まんが日本史ブギウギ

「殿中でござる!」江戸城で起きた刃傷事件からの~まんが日本史ブギウギ192話

人というのは、刺激が大好きな生き物――。

歴史の授業で戦国時代が終わり、江戸時代へ突入していくと、

『急に刺激がなくなった……』

と嘆く方は少なくありません。

そりゃあ織田や武田がドンパチやっていた戦乱期は、全国どこを覗いてみても権謀術数うごめいていて、現代人の我々も脳内ドーパミンが止まらないことでしょう。

しかし、泰平の世と思われがちな江戸時代にも大きなトラブルがなかったワケじゃありません。

いや、平和だからこそ、突如起きたこの事件はインパクトが大きく、今なお多くのフィクションなどで語り継がれています。

そう、『忠臣蔵』でお馴染みの【赤穂事件】です。

それは一体どのような時代に、どんな流れで起きたのか。

マンガ『日本史ブギウギ』第192話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

元禄の関白

霊元天皇は、幕府に対しても強硬派で知られた御方でした。

霊元天皇は江戸幕府にも引かぬ!媚びぬ!省みぬ! 子供は35人いた!

続きを見る

 

ボクのターン

◆5代将軍・徳川綱吉から6代将軍・徳川家宣へ。

徳川綱吉
徳川綱吉は犬公方というより名君では? 暴力排除で倫理を広めた人格者

続きを見る

徳川家宣
在位三年で死亡の六代将軍・徳川家宣は清廉クレバー!知られざる実績とは

続きを見る

この間に起きた大事件と言えば、今なお我々にもよく知られるあの……。

 

前振り

◆舞台は江戸城松の廊下。

そこで暴れると言えば……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)