明治・大正・昭和時代

『ゴールデンカムイ』ファン必読の関連書籍3冊レビュー!重い読後感の先に

アイヌに対するヘイトスピーチは今も続いている

アイヌ民族否定論に抗する(→amazon link)』は、現在進行形で続いているアイヌへのヘイトスピーチを取り上げた一冊です。
SNSにおいて、試しにアイヌ関連で検索をしてみてください。

「アイヌは存在しない!」
「アイヌは特定民族のなりすましだ!」
「アイヌは利権を狙っている!」
「アイヌ新法こそ、他国による日本侵略の手口なのだ!」

この手のとんでもない暴論がまかり通っています。

アシリパたちが直面した差別は、今も続いているのです。
成立した「アイヌ新法」も、この差別解消に至るまでには問題があると指摘されておりました。

◆先住権への配慮を欠いたアイヌ政策 - 杉田聡|WEBRONZA

 

私たちは、彼らのことを考えているのか?

ゴールデンカムイ』のファンであれば、アイヌのことを考えているはず。
そう思うのは、ちょっと楽観的かもしれない。そう感じることがあります。

これは『ゴールデンカムイ』だけではありません。

オリンピックだ、イベントだ、観光の目玉だ……そう珍しいものや観光名物としてもてはやしているだけではないのか?
彼らの声をきちんと聞いているのか? 考えているのか?

考えたくありませんか?
じゃあもういいや、と言えるのだとしたら、それはあなたが和人だからではありませんか?

実際に、こんな声を目にしたこと、聞いたことがあります。

「どうせアイヌなんてもういない。漫画の中だけでしょ」
「アイヌ語なんて、もうなくなったようなものだし。どうせ誰も話せないよ
「アイヌの伝統衣装や模様だって、可愛いから使っちゃっていいものでしょ」
「あの漫画なんて、殺人と裸が出てくるんだから、ノリで受けることをしているだけ。アイヌなんてどうでもいいんだよ」
「楽しければいいじゃん、たかが漫画なんだから」

作中のアシリパやキロランケ、それに杉元が聞いたら、忿怒の形相になりそうな、そんな言葉の数々です。

違います。
アイヌは存在します。
アイヌ語は危機に瀕していますが、だからといって消えていいはずもない。

あの作品を読んでも、アイヌを尊重できないのであれば、それはとても残念なことです。

本書を読まねばならない理由。
それは、あなたが杉元になれるかどうか、それを問いかけてくる一冊だからです。

杉元佐一。
あなたは彼のように、アイヌを理解し、戦う和人になれますか?

そのためには、何も杉元のように武装しなくてもよいのです。傷もいりません。
本書のような知識を身につけ、アイヌについて差別をする人がいれば、それに抗うことができるはずなのです。

杉元になるための武器。それが本書です。
丁寧に、はっきりと、くだらない否定論と陰謀論に抗う一冊です。

和人はアイヌをどう差別した?大和朝廷の蝦夷から振り返る1000年以上の歴史

続きを見る

 

『大学による盗骨』

あなたの先祖のお墓から、誰かが遺骨を盗みました。
そんなことがあったらどうします?
言うまでもなく、犯罪です。

しかし、遺骨は戻りません。
しかも、犯人はこう言うのです。

「研究のためですから」

そんなことが許されるのでしょうか?

想像するだけで怒りと恐怖で凍りつくような話が、実際にあるのです。
どこの国のことか?って、日本ですよ。

『大学による盗骨(→amazon link)』では、琉球人とアイヌの盗骨事件を取り上げています。

 

インチキ「骨相学」の時代

タランティーノの映画『ジャンゴ』に登場する悪役奴隷農場主・キャンディは、黒人奴隷の頭蓋骨を片手に、骨相学について語り始めます。

骨を見れば、黒人が白人と比較して劣っていることがわかる。
あいつらは奴隷にするくらいしか、使い道がないのだと。

 

胸が悪くなるような描写ですが、これがまかり通っていた時代があります。
帝国時代、植民地主義の時代です。

幕末の混乱をくぐり抜け、西洋から学び始めた和人たち。
彼らはアメリカやヨーロッパで、人種差別を学びました。

岩倉使節団はトホホでお粗末……だから明治六年政変の西郷下野につながった?

続きを見る

西洋人だって、先住民や有色人種を差別している――そう理解したのです。

かつて、こうした人種差別を後押ししていたのは、宗教でした。

アメリカを揺るがす「リー将軍の銅像撤去問題」とは何なのか? 歴史的見地から紐解く

続きを見る

「奴隷制度は神が創ったものなのだ」
そんな意識が蔓延していたのです。

時代が下ると、その言い訳は通用しません。
科学が新たなアプローチとなります。

そして生み出された学問が「骨相学」です。

和人はアイヌをどう差別した?大和朝廷の蝦夷から振り返る1000年以上の歴史

続きを見る

アイヌの骨が盗まれた背景にも、こんな差別的な学問がありました。

アイヌの骨を調べれば、学術的な研究になる――。
そんな西洋からの差別思想を持った和人が、アイヌの墓から骨を盗んでいったのです。

「骨相学」そのものは、現在では一切根拠のないものとして否定されています。
それならば、そのソースとなった骨だって戻すべきはず。
ところが、それがそうなっていないのです。

 

学問の道具ではないのに

繰り返しますが、「骨相学」には何の根拠もありません。
それなのに、大学からの骨変換は進んでいない。そんな状況があります。

本書には、大学側がいかにして変換要求を退けてきたのか。
その経緯をまとめてあります。

なぜ大学側は、こんな苦しい言い訳をしてまで、変換を拒むのか?
本書の行間から、何か黒いものすら見えてくる。
そんな気がします。

 

怒りと苦しみがドグマとしてそこにはある

一冊目は楽しい。
楽しいだけではありませんが、それはそうなのです。

しかし、二冊目、そして三冊目は読むと怒りでどうしようもなくなるほど、そんな揺さぶられる暗い感情を伴います。

杉元にせよ、鯉登にせよ、怒りのあまり絶叫する人物が劇中には存在します。
とめどない怒りを秘めたまま、策略に走る鶴見や尾形も。

そして忘れてはならない、ウイルクとキロランケ。
彼らの激烈で、犠牲をものともしない言動の数々。
その背後には、どんな苦しみや悲しみがあったのだろう?

二人の背景には、こんな歴史があったのだ。
それがわかる二冊です。

そしてそんな歴史背景を伴う怒りを知ったからこそ、あの作品にはドグマのような何かが込められたのだと。そう感じることができます。

それだけではない、生きる力、明日を目指す力も。
読後感は必ずしも軽いだけではありません。

しかし、是非ともこの三冊を読んで『ゴールデンカムイ』の世界に浸かっていただければと思います!

文:小檜山青

【参考】
『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』(→amazon link
『アイヌ民族否定論に抗する』(→amazon link
『大学による盗骨』(→amazon link

 



-明治・大正・昭和時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.