ジョン万次郎

ジョン万次郎の写真と銅像(土佐清水市)

幕末・維新

14才で漂流したジョン万次郎がアタマ良すぎ~米国で学を修めて帰国して

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
ジョン万次郎
をクリックお願いします。

 

黒船来航で今度は直参旗本となる

嘉永6年(1853年)、黒船が来航すると世間は騒然となります。幕府ももはや日和見主義を貫くことができません。

万次郎は、時の老中・阿部正弘により江戸にまで呼び出されました。そして直参に取り立てられ、「中浜」の姓を与えられたのです。

阿部正弘
阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊?勝を抜擢した老中の実力とは

続きを見る

阿部もまた有能な人材であり、無下に咎を責めるようなことはなく、万次郎の才を買ったのでした。

話のできる者がいたことで幕府にとって幸か不幸か、この時点ではわかりませんが……。

いずれにせよ急ピッチで開国へと準備を進める中、英語ができ、知識豊富な彼は重用されます。

万延元年(1860年)。

万次郎は遣米使節団の一員として咸臨丸に乗り込み、恩人たちの待つアメリカに向かいます。

ハワイでは恩人のデーマン牧師と再会を果たしました。

デーマンはホイットフィールドに、彼が育て上げたジョン・マンが、祖国で立派に役割を果たしていると、手紙で伝えます。

ジョン万次郎が描いた世界地図/wikipediaより引用

そのあと、万次郎は日本と土佐藩のため、全力で働き続けました。

豊かな彼の知識は、誰にとっても喉から手が出るほど欲しいもの。まさに引っ張りだこでした。

ただし、彼には政治的な野心はありません。

維新の中で活躍して地位を得ることよりも、ひたむきに知識を伝えることを使命としていたのです。

 

ホイットフィールドとの再会

明治維新のあと、明治3年(1870年)。

万次郎は普仏戦争の視察のため、大山巌(西郷隆盛のイトコ)らと欧州へ派遣されました。

その途中、万次郎はアメリカ・マサチューセッツ州フェアヘイヴンにて、懐かしい人物と再会しました。

大恩人のホイットフィールドです。

彼は万次郎が祖国で立派に役割を果たしていることを、大いに喜んだのでした。

そして向かった欧州。

ロンドン滞在中、脚に潰瘍ができてしまったことを理由とし、万次郎は急遽帰国します。

自分は帰国後、この国をよくするために尽くして来た。

しかし、その結果、祖国は自分が目指した方向とは別の方に向かっているのではないか……万次郎の胸に、そんな思いがよぎりました。

確かに時代は変わったものの、明治政府は藩閥政治が行われ、腐敗も目に余るものがありました。

万次郎がアメリカで見たデモクラシーとは別の何かが、日本を覆っている――。

戦争を見学するよりも、もっと参考すべきものがあるのではないか?

そう考えたところで、万次郎は無力です。

政治的野心もなければ、藩閥という後ろ盾もろくにない万次郎。もはや明治政府も万次郎に頼る必要はありません。

帰国した留学生や、お抱え外国人を雇えば済むことでした。

万次郎は帰国後、政治に関わることはありませんでした。教育者として、東京帝国大学で教鞭を執ることを選ぶのです。

 

幸福な一家の父親、されど貧しく

明治17年(1884年)、デーマン牧師が来日しました。

彼の目的のひとつに、旧友であるジョン・マンに再会することがありました。

そこで聞いたのは、驚愕の知らせでした。

「彼ならもう亡くなっていると思いますよ」

デーマンは驚きました。

しかしそれは違ったのです。

万次郎は世間から忘れられていただけで、生きていました。

デーマンが再会したのは、極めて健康で幸福な一家の父親となった、旧友の姿でした。

ジョン万次郎/wikipediaより引用

しかしデーマンは、嘆きを隠せません。

あれほどまでに日本の開国に尽くした万次郎なのに、財産も何もなく、子息の扶養に頼って暮らしていたのです。

その大きな功績に、日本の政府は十分に報いていないではないか。それがデーマンの実感でした。

アメリカ帰国後、デーマンは自らが発行する新聞で、こう主張しました。

日本政府は、かつて日本のために尽くしたこの年老いた忠実な臣民に対して、十分な恩給を与えるべきである。

そのことにより、政府の名誉を高めるよう、私は心の底から願ってやまない――。

しかしデーマンの願いは叶いませんでした。

ひっそりと、隠者のように静かな余生を過ごし……明治31年(1898年)、中浜万次郎、死去。享年72でした。

万次郎の人生は、幕末の日本だけではなく、多くの人々の好奇心を掻き立てました。

大胆に脚色され、ミュージカル『太平洋序曲』にもなっており、最近では2017年のブロードウェイでも上演されています。

※『太平洋序曲』より「神奈川へようこそ」

彼の人生は、幕末において日米間を結んだ第一人者として、今なお語り継がれています。

みんなが読んでる関連記事

島津斉彬
幕末薩摩の名君・島津斉彬~西郷らを見い出した開明派50年の生涯まとめ

続きを見る

阿部正弘
阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊?勝を抜擢した老中の実力とは

続きを見る

雲行丸
日本初の蒸気船「雲行丸」を薩摩で設計したのはジョン万次郎だった!

続きを見る

坂本龍馬
坂本龍馬 史実の人物像に迫る!暗殺されるまで駆け抜けた33年の激動

続きを見る

岩崎弥太郎
岩崎弥太郎の生涯と渋沢栄一との関係は? 三菱財閥を築いた土佐郷士

続きを見る

鎖国
鎖国の目的はズバリ制限外交!長崎オランダ以外にも複数の外交ルート

続きを見る

幕末の海外事情
誤解されがちな幕末の海外事情~江戸幕府の対策は十分にイケていた?

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
国史大辞典
泉秀樹『幕末維新人物事典』(→amazon
ほか

TOPページへ

 



-幕末・維新
-