東京奠都

明治天皇の東京行幸を描いたフランス新聞雑誌『ル・モンド・イリュストレ』1869年2月20日刊行号内の挿絵/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

東京奠都で明治天皇お引越し TOKYOは「東の京都だから東京」はマジ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
東京奠都
をクリックお願いします。

 

行ったきり戻らないと今度は京都がヤバい

一行が東京へ到着したのは10月13日のことでした。

当時まだ16歳だった明治天皇は「江戸城は大きいなあ」と少年らしい感想をもらしたのは有名な話かもしれません。

明治天皇
明治天皇の功績&エピソードまとめ~現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

しかし、行ったきり全く帰らないのでは、京都の人々の動揺は計り知れません。

いきなり帰ってしまっても東京の人々に疑念が生まれてしまいます。

そこで先代・孝明天皇の三年祭(神道でいう三回忌のようなもの・ただし亡くなった翌年から数えるため、仏教とは一年ずれる)と、皇后を正式に決めるために戻るのだと言い置くことになりました。

孝明天皇
孝明天皇の生涯を知れば幕末のゴタゴタが超わかる~謎に包まれた御意志

続きを見る

実際にこの二つは行われています。

その後も明治天皇と昭憲皇太后は、東西両京の人心を落ち着かせるため、度々行き来をしました。

正式に東京へ留まることになったのは、通称「明治宮殿」と呼ばれる戦前の皇居が出来てからのことです。

ついでですので、明治天皇から現代に至るまでの天皇の住まいについてまとめておきましょう。

・1868~1873年 江戸城西の丸御殿

・1873~1888年 旧紀州藩江戸藩邸=青山御所=赤坂御用地

・1888~1945年 明治宮殿

・1945年5月25日 空襲により明治宮殿焼失

→御文庫(皇族用の防空壕を兼ねた建物)を仮の御所、宮内庁庁舎三階を仮の宮殿に

・1968年 新宮殿落成(現在の皇居)

だいたいこんな感じです。

戦後しばらく宮殿が造られなかったのは、昭和天皇が「国民が難儀しているときに、新しく宮殿を建てることはできない」とおっしゃっていたからだそうで。

昭和天皇の戦後というと全国巡幸をされたことが有名ですが、あれはいわゆる仮住まい中のことだったんですね。

 

寝殿造に近い構造だった明治宮殿

また、明治宮殿にもちょっとしたエピソードがいくつかあります。

明治天皇は代々続いていた「形」というものを非常に大切にする方だったので、明治宮殿はいわゆる寝殿造に近い構造になっていました。

しかし、これが嵐や冬の寒さに対して無防備、かつ洋装化で薄着になったことにより、秋冬は難儀することも多かったようです。

特に昭憲皇太后や女官たちは十二単から洋装になっていますから、冬の寒さは辛かったとか。そりゃそうですよね。

ちなみに夏の暑さについては、明治天皇いわく「熱いものを食べて汗をかいたほうが良い」ということで熱いものを食べたり、スイカを食べたりしてしのいでいたそうで。

皇室や皇居というと我々庶民にとっては雲の上のような存在ですが、中身はやはり人間なんだなあということがうかがえますね。

引越し一つするだけで何十・何百万もの人心に気を使わなくてはならない分、損な役回りかもしれません。

本文中に出てくる関連記事

孝明天皇
孝明天皇の生涯を知れば幕末のゴタゴタが超わかる~謎に包まれた御意志

続きを見る

明治天皇
明治天皇の功績&エピソードまとめ~現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

大津事件が穏便に済んだのはロシア皇太子ニコライ2世が日本びいきだったから?

続きを見る

あの龍馬の写真にも関わった 上野彦馬は日本人初のプロカメラマン

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
米窪明美『明治宮殿のさんざめき (文春文庫)』(→amazon
東京奠都/Wikipedia
明治神宮崇敬会(→link
明治宮殿/Wikipedia

TOPページへ



-明治・大正・昭和
-