郡上八幡城の遠景

幕末・維新

凌霜隊(りょうそうたい)やるせない結末~会津戦争を戦った郡上藩士たち

更新日:

塩原温泉郷で見せた慈悲

会津藩士・小山田伝四郎のもと、凌霜隊は塩原温泉郷での防衛任務に就任。
5月11日から三ヶ月ほど、塩原に滞在することになります。

戦局が悪化する8月21日、凌霜隊は、建物を焼き払っての全軍退却を命じられます。
そこで隊長の茂吉は苦悩しました。

『三ヶ月も世話になった宿を焼き払うなんて……』

茂吉は守備隊長に抗議しますが、小山田は聞き入れません。
茂吉に出来たことは、名主に焼き払うことを伝え、家財道具を運び出すよう言い渡すことだけでした。

塩原温泉郷は、猛火に包まれてゆきます。
妙雲寺まで火をかけようとしたところ、隊士が寺には見事な菊の紋章が描かれていると茂吉に伝えてきました。

菊を焼けば、天皇を擁した西軍に責められるのではないかと懸念したのです。

「どうか妙雲寺だけは! お見逃しください、会津のお侍は聞いてくれません! 凌霜隊の皆様におすがりするしか……」

住民たちは、涙ながらに凌霜隊の慈悲にすがろうとしています。
そこで茂吉は、寺の横に畳や薪を積み上げて、火を放つことにします。

妙雲寺は炎と煙に包まれました。
茂吉は火を放ったふりをして、寺を救ったのです。

戦いの中、慈悲の心を見せた凌霜隊でした。

塩原妙雲寺/とちぎ旅ネットに案内が掲載されています

 

スポンサーリンク

会津で白虎隊と共闘

ここから先は、撤退戦の始まりです。

会津南部の田島、大内宿を経由して、凌霜隊は会津若松城を目指しました。

が、大内峠で西軍との戦闘になり、全軍撤退。
北へと進軍していた凌霜隊は、疲労と戦闘でもはや限界に近い状態です。

果たして入城できるのか?
そんな不安に駆られながらも、9月4日になんとか会津若松城下に到達し、秋月悌次郎の邸宅に落ち着きました。

それから籠城することになった凌霜隊は、日向内記の指揮下に入ります。
白虎隊とともに西出丸の防衛を請け負ったのです。

激しい籠城戦で、一人、また一人と、凌霜隊の郡上藩士たちも斃れてゆきました。
そして一ヶ月の激しい籠城の果てに、会津藩は降伏をします。

9月21日。
日向内記に呼び出された茂吉は、降伏すると聞かされます。

はるばる会津まで駆けつけ、戦った意味は何だろうか?
斃れてしまった仲間に、どう詫びたらばよいのか?

まだ若い茂吉の胸には、辛い思いがわき上がってきたことでしょう。

会津戦争後に撮影された若松城/wikipediaより引用

 

敗北者として罪人扱い

降伏後、凌霜隊は猪苗代での謹慎を命じられました。
雪が舞う寒い会津で、彼らは耐え忍ぶほかありません。

10月11日、日向内記から東京へ移送されると凌霜隊に伝えられます。
郡上藩預かりの処分となったのです。

しかし24日、郡上藩士の出迎えを受けた凌霜隊は失望します。
同じ藩士でありながらよそよそしく、冷たい。要は、厄介者扱いなのです。

11月15日。
大垣まで到着した凌霜隊は、囚人駕籠に乗せられ、荒縄でくくられました。
もはや彼らは罪人扱いです。

その後、夕食を出されると知った凌霜隊の面々は身構えました。

ねぎらいか?
それとも人生最期の夕食なのか?

彼らに伝えられた命令は、あまりに冷たいものでした。
翌日から牢屋に入れられるというのです。

揚屋(牢獄)に入れられた凌霜隊の隊士たちは、故郷で帰りを待っていた家族と再会することもできません。揚屋は粗悪な環境で、病に倒れる隊士も出たほどでした。

隊士は会津から戻った仲間の報告を喜び、戦傷死してしまった者の死を嘆く――そんな日々を過ごすことになります。

これでは凌霜隊があまりに不憫ではないか。
城下町からそんな声が起こりました。

明治2年(1869年)5月11日、揚屋に近い慈恩寺に領内の僧侶が集まり、凌霜隊の救援を藩庁に直訴。
これを受けて、凌霜隊の身柄は長教寺に移されました。

慈恩寺本堂/photo by Opqr wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

できれば暗殺したい 邪魔な存在

とはいえ、藩にとって凌霜隊はお荷物です。
できれば自害して欲しい、何なら暗殺したいほど邪魔でした。

が、手を下すには生存者が多すぎたのです。

この年の9月23日。会津落城から一年目の日。
凌霜隊は長教寺の本堂で、藩の使者から話を聞きました。

「朝廷からお慈悲があった。各自、自宅謹慎とする」

苦難の日々を乗り越え、やっと家に戻れるのでした。こうして凌霜隊は、苦難の末、解散に至ったのです。

明治3年(1870年)2月19日。
新政府から正式な赦免が届きました。

しかし、朝比奈茂吉はじめ多くの凌霜隊の隊士は故郷をあとにしてしまいます。

藩を救うために行動し、仲間は命を落としたというのに、罪人扱いされた彼らたち――。
そんな苦い思いを抱えた故郷に、留まりたくはなかったのでしょう。

郡上八幡は清流の流れが美しい町です。
岐阜の風光明媚も、凌霜隊にとってはあまりにつらい場所となってしまいました。

郡上やなか水のこみちにて

白虎隊とともに戦い、故郷から見捨てられた凌霜隊の面々。
彼らの姿に思いを馳せると、戊辰戦争という内戦の悲劇性が心の奥底に突き刺さります。

先ほど紹介した飯盛山にある彼らの慰霊碑は、昭和59年(1984年)、郡上八幡と会津の有志が協力し建立にこぎつけたものです。
飯盛山を訪れる機会のある方は、ぜひ、この慰霊碑にも目を留めていただければと思います。

戊辰戦争から150年。
彼らの出身地である郡上八幡では、凌霜隊について見直し、顕彰する動きが高まっております。

※脱藩処理されたか、二股であったかについては諸説がありまして、本稿ではこちらを採用しております。ご了承ください
※この二股論は、客観的にみれば「どちらに転んでも無事助かるように」という二股論に思えますが、郡上側からすれば
「国元と江戸で議論して収収拾が付かなかったため、やむをえず別れた」ということになるそうです。
脱藩も、後付になるわけですね。

書籍再版プロジェクトもCAMPFIREで実施中です。
プロジェクトの成功を願ってやみません。

戊辰戦争・明治維新150年企画!郡上藩「凌霜隊」の書籍再版にご協力ください!

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考】
『会津戦争秘話』
凌霜隊の歴史知って 飯盛山で慰霊碑に献花、岐阜・郡上の関係者

 



-幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.