堀田正睦/wikipediaより引用

幕末・維新

堀田正睦は優秀な開明派だが幕府と朝廷に挟まれパンク寸前! 55年の生涯

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
堀田正睦
をクリックお願いします。

 

わかってくれとは言わないが そんなに堀田が悪いのか

失意のまま江戸に戻った堀田。

そこで井伊直弼は、強行突破します。

「もう勅許とかいらんわ」

井伊直弼は生まれたときから波乱万丈~桜田門外に散るまで46年の生涯まとめ

続きを見る

かくして幕府は、無勅許での調印を断行(1858年 日米修好通商条約)。堀田は老中を辞任させられました。

その後は【安政の大獄】→【桜田門外の変】という幕末定番の重大事件が勃発。様々な理由あって一橋派だった堀田は、安政の大獄では隠居に追いやられてます。

安政の大獄における井伊の目的は? 泥沼の政権抗争を終息させるためだった

続きを見る

桜田門外の変で井伊直弼の首をとったのは? 薩摩浪士の有村次左衛門

続きを見る

しかし、井伊直弼が暗殺された翌1860年、堀田は藩政に復職し、再び改革に着手します。

それもつかの間、文久2年(1862年)、今度は、老中在職中の不届のかどで蟄居を命ぜられてしまうのでした。

老中って、すでに過ぎたことを掘り返して、今さら何なのか?

これは実質的に「安政の大獄」に対する報復人事だとされています。

そもそも堀田は、井伊直弼に嫌われてはおらず、したがって安政の大獄での隠居処分も軽いほうで、いずれは復帰させる予定だったとのこと。

それを受けて、反直弼派となった幕府から、「おまえ、やっぱ辞めろや」と報復されたのです。

ったく、ややこしいです。感情のもつれって、幕府でも大変なんですね。

元治元年(1864年)、堀田は佐倉城内で死去しました。

享年55。
蟄居処分が解かれたのは、死後のことでした。

 

斉昭はじめ一橋派がやりすぎでは?

堀田の苦闘を見ていると、

「英雄が国のためを思っていた幕末史」

とは正反対、自分たちに有利にことを運ぶためにうごめいていた、各勢力の姿が浮かび上がってきます。

さすがの阿部であっても、その全てに調整をはかりながら、難局を乗り切るのは難しかったのではないでしょうか。

ぶっちゃけて言えば、

「堀田が無能ではなく、徳川斉昭はじめ一橋派が足を引っ張りすぎ……」

という思いが湧いてきます。

幕府にも優秀な開明派がいた。堀田正睦もその一人でした。

あわせて読みたい関連記事

阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊! 勝を抜擢した老中の実力

続きを見る

「幕末の賢侯」と呼ばれた徳川斉昭はデキる!されど精力的過ぎて問題も多し

続きを見る

岩瀬忠震がハリスを圧倒! 凄腕の幕臣が日米修好通商条約の交渉に挑んだ

続きを見る

明治天皇の功績&エピソードまとめ! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

幕末の皇室を救った田中河内介~明治天皇の出生費用を請負い、薩摩に殺される

続きを見る

調所広郷がいたから薩摩も西郷も躍進できた!しかし一族は一家離散の憂き目に

続きを見る

幕末長州が活躍できたのは村田清風のお陰?「そうせい候」の下で手腕発揮

続きを見る

孝明天皇を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれた御意志とは

続きを見る

井伊直弼は生まれたときから波乱万丈~桜田門外に散るまで46年の生涯まとめ

続きを見る

安政の大獄における井伊の目的は? 泥沼の政権抗争を終息させるためだった

続きを見る

桜田門外の変で井伊直弼の首をとったのは? 薩摩浪士の有村次左衛門

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
『幕末維新人物事典』泉秀樹(→amazon link
『別冊歴史読本 天璋院篤姫の生涯』(→amazon link
国史大辞典

TOPページへ

 



-幕末・維新
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)