那波列翁伝初編

ご存知ナポレオンを幕末の志士たちも崇拝した?/wikipediaより引用

幕末・維新

幕末ナポレオンブーム!『那波列翁伝初編』を耽読した西郷や松陰

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
那波列翁伝初編
をクリックお願いします。

 

松陰、フレイヘイドを求める

長州藩の思想家である吉田松陰は、野山獄(長州藩の牢)の中で『那波列翁伝初編(ナポレオンでんしょへん)』を読みあさりました。

吉田松陰
長州藩の天才・吉田松陰が処刑された真の理由は?30年の生涯まとめ

続きを見る

そこで印象に残ったのが、【フレイヘイドを掲げたナポレオンがイタリアを解放する記述】です。

「フレイヘイド」とは、「自由」ということ。

自分と同じ一書生にすぎなかったナポレオンがフレイヘイドを掲げてイタリアを解放したように、自分もきっとそうできる。そう松陰は憧れていたのです。彼の師である佐久間象山から学んだ影響と言えます。

この「フレイヘイド」を求める思想こそ、「草莽崛起」へとつながってゆきます。

松陰はじめ、尊皇攘夷思想を持つ人々は、外国を敵視していました。

その一方で、夷狄であるはずのナポレオンには憧れを抱いていたのです。

 

沖永良部島での西郷も

文久3年(1863年)、西郷隆盛は二度目の流罪となる、沖永良部島へ向かっておりました。

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る~誕生から西南戦争まで49年の生涯

続きを見る

島へと向かう荷物の中に、ある本が入っていたのですが……。

それが小関三英が命がけで翻訳した『那波列翁伝初編』です。

ナポレオン伝の前半部として、コルシカ島で成長するナポレオンの成長期が描かれたものでして。

ナポレオンが生まれる直前、コルシカ島はフランス領に組み込まれました。

青年期のナポレオンは、故郷コルシカ島から政敵によって追放されるという挫折を味わい、そこから青年将校としてのキャリアをスタートさせています。

遠い島の中、西郷は何を思いながらこうしたナポレオンの人生を読んだのでしょうか。

島津久光の怒りに触れて薩摩を追われ、二度も味わう苦い挫折。

奄美大島での西郷隆盛
奄美大島へ流罪となった西郷はどんな生活を送ったか?狂人と呼ばれて

続きを見る

そんなとき、島から本土に戻り、大きく羽ばたく姿を……遠くフランスで生まれた英雄に、己の人生を重ね合わせていたのかもしれません。

なぜ幕府はナポレオンの情報を隠そうとしたのか?

にも関わらず、時に命まで賭けて翻訳する人がいたのか?

答えは、幕末になるとわかります。

吉田松陰や西郷隆盛は、ナポレオンの人生に己を重ね、国を変えることを目指しました。

コルシカ島出身の一将校から、フランス皇帝にまで出世し、ヨーロッパを征圧したナポレオン。

その立身出世は、遠く離れた日本においても、人々の心に火をつけるだけの力があったのです。

みんなが読んでる関連記事

ネルソン提督
ネルソン提督の英海軍は世界最強~そのカリスマに男も女も惚れてまう

続きを見る

ナポレオン戦争が超わかる!ヨーロッパ全体を巻き込んだ皇帝の戦績

続きを見る

頼山陽
脱藩上等自由人だった頼山陽『日本外史』著者の意外な生涯を振り返る

続きを見る

シーボルト事件
シーボルト事件に巻き込まれて獄中死した高橋景保が不憫でならない

続きを見る

武田信玄
史実の武田信玄は最強の戦国大名だった?人物像に迫る生涯53年まとめ

続きを見る

吉田松陰
長州藩の天才・吉田松陰が処刑された真の理由は?30年の生涯まとめ

続きを見る

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る~誕生から西南戦争まで49年の生涯

続きを見る

奄美大島での西郷隆盛
奄美大島へ流罪となった西郷はどんな生活を送ったか?狂人と呼ばれて

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
岩下哲典『江戸のナポレオン伝説―西洋英雄伝はどう読まれたか』(→amazon
五代夏夫『薩摩秘話』(→amazon

TOPページへ

 



-幕末・維新
-

×