水戸城大日本史編纂之地

水戸城大日本史編纂之地

江戸時代

借金苦でも学問を続けた水戸藩の歴史! 四代宗堯から八代斉昭の足跡とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
水戸藩の歴史
をクリックお願いします。

 

そうだ、徳川宗春だ! お金を使えば経済も回るゼ!

宗翰の死後、長男の治保(はるもり)が六代藩主となりました。このとき15歳でしたので、父のときよりマシとはいえ、やはり若年と呼ぶべき歳です。

財政悪化や父の時代に頓挫した改革事業、そして天明の大飢饉という最悪のコンボをくらいつつも、治保は地道に頑張ります。

藩士の給料半減(借上げ)や、献上金をした者は郷士として取り立てるようにし、さらに「三人以上子供がいる農民は、稗(ひえ)を支給する」として、人口(働き手)と改革事業のためのお金を確保しました。

稗は今でこそ健康食品扱いですが、当時は米を食べられない貧しい人々の主食。現代でいえば「最低限の食料はタダであげるから働いてね」というお達しが出たような感じです。

当時は貧しさから子供を間引くことも珍しくなかったため、それによってますます田畑が荒れることを防ぐための施策でした。

治保はおそらく、父の失敗の原因を自分なりに調べて、よくよく検討したと思われます。

消費促進、つまり領内にお金を回らせるため、芝居や相撲の興行を藩内で行ったのです。尾張藩七代の徳川宗春と似た考えですね。

徳川宗春
徳川宗春ムネノミクスで空前の好景気~名古屋の繁華に京(興)がさめた

続きを見る

どこかで宗春のアレコレを聞いて「ウチでも、試しにそういうのやってみよう。皆気持ちが明るくなって、よく働くようになるかもしれない」と思ったのでしょうか。宗春のことは、色んな所で語り草になっていそうですしね。

案の定、幕府からはお咎めを受けてしまったので、消費促進策はすぐに取りやめられてしまいましたが。

一方、紙やタバコ、こんにゃくなどの殖産興業による、地道な商業政策は続けられています。

 

自ら大日本史の編纂に携わった治保さん

治保は、何かをやり始めるときに自ら率先して動くタイプでもありました。

まだ終わっていなかった『大日本史』の作業を学者たちとともに自身の手で行った他、本もいくつか書いています。

こうすることで、藩士に学問を勧めやすくしたのです。そりゃ、お殿様が大人になっても勉強熱心なのに、下がサボるわけにはいきませんものね。

水戸藩では学問が奨励され、政治に学者が関わるようになっていきます。

そして、この流れは幕末まで続きました。

藤田東湖
藤田東湖(青天を衝け 渡辺いっけい)史実はどんな人? 水戸藩を過激化?

続きを見る

水戸藩主には代々中国風の諡号がつけられているのですけれども、治保は「文公」とされています。理想的な君主に与えられる、最も好意的な諡号です。

また、「文」を「あや」と読むと、「表面的には見えない、社会や世の中のしくみ」という意味があります。

諡号は大げさに美化したものになることも多いのですけれども、治保の場合はまさにその通りですね。

残念ながら、水戸藩の財政は江戸時代が終わるまで、好転したとはいえません。

しかし、治保が残した学問奨励の気風は、息子で七代藩主の治紀(はるとし)、さらにその子である八代・斉昭の時代に結実し、倒幕の一角を担っていくことになります。

水戸藩の歴史からは、財政再建の難しさと、学問の大切さがじわじわ伝わってきますね。

みんなが読んでる関連記事

徳川斉昭
徳川斉昭(青天を衝け・竹中直人)の史実は幕府を揺るがす問題児?【慶喜の父】

続きを見る

徳川慶喜
徳川慶喜を知れば幕末の動乱がわかる!家康の再来とされた英邁77年の生涯

続きを見る

渋沢栄一
史実の渋沢栄一とは? 大河『青天を衝け』主人公~激動の生涯92年まとめ

続きを見る

青天を衝けの意味
『青天を衝け』タイトルの意味は? 渋沢の漢詩が由来の2021大河ドラマ

続きを見る

御三家と御三卿って何がどう違う? 吉宗が田安家を創設した理由

続きを見る

徳川家綱
徳川家綱(四代将軍)を地味将軍と言うなかれ 実は好感度エピ満載な人物

続きを見る

徳川吉宗が将軍になるまでのミステリー 7名の重要人物が次々に死亡って!?

続きを見る

徳川宗春
徳川宗春ムネノミクスで空前の好景気~名古屋の繁華に京(興)がさめた

続きを見る

藤田東湖
藤田東湖(青天を衝け 渡辺いっけい)史実はどんな人? 水戸藩を過激化?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
徳川宗翰/wikipedia
徳川治保/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代
-,