松江城と騎馬像

江戸

ここがヘンだよ松江藩 それでも幕末まで藩を存続させた不思議な歴史

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
松江藩
をクリックお願いします。

 

せっかく持ち直した財政は再びどん底に――家臣も領民も「何やってんだよアンタ」と言いたかったに違いありません。

治郷は茶人としての目や趣味は良かったので、彼の隠居後の名をとって「不昧公好み(ふまいこうごのみ)」とされる茶器や和菓子、庭園が松江の名物になったそうなのですが……何でしょうか、このスッキリしない感じ。

そんなこんなで物議を醸した治郷の跡を継いだのが、八代・松平斉恒です。

当時15歳ですから、中学三年生でトーチャンとそれ以前の代からの難題を任されたことになります。カワイソス(´・ω・`)

斉恒自身は塙保己一に延喜式の校訂をさせるなど学問にも熱心でしたが、31歳の若さで世を去ったため、やはり財政再建は達成されないまま代替わりとなります。

 

幕末の混乱期 積極的に動くがドコか抜けていて

九代・松平斉斎(なりとき)は、藩主になったときわずか7歳。
この時点で悪~い予感が漂ってきますよね。

彼の代には天保の大飢饉をはじめとする天災が多数ぶち当たりました。

しかし、斉斎本人に危機感はなく、幕府に12万両も献金した上、さらに自分は相撲鷹狩に興ずるというバカ殿っぷりを発揮します。
一応、家老が教育したはずなんですが、何がどうしてそうなった。

松平斉斎・鷹がよっぽどお好きだったようで、こんな調子だから……/wikipediaより引用

当然「こんなバカ殿にいつまでも藩主をやらせておけるか!」と思われ、斉斎は39歳のときに無理やり隠居させられました。カッコ悪いなぁ……。

十代・定安は斉斎の娘婿ですが、血筋としては同じ越前松平家でしたので、「親戚に尻拭いをしてもらった」という感じになりました。

ときは既に幕末。
定安も幕府や外国の危機を感じ、西洋の学問や軍艦を取り入れ、女学校を作り、欧米へ留学生を派遣するなど、積極的に動いていた頃です。

しかし、松江藩領だった隠岐で徴兵をしたため、住民から一揆を起こされてしまったこともあります。

このときは武力鎮圧しようとしたところを、薩摩や長州から反対され間一髪のところで取りやめたといいますから、果断というか、こう……窮地に陥るとテンぱるタイプだったんですかねぇ。

松江藩とイザコザを起こした隠岐はその後、鳥取藩の預かりとなって何とかなりました。

ついでに言うと、松江藩の財政も廃藩置県によってどこかへ行ったようです。その辺の詳細は不明です(´・ω・`)

まあ、政権が代わるとそれまでの負債がなかったことになる、というのはままある話なので、松江でドス黒いことが行われていたというわけではないと思うのですが。多分。

松江城の天守江戸時代中期に改修されたときのもので、現在は国宝に指定されています。

島根県というとやはり出雲大社が一番の観光地ですが、合わせて松江城や松江市を訪れ、神話の時代から江戸時代を感じてみるのも面白そうです。

歴代藩主のアレな所業がありつつも、そうした歴史的な空気が残っているあたり、名もなき一般人の努力が大きかったのでしょう。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

慶長出羽合戦(北の関ヶ原)で上杉・最上・伊達が激突! 各家の戦術戦略を考察

続きを見る

伊達綱宗(政宗の孫)と伊達騒動!遊び呆けて危うく改易だった?

続きを見る

由羅(お由羅の方)&お由羅騒動をスッキリ解説! 幕末薩摩の内乱とは?

続きを見る

竹中重義「踏絵」を最初にしたのはあの半兵衛の遠類?密貿易がバレて切腹に

続きを見る

信長お気に入り家臣【森可成】森一族を率いた武将はどんな人だった?

続きを見る

結城秀康(家康 次男)はブサメンだから父に嫌われたってマジ?

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

TOPページへ

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
松平斉恒/wikipedia
松平治郷/wikipedia
松江藩/wikipedia
松平宗衍/wikipedia

 



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.