島原の乱

「島原御陣図」/wikipediaより引用

江戸時代

最後の戦国「島原の乱」を制した知恵伊豆がエグい~板倉重昌は自爆

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
島原の乱
をクリックお願いします。

 


進退窮まり 新年早々自ら突撃

進退窮まった重昌。

「お天道様も照覧あれ!!」と言わんばかりに、新年早々自ら原城へ突撃を決めてしまいます。

男らしいにも程があるだろ。

しかし……。

板倉重昌の男気も、士気MAXの反乱軍には通用せず、あえなく討ち死にとなってしまうのでした。

重昌の辞世

新玉あらたまの 歳に任せて 散る花の 名のみ残して 先駆けと知れ

このとき板倉だけでなく幕府側の兵も相当な死者数になっており、いかに戦略と士気が大切かがわかりますね。

巻き込まれた将兵はカワイソスですが……(´・ω・`)

一時的とはいえ、総大将を失った幕府軍は烏合の衆っぷりをさらにレベルアップさせてしまいます。

幸い、信綱が1月4日に到着したため、完全に瓦解することはありませんでした。

もっと遅れていたら、もしかするとさらに乱が長引いていたかもしれませんね。

 


徹底した兵糧攻め

信綱は戦の経緯を聞き、根本から戦略を変えるべきだと考えました。

戦は大軍であればあるほど有利と思いがちですが、決定的な弱点も生まれます。

兵糧の確保と調達です。

ことに篭城戦の場合は、協力してくれる水軍や周辺勢力の存在は不可欠であります。

ならば、かつての織田信長vs本願寺顕如の石山本願寺や、豊臣秀吉vs吉川経家の鳥取城で行われたような兵糧攻めが最適でした。

鳥取の渇え殺し三木の干し殺し
鳥取の渇え殺しと三木の干し殺しで人肉の恐怖~人は飢えると獣になる

続きを見る

吉川経家
秀吉に囲まれた吉川経家の凄絶籠城戦~鳥取城渇え殺しとひらがなの手紙

続きを見る

信綱は、城内の兵糧が決して潤沢でないことを確認。

となればやることは一つ。

徹底した兵糧攻めですね。

いくら士気が高くても、飢えては戦ができません。

幸い原城は幕府軍が陸海両方から取り囲める程度の城でしたから、外部との連携を絶つのは簡単でした。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-江戸時代

×