主は青山幸宜。

譜代の名門とはいえ、小さな藩でした。

青山幸宜/wikipediaより引用

郡上藩のような小さな藩は慶応3年(1867年)を迎えても、維新派なのか佐幕派なのか、東西どちらを支持するのかハッキリとは判断しにくい状況でした。
数万石程度の藩は、周囲に流されて戦うことになることもあったのです。

鳥羽伏見の戦いも終わり、幕府は追い詰められている状況。
とはいえ、途中で逆転するかもしれないし、最終的にどちらが勝利を収めるか、極めてわかりにくい状況です。

そんな中、藩主の青山幸宜の帰国を待ち、国家老の鈴木兵左衛門は生き残りの策を進言します。

「西軍に恭順すると見せかけ、幕府を支援する部隊を組織して転戦させましょう」

これならばどちらに転んでも、言い訳が出来るという二股策です。
藩主の幸宜は当時僅か14歳。うなずく他ありません。

かくして郡上藩では、選りすぐりの精兵を密かに選抜することになりました。

密命は、江戸の郡上藩屋敷に送られました。
江戸家老・朝比奈藤兵衛は、苦い顔でこの命を受け取ります。

確かに二股の策ではあります。
しかし、江戸の郡上藩士は意気軒昂でした。

譜代大名の武士として、幕府のために戦ってこそ武士の忠義だと、彼らは信じていたのです。

 

スポンサーリンク

脱藩、そして「凌霜隊」結成

江戸の郡上藩の屋敷から、腕の立ちそうな武士が一人、また一人と立ち去りました。
彼らは旅籠菊屋に続々と足を踏み入れてゆきます。

その彼らの前で、指揮を執ると宣言した少年がいます。

わずか17歳の朝比奈茂吉。
江戸家老・朝比奈藤兵衛の息子でした。

脱藩藩士となった彼ら45名は、幕府のために戦うと誓います。

隊の名は「凌霜隊(りょうそうたい)」。

青山家の家紋である「葉菊紋(菊の御紋を葉が護る)」から取られたとされ、隊名には覚悟も込められていました。

霜を凌(しの)いで戦う――そんな苦難へ立ち向かおうとする意志を感じさせるのです。

藩からは、スペンサー銃、スナイドル銃、エンピール銃、大砲、ツルハシ、鍬、シャベルといった物資が届きます。
砲術指南や軍医も従軍し、小規模とはいえ装備の充実した部隊でした。

慶応4年(1868年)4月11日。
江戸は無血開城。

凌霜隊は会津を目指しました。
幕府サイドの人々が集まる目的地が、その地だったのです。
当時の関東地方は、東軍と、それを追撃する西軍が戦闘しながら、進撃してゆく大変な状況に陥っていました。

会津へと向かう途中の4月16日。
大鳥圭介らが指揮する伝習隊(幕府の精鋭部隊)の一部として統合された凌霜隊は、境宿で戦闘に陥ります。

新型銃のおかげもあってか、ここで彼らは見事に勝利(小山の戦い)。
同時に苦い結果も残りました。

死傷者2名、行方不明者2名、逃亡者2名。

勝利を得たとはいえ、会津はまだまだ遠い。
まだ若い隊長の茂吉としても、内心は戸惑い、心細かったことでしょう。

土方歳三も参戦した「宇都宮城の戦い」を戦い、奮戦しながら、凌霜隊は会津を目指します。

宇都宮城の縄張り図/wikipediaより引用

そして転戦を重ね、苦難の末、4月28日に副長・速水小三郎は会津若松城に入ります。

そこで松平容保に謁見。
凌霜隊は会津藩所属と認められたのでした。




スポンサーリンク


西軍有利の戦況が届く中、どうにか目的を達成した凌霜隊でした。

 

次のページへ >



-幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.