幕末・維新

最期はピストル自決!川路聖謨(青天を衝け平田満)は史実でどんな人物?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
川路聖謨
をクリックお願いします。

 

ピストルで喉を撃ち抜き

慶応3年(1867年)。

この年は聖謨にとって、いよいよ最期の崩壊を迎える辛い月日の始まりでした。

三度目の中風の発作が起き、ますます体調が悪化。年末には弟・井上信濃守清直を亡くします。

外国奉行を務めたこの弟は、ハリスの応接に当たった名外交官でした。清直は治安悪化する江戸の対応にあたり、寒い中激務をこなしたために風邪で寝込み、命を落としたのです。

あけて慶応4年(1868年)――。

鳥羽・伏見の戦い】で幕府軍が敗走した知らせが届きます。

かつて聖謨が期待を寄せていた慶喜は、味方を見捨てるように軍艦で江戸に逃げ帰ったのです。

幕臣、そして江戸の民は慶喜の不甲斐なさに呆れ返りました。

鳥羽・伏見の戦い
鳥羽・伏見の戦いで注目すべき慶喜の大失態~幕府の敗北 当たり前?

続きを見る

そんな中、聖謨は「死」を意識するようになります。

もはや七十を超え、何もできない。

自虐的な思いと悲痛は、慶喜の逃走により頂点に達していました。二月に入ると聖謨は「頑民斎」と号しています。

頑固な民――そう名乗る心境はいかばかりか。

幕府への忠節と絶望が交錯する中、聖謨は『述懐』と題した詩歌を揮毫し、友人知人に贈り始めたのでした。それはまるで、身辺整理をするような行為です。

そして江戸城攻撃の日、川路聖謨は武士として腹を切ると、ピストルで喉を撃ち抜き、命を絶ったのでした。

妻・さとが銃声を聞きつけ駆けつけ目にしたのは、右手にピストルを握りしめ、鮮血に染まった夫の姿。

愛する夫の後を追いたい。

さとはそう思い詰めるものの、異国で学ぶ太郎を思い、踏みとどまります。

そして淡々と、愛する夫を失った悲しみを日記に描き続けたのでした。

 

忘れられた名外交官とその思い

川路聖謨の凄絶な死は、武士として幕府に殉じたものとみなせます。

少し長くなりますが『述懐』を引用してみましょう。

述懐

生替わり死にかわり来て幾度も

身を致さなん君の御為に

二荒山神(ふたらやまかみ)もあわれと見そなわせ

露の此の身もつくす真心

病床に平臥して既に四年

七旬の衰日に潜然たり

君恩山岳 毫(すこし)も報じ難し

徒(いたず)に茲(こ)の身を致して九天に帰す

廟謀を嗟嘆(さたん)するも禁ずべくも無し

朝昏泣血の七十翁

児孫国の為に身を以て殉じ

汗に愧(は)じず寸忠を尽くせ

慶応四年二月 川路頑民斎聖謨

慶喜が逃げ帰り、世間の嘲笑の的となり、福沢諭吉を歯ぎしりさせた。

そうした不甲斐なさと比べると、高潔な武士道を見せられたような気もします。

福沢諭吉
勝や榎本にケンカを売った福沢諭吉~慶応創始者の正体は超武骨な武士!

続きを見る

半身不随であり、もはや古希を過ぎている。生き延びたところで、何ができよう? どうせ生きてもたかが数年。そんな思いは感じられます。

前述した『述懐』末尾には、己を伯夷・叔斉(はくい・しゅくせい)になぞらえています。

敬斎を頑民斎と改めて、

天つ神に背くもよかり蕨つみ

飢えし昔の人をおもえ

伯夷・叔斉は、武王が紂王を放伐して天下を制した【殷周革命】を否定し、山に隠棲すると蕨等の山菜だけを食べ続け、餓死しました。

儒教で聖人とされるこの兄弟の心境は、後世さんざん議論されていました。

彼らは己の義を信じ、穏やかに死んでいったのか?

それとも憂悶と怒りのうちに死んだのか?

あえてこの故事を投げかけてきたことを踏まえると、川路聖謨の心境が見えてきます。

若くして即位した明治天皇を讃え、日本はこの新帝のもと新しき国になると書き残しています。

そんな達観と希望のみならず、薩摩への怒りと憎しみも綴られています。

やつらは裏切り、策謀により幕府を朝敵に貶めた。

なまじ将軍継嗣問題で共に慶喜を推していただけに、薩摩藩への憎しみは、ただならぬものがありました。

川路聖謨は樺太を含め、北方領土を守り抜くことを重視していました。

それを明治政府はどうしたか?

イギリスの介入を受け、樺太をロシアに引き渡してしまったのです。

日露戦争で南樺太は日本領となったものの、第二次世界大戦敗北により、失われました。

間宮林蔵
間宮林蔵は潜伏が得意な幕府のスパイ?樺太海峡を発見した農民の正体は

続きを見る

樺太の歴史は“無関心の歴史” ゴールデンカムイの舞台に刮目だ

続きを見る

川路聖謨が奮闘した時代から150年以上を経ても、北方領土はまだ日本とロシアの間で、棘のように刺さったままです。

幕末をあつかったものにせよ、海外の脅威が出てくるタイミングは、ペリー来航が起点とされるものばかりなのです。

幕府がいかにロシアとの外交に力を入れてきたか。

そこまで振り返って、その時の知恵を思い出してこそ、本当の意味での川路聖謨顕彰になるのではないか?

どうしてもそう考えてしまうのです。

みんなが読んでる関連記事

幕末の海外事情
誤解されがちな幕末の海外事情~江戸幕府の対策は十分にイケていた?

続きを見る

阿部正弘
阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊?勝を抜擢した老中の実力とは

続きを見る

日露戦争
日露戦争なぜ勝てた? 仁川沖海戦に始まり講和条約が締結されるまで

続きを見る

徳川斉昭
史実の徳川斉昭は幕府を揺るがす問題児だった? 青天を衝け竹中直人

続きを見る

岩瀬忠震
スゴ腕の幕臣・岩瀬忠震がハリスを圧倒!日米修好通商条約 締結の裏側

続きを見る

訪日外国人は見た驚いた!幕末ワンダーJAPANの文化・風習・生活とは

続きを見る

ペリーじゃないよハリスだよ 日米修好通商条約を結んだアメリカ人って?

続きを見る

平岡円四郎
平岡円四郎(青天を衝け堤真一)は史実でどんな人物だった? 壮絶な最期とは?

続きを見る

藤田東湖
史実の藤田東湖は水戸藩を動乱させた危険人物?青天を衝け渡辺いっけい

続きを見る

橋本左内
西郷の心に居続けた橋本左内26年の生涯~福井藩の天才 哀しき最期とは

続きを見る

堀田正睦
堀田正睦は優秀な開明派~幕府と朝廷の板挟みで苦しんだ55年の生涯

続きを見る

井伊直弼
幕末で最も過小評価される男・井伊直弼~真の実力と生涯46年を振り返る

続きを見る

生麦事件
生麦事件でイギリス人奥さんは頭髪を剃られ 英国vs薩摩に発展する

続きを見る

鳥羽・伏見の戦い
鳥羽・伏見の戦いで注目すべき慶喜の大失態~幕府の敗北 当たり前?

続きを見る

福沢諭吉
勝や榎本にケンカを売った福沢諭吉~慶応創始者の正体は超武骨な武士!

続きを見る

間宮林蔵
間宮林蔵は潜伏が得意な幕府のスパイ?樺太海峡を発見した農民の正体は

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
川田貞夫『川路聖謨』(→amazon
中野好夫『川路聖謨』(『ちくま日本文学全集55』より)
野口武彦『慶喜のカリスマ』(→amazon

TOPページへ

 



-幕末・維新
-