まんが日本史ブギウギ

義晴・義輝親子は近江へ 後はいよいよ晴元か!まんが日本史ブギウギ146話

応仁の乱(応仁・文明の乱)によって、京都のみならず全国へ争いの火種が飛び火。

政治も軍事も、中央から地方へ主役が分散していくため、この後、京都や畿内のことなどすっかり忘れられがちですが、もちろんそんなこたぁありません。足利幕府も存在しており政務は続けられます。

しかし将軍や管領を中心に争いは続き、新たなシーンへと突入。一大契機となったのが【明応の政変】でした。

将軍をすげ替えて傀儡政権を樹立すると、以降、細川氏を中心に中央は進みます。

細川政元

細川高国

細川晴元

そしてこの細川氏も身内での抗争から分裂や提携が起き、やがてその中から頭角してきたのが三好長慶――というわけでマンガ「日本史ブギウギ」、第146話スタート!

 

将軍の気持ち

 

堺の攻防

 

将軍の意地

 

最後の管領

 

逆襲の長慶

 

舎利寺の戦い

 

三好の長老

 

悪魔のツイート

みんなが読んでる関連記事

細川晴元
細川晴元(戦国初期の天下人)はなぜ長慶との争いに敗れたか【50年の生涯】

続きを見る

足利義晴(12代将軍)不安定だった義輝や義昭の父 40年の生涯とは

続きを見る

足利義輝(13代将軍)の壮絶過ぎる散り際! 麒麟がくるで注目されるその生涯

続きを見る

明応の政変がエゲツねぇ! 戦国時代の始まりともされる細川vs足利の争い

続きを見る

バックナンバーを全部読みたい!という方はこちらへ→日本史ブギウギ

戦国武将の物語が読みたい!という方はこちらへ→戦国ブギウギ

著者:アニィたかはし

TOPページへ

 



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)