鎖国

出島(長崎)/wikipediaより引用

江戸時代

鎖国の目的はズバリ制限外交!長崎オランダ以外にも複数の外交ルート

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
鎖国
をクリックお願いします。

 

他にもあった江戸時代の外交ルート

かように鎖国といえばオランダ・中国との話が中心。

これを「江戸時代の外交」に広げてみると、また少し見方も変わってきます。

江戸時代には長崎以外に3つ、合計で4つの外交窓口がありました。

マトメておきましょう。

◆長崎口(幕府担当)

・オランダ
・清(中国)

上記説明どおりです。

◆対馬口(対馬藩担当)

・李氏朝鮮

朝鮮通信使も対馬経由で日本へやってきます。

江戸時代の外交関係の中では、かなり密接な付き合いがあった窓口ですね。

◆薩摩口(琉球口)

・琉球王国

外交・交易というより「支配」。

慶長十四年(1609年)、薩摩藩は琉球を攻略し、幕府もこれを認めていました。

琉球は中国・清王朝にも朝貢していましたので、二重に主筋を持つという、いかにも苦しそうな立場になります。

しかし、逆に日本と清という大きな取引相手を確保できたことで、自治と文化を保ち続けました。

◆蝦夷口

アイヌ民族

普通の交易もしていましたが、割と衝突の多い方面です。

というのも、松前藩は北方の地ゆえに財源が少なく、アイヌとの交易による収益にほぼ頼りきりでした。

当然、より多くの利益を得ようとしますが、そのためにアイヌに対して無茶ぶりなんぞをするわけです。

また、江戸時代の後半以降はロシア人による圧迫も加わり、複雑な状況が続きました。

 

密貿易(抜け荷)は頻繁に行われていた?

長崎は幕府直轄地だったので、不正や外国人の潜入は比較的難しかったといわれています。

それでもシーボルトが

「私は山育ちのオランダ人なので、言葉になまりがあります^^;(オランダに山があるとはいっていない)」

と言い張って滞在したりはしていますが。

シーボルト
シーボルトは生粋の親日家? あの事件から30年後に再来日していた

続きを見る

シーボルト事件
シーボルト事件で何が起きた? 地図を交換した高橋景保はどうなった?

続きを見る

しかし、他の松前・対馬・薩摩では、ほぼ公然と密貿易(抜け荷)を行って、こっそり利益を得ていた者もいたようです。

海に接している他の藩の中にも、密貿易をしているところはあったとか。そのついでにキリスト教が入ってきてはたまらないので、幕府は密貿易を取り締まろうとしていましたが、うまく行っていません。

現代でいうところの外患誘致などがなかったことは、不幸中の幸いといえるでしょう。

大陸国家の歴史と比較するとわかりますが、内通者のせいで紛争→戦争になることほど、質の悪いものはないですから。

だいたいこのあたりを頭に入れておくと、幕末の外交関係がいかにイレギュラーの連発だったか、幕閣がその対処に苦慮していたかが飲み込めてくるかと思います。

スパンが長いので、全てを把握しておくのは難しいですけれどね。

本文中に出てくる関連記事

出島
賃料毎年1億円だと!? 長崎出島の意外な歴史 オランダ人は年4ヶ月だけ滞在

続きを見る

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

戦国時代&大航海時代は奴隷時代
戦国時代&大航海時代は「奴隷時代」多くの罪なき人々はドコへ売られたか

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

島原の乱
最後の戦国・島原の乱を制した知恵伊豆がエグい~板倉重昌は悲しき自爆

続きを見る

糸割符制度でボッタクリ回避!江戸期貿易摩擦の原因だった中国産生糸

続きを見る

シーボルト
シーボルトは生粋の親日家? あの事件から30年後に再来日していた

続きを見る

シーボルト事件
シーボルト事件で何が起きた? 地図を交換した高橋景保はどうなった?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「鎖国」
鎖国/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代
-