幕末・維新

新選組・十番組長の原田左之助! 家族愛の強いパパ剣士だった?

慶応四年=明治元年(1868年)5月17日は、新選組・十番組長だった原田左之助が亡くなった日です。

強いのはもちろんですが、隊内でも美男子だったといわれていることもあり、また竹を割ったような性格などから人気の高い人物ですね。

しかし、その性格ゆえ、まだ28歳という若さで命を落としたのでは? と思われる点もあります。

亡くなったときのことだけだと悲しくなってしまいますので、彼が生まれたところから話を始めましょう。

 

上司と合わずに出奔し、近藤の道場へ

原田は、伊予松山藩(現・愛媛県松山市)の藩主に仕える奉公人の家に生まれました。

しかし、上司とそりが合わなかったからか、若いうちに出奔してしまいます。

上司とケンカしたときに「切腹の作法も知らぬ下郎が!」と罵られ、その場で腹を切ってみせたことがあるらしいので、その手の売り言葉に買い言葉は日常茶飯事だったのかもしれません。
根性がパネェっすね。

この件については、新選組内でも自慢話にしていたらしいので、本人としては「やってやったぜ!」と思っていたのでしょうね。

藩を飛び出した後は、槍術の免許皆伝を受け、やがて江戸の試衛館(近藤勇の道場)に参加。

以降、新選組の初期メンバーとして活動していくことになります。

新選組の天然理心流はナゼ殺人剣法に?幕末関東は『リアル北斗の拳』だった

続きを見る

やがて隊の制度が整えられたときは、殿(しんがり)である十番組長を任されました。

殿というのは軍が引き上げるときの最後尾の役ですから、負け戦のときには最も危険にさらされる位置です。

おそらく、近藤は原田の気概を買って任せたのでしょう。

 

新選組の中では珍しく結婚 家族愛も強かった!?

そんなわけで信頼もありましたので、原田は【芹沢鴨暗殺】や【池田屋事件】など、新選組の大きな動きにも数多く関わっていきます。

龍馬は関係ない!池田屋事件スッキリまとめ それは新選組vs長州土佐でした

続きを見る

そのせいで坂本竜馬暗殺犯と疑われたこともあります。

犯人が伊予なまりだったといわれていたためですが、これは現在では否定する見方が強いようです。

坂本龍馬が暗殺されるまで駆け抜けた33年激動の生涯~暗殺犯は誰だ?

続きを見る

誰も彼もが疑心暗鬼だった幕末のこと。

少しでもそれらしき繋がりがあって、腕が立つと見られていた人物だからというだけで疑われた可能性も高そうですね。

竜馬の件はさておき、物騒な仕事を任されることも多かった原田ですが、私生活では情に厚い人物でした。

特に妻子のことは大事にしており、京都で結婚して男の子をもうけています。非番の日には息子を抱いて屯所へ自慢しに来ていたといいますから、余程可愛がっていたのでしょうね。

そもそも新選組では正式に結婚した人がほとんどいませんでした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.